« 葡萄の棚づくり | トップページ | 薔薇の季節 »

2014年4月29日 (火)

もうすぐ5月ですね

tこのところ連日にわたっての好天気続きでしたが、今日は一転して終日小雨模様で明日は活発な雨雲がゆっくり東に移動するとかで強い雨も予想されるようです。

このハナミズキの写真は3日前に撮影したもので、今年で7年目を迎え4月8日頃から開花が始まり数日前に満開を迎えましたが、今日の雨で花びらがだいぶ散りました。140426hanamizuki
昨日はこの後2日間ほど雨が降るとの予報でしたので、これまでの1404528kyuri140428piman天候で随分大きく成長してトンネルから飛び出して既にトマトはトンネルは外してありましたが、その他の坊ちゃんカボチャ胡瓜茄子ピーマン等々の保温用のビニールシートやドームキャップを取り外して支柱立てやネット張りと脇芽欠き等をしておきました。

140428kabocha坊ちゃんカボチャに至っては驚いたことには既に主蔓の4節目には成り花(雌花)が一両日には開花するような勢いでしたが、これについては樹勢を保つために切り落として、主蔓も6節目以降は切り落としこの先脇蔓の5本仕立てとする予定です。

トマトは大玉の露地ゆたか:4本とズッカトマト:1本に140428tomatoついては例年通り一本仕立てですが、中玉のスタピストマト:4本については一昨年より実施している二本仕立てが収獲数でも大変効果が出ていることから今年も同様の仕立てで一本仕立ての倍増を目論んでおります。(笑

140428kyohou先日棚作りをした葡萄の巨峰ですが、主枝から伸びはじめてきた脇枝が天候も良かったことから一日でほぼ2cm以上の成長をしており、伸びてきたどの脇枝にも殆んど規則的に2つの花房がついており、この調子でいけば5月15日前後あたりでの開花が見られるのかもしれません。

いよいよ5月3~5日は浜松祭りですが、勇壮な凧揚げ祭りには1町増えて174町、市内の中心街を練り回す御殿屋台の引き回しには84町の参加で、ここ連日各町内の陣屋では最後の仕上げで大忙しのようで、良い天気に恵まれるとが期待されます。

|

« 葡萄の棚づくり | トップページ | 薔薇の季節 »

コメント

とても立派なハナミズキですね。白と緑が爽やかです !!
葡萄の花って・・・あまり記憶が無いので楽しみにしています(笑)当方では苗が出回っている時期でこれから定植する家が多い筈ですが、もう成り花ですか。うちは急に気温が上がって一気に梅が咲きましたが、小さい蕾のままから開花させたようで花の小さいのが有ると言ってます。
この数日で雨量は多いのですか。勇壮な浜松祭りはニュースになりますね。

投稿: kimama | 2014年4月30日 (水) 22時47分

Wakaさん、こんばんは。
中部地方から東海、関東へと雨雲がゆっくり移動していて、雨がタップリ過ぎるくらい降ったのではないでしょうか。雨も降らないと困りますが、降り過ぎも困りますね。
そちらは桜のシーズンが終わっても、次々と花が咲いて良い時期ですね。畑の夏野菜も順調に育っているようで、収穫が楽しみでしょう。葡萄棚も緑が増えてきて、日差しよけになってくるのでは?

投稿: kikumal | 2014年4月30日 (水) 22時49分

kimamaさん>
ハナミズキは昨日の雨と強い風で大半が散ってしまい、バラの新しく伸びたシュートも茎元から折れたものも出てしまいました。
浜松での年中行事としてこの3日間で150万人からの人出を集める大きなイベントは浜松祭り以外にはこれといってなく、それだけに各町内でもこれに合わせての力の入れようは大変なものです。
もっとも私の町内は120数戸と小さな町のために参加はしておりません。

投稿: waka3 | 2014年5月 1日 (木) 08時33分

kikumalさん>
一昨日はそれほどでもありませんでしたが、昨日は一時的ではありましたが強風と雨で被害こそありませんでしたが大変な一日でした。
今日からは快方に向かうようで一安心です。
夏野菜は毎朝菜園に出ると前日とは違った早い生長がみられ、本当に収穫が待ち遠しくなります。
ブドウ棚の下で夏のレタスが上手く育つのかどうか試してみるために昨日種を播種しておきました。

投稿: waka3 | 2014年5月 1日 (木) 08時42分

陽気がよくなり、苗帽子も取り始めましたね。各野菜も一気に伸びるのではないでしょうか。ブドウの棚も素晴らしいですね、プロが感心するのもわかるような気がします。
waka3、坊ちゃんカボチャの育て方ですが、親は6節目で切って、子ずるを5本?実は何個つけるのですか?浜松祭り、検索しました、すごいですね、青森のねぶたを思い出しました。こちらは、花が綺麗に咲いています、山の道(与地辰野線)花街道花桃まつりです、今年は、フキノトウとタラの芽を沢山いただきました。タラの木は裏にありいつでも収穫できます。waka3、浜松西区と箕輪町がふるさとの大使?

