« 今年になって初めての種蒔き | トップページ | 春の息吹が感じられます Part-2 »

2014年2月 1日 (土)

春の息吹が感じられます Part-1

例年ならば2月の初めといえば寒さもピークを迎えているところですが、昨日は最低気温が8℃とこの時期では異常としか思えないような天候となっております。

今朝、畑に面していた場所だったことから今まで気が付きませんでしたが、だいぶ前から咲きはじめていたのではないかと思いますが、生垣の影のあまり目立たない場所でひっそりと咲く水仙が見頃を迎えていました。140201suisen
昨年の11月に播種したスナップエンドウ絹さやエンドウの草丈が25~30cmに140201endou伸びてきました。   例年ですとこの地方では強い空っ風が吹いて伸びてきたエンドウが風にあおられて茎の根元部分から折れたり千切れたりすることから、稲わらでの風よけだけでなく防風ネットの二重保護をしておきましたが、今年は順調に育ちましたので、そろそろ防風ネットを外し支柱とネットを張ってあげることにしようと思っています。

遠州地方ではタマネギを生産している専業農家さんでは、12月中頃から出荷が始まり140201tamanegi2140201tamanegi1早くも新タマネギが次々と市場に出回っていますが、素人菜園の我が家のタマネギも極早生品種のものはだいぶふっくらとはしてきましたがまだまだ収穫は今少し先で早いものは2月後半の収穫も可能でしょうが、3月に入ってからのことになりそうです。
戴きものの晩生品種のタマネギを長期保存用に少しだけ植えましたが、こちらは4月末頃の収穫になろうかと思いますが比較してもかなりの違いが分かります。

そろそろ収穫の最盛期を過ぎた食用菜の花ですが、いまだに3日に一度は140201nanohana片手では握り締められない程の収穫ができています。
食べ方としては茹で上げた菜花にかつお節をまぶして醤油をかけたり、マヨネーズ醤油でのお浸しが主たるものすが、夜の酒のつまみにはもってこいですね。(笑

|

« 今年になって初めての種蒔き | トップページ | 春の息吹が感じられます Part-2 »

コメント

こんばんは。
そちらは2月ともなれば春が感じられる季節なのですね。この時期に水仙が咲くなんて、2ヶ月位の差がありますよ。
しかも、エンドウ・玉ネギが伸び始め、菜の花が収穫期を過ぎるなんて!この時期に春の味覚を味わえるのは至福ですね。

投稿: kikumal | 2014年2月 2日 (日) 17時30分

大変に羨ましい景色です。日本水仙の後ろはマキの木と思いますが、その水仙は強い香りがしませんか??
もう新玉ねぎの季節なんですね。菜の花の自給というのも羨ましい。茹でて、からし醤油で和えたのが私は好きです。

投稿: kimama | 2014年2月 2日 (日) 21時21分

kikumalさん>
東北地方の遅い春に比べ、それほど寒さも厳しくない当地では冬の間も大半の野菜の栽培が可能ですので、本当に有難いものだと思っております。

菜の花といえば最近では休耕田に種を蒔いているところをあちらこちらで見かけるようになりましたが、この界隈でもすでに満開になっているところも見かけます。

投稿: waka3 | 2014年2月 2日 (日) 23時06分

kimamaさん>
今までに水仙の花の香りを嗅いだことはありませんでしたが、さっそく試してみたところ今までに経験したことのないような香りでした。
強い香りかどうかはその判定もできませんが、一般的な花の香りよりもやや強いようには思いました。
食用菜の花は熱湯で3分ほどで茹であがり、それ以上ですと柔らかくなり過ぎて腰がなくなってしまうほどで、とても食べやすいものですね。
次はいよいよホウレン草の出番となります。

投稿: waka3 | 2014年2月 2日 (日) 23時12分

ひっそりと咲く水仙健気ですね(この画像を見て水仙欲しくなりました)
近々にグリーンステションに出向き水仙を調達して来たいと思っていますclub

投稿: sakura | 2014年2月 3日 (月) 10時23分

sakuraさん>
どのようにして誰がいつ植えたのかも全く知らないうちに生えてきたものですが、毎年数は多くはありませんが綺麗な花を見せてくれます。
分球して植えつければ毎年増えていくものと思いますが、ひっそりとたたずむ姿も良いものです。

投稿: waka3 | 2014年2月 3日 (月) 11時33分

陽だまりに咲く?水仙、春の足音が聞こえたのでしょうかなー。こちらでは、休耕地を利用して畑一面に水仙やチューリップ畑にしています。waka3タマネギの晩生品種の名前は何と言いますか、自分は、ネオアースを作っています、昨年6月に収穫して未だに食べています。菜の花いろいろな食べ方をご存じで、かみさんは青物だめだし、頑張ってほおばって下さい。

投稿: くんぱん | 2014年2月 3日 (月) 19時47分

くんばんさん>
野菜の栽培による採算割れと高齢化によって最近では農地の休耕化が進み跡地を利用して色々な違った花が季節によって見られるようになりました。
農業で食べていかれなくなったとは本当に寂しい限りですね。

晩生タマネギは戴もので名前は承知しておりません。
日持ちがするだけに果肉はかなり固く甘みも地元産の早生品種に比べるとかなり落ちるといっておられました。

投稿: waka3 | 2014年2月 3日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年になって初めての種蒔き | トップページ | 春の息吹が感じられます Part-2 »