投稿: くんぱん | 2014年5月 1日 (木) 18時48分

くんばんさん>
日中の気温も上がり始めましたので苗帽子をつけたままですと葉やけをしてしまい逆効果となりますのですべて取り外しました。

坊ちゃんカボチャは子蔓を伸ばしますが、基本的には成り花が咲いただけすべて交配します。
子蔓の中でも後から伸びてきたものからは成り花が少し出難くなりますので、多いもので一本の蔓に3個、少ないものでは1~2個となりますが、上手くいけば12~15個程度は収穫ができると思います。  但し、人工授粉を必ず実施した場合が条件です

この5月には花巡りと美味しいものを食べに南信州に足を延ばしたいと思っていますが、今のところ何やかやと予定があって今年はまだ出掛けられそうにもありません。

投稿: waka3 | 2014年5月 1日 (木) 19時53分

桜が終わると次がハナミズキの出番。
青空の下の花の白さが良く映えていいですね。
豪華さは桜とは違いがありますが、綺麗な花で庭で見るのが一番いいように思います。雨にぬれたハナミズキも又いいですね。
昨年アーチ型の棚で坊ちゃんカボチャを育てていましたね。それをまねて私もトライしましたが、準備がいい加減なものでしたので収穫は今一で、そのあげくアーチの下は草が伸び放題で後始末が大変でした(笑)
日曜日に借りていた畑を懐かしくなって見に行ったら資材置き場になっていました。

投稿: 週末菜園人 | 2014年5月 1日 (木) 20時42分

週末菜園人さん>
桜に比べてハナミズキの花の見られる期間はやや長いのでこの点では良いのですが、花が散り始めると花びらが大きく一面に散らかってしまいますので掃除が中々大変です。(笑

我家の畑は家に面しており草取りには時間が有り余っておりますので、この点では大変便利です。
以前に借りていた畑が資材置き場とは勿体ない話ですね。
どこかに良い場所が見つかると良いのですが・・・。

投稿: waka3 | 2014年5月 2日 (金) 08時00分

ハナミズキ白も清楚で良いですね。
犬と散歩しながら目に留まった花々など学習していますが
なかなか覚えきれません。
夏野菜が順調に生育の様で収穫が楽しみの事と思います。
我が家も只今主人がナス、キュウリ、トマトなど移植しています(゚m゚*)

投稿: sakura | 2014年5月 2日 (金) 14時02分

sakuraさん>
この時期からは咲く花の数も数えきれないほどですので、名前の知らない花も良く見かけますね。
このところホームセンターに行くと家庭菜園をはじめられた方がずいぶん増えてきたようで、列を作って夏野菜の苗を購入して行くのが目にうつります。
それにしても良く売れるものだと感心いたします。(笑

投稿: waka3 | 2014年5月 2日 (金) 22時03分

 白はなハナミズキもこのくらい大きくなると存在感が見事です。 特に 春の青空を背景にして咲く花は白の色が奇麗ですね。

 夏野菜も 成長が早いですね、スタピストマトの実がもう大きくなっているのに驚きました。
 キュウリも ツルが逞しく いつでも実が生る姿に見えます。

 ブドウ棚も立派に出来上がり、今年は かなりの収穫がみこまれるでしょう。
 花が咲くとジベレリン処理をなさるのでしょうか?

投稿: 菜園ブログ | 2014年5月 3日 (土) 22時06分

菜園ブログさん>
遅くなってから庭に花咲くものをと思って植え始めた木々が次々に育ち、最近になって沢山の花咲かせる光景がやっと楽しめられるようになってきました。

胡瓜は何時ものことながら菜園ブログさん程の収穫をと夢見ながらチャレンジしていますが、その足元にも及びません。

ブドウは昨年初めて収穫のできたピオーネで房のつけ過ぎが原因だと思いますが、今年の枝にあまり良い花房が付かないという状況になってしまいました。
この結果を踏まえてこの巨峰にはあまり負担をかけないように育てたいと思っています。
ジベレリン処理は昨年良い結果を得ましたので今年も継続して実施をいたします。

投稿: waka3 | 2014年5月 4日 (日) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葡萄の棚づくり | トップページ | 薔薇の季節 »