« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

ジャガイモの植え付け

今日の日中は20℃を越す暖かさで4月の中旬を思わす陽気となりました。
伊豆半島の河津町では河津桜が満開と見頃を迎えたようですが、お隣の2000年に植樹したという河津桜も五~六分咲きといったところでしょうか華やいできました。140228sakura
桜と言えば我家の今年で5年目を迎えた寒緋桜ですが、昨年はまだ花数も140228kanhisakura僅かではありましたが3月6日に開花を迎えました。
寒緋桜は暖地性の桜で沖縄では1月末頃に開花時期を迎えるようですが、この辺では一般的に3月初旬に開花と言うことようで、花芽がだいぶ膨らんで中から分球した花蕾が見えてきましたので、昨年と同じように来週あたりには開花するものと思われます。

さて、2月が明けぬうちにと暖かさにもつられてジャガイモの植え付けをしました。
本来ならジャガイモの植え付けに合わせて種イモの購入と事前の畑作りをして140228jagaimo1おかなければいけなかったところですが、お隣のご主人に「もうジャガイモは植えましたか?」の一言で、140228jagaimo2種イモも購入してなければ畑作りも終えておらず、早速耕運機を持ち出して大急ぎで畑作りを終えてから、何時も購入している種苗店に出向いてサカタのタネのキタアカリ1Kg入り(13個)が140228jagaimo3売られていましたので購入をし植えつけをしましたが、僅かな時間でもすっかり汗をかいてしまいました。
本来なら畑づくりを終えてから一週間から10日後位での植え付けや定植をしておりますが、年々ズボラな作付けをしていくことが増えてきてしまいました。(笑

2月11日に播種をしたトマトの苗がだいぶ大きくなってきました。
140228tomato数日後にポット移植をしてから大苗に育てて、この苗の中から中玉のスタピストマト:5本(2本仕立て)、大玉の露地ゆたか:4本、ズッカトマト:1本をそれぞれ定植する予定です。
この時に一緒に播種をした胡瓜はついに発芽することはありませんでしたが植えつけは1本のみですので購入した苗で育てることにします。

140228tamanegiタマネギの球根がだいぶ大きくなってきました。
本格的な収穫にまでは今少し間がありますが、我が家で食べるには大きさはさほど問題はありませんので新タマネギとして生食や炒め物、その他みそ汁の具材等として数日前から大きなものを選んでは使いはじめております。

| | コメント (12)

2014年2月15日 (土)

トマトの種蒔きをしました

昨日(14日)は関東・甲信越地方では記録的な大雪とかで、山梨では過去に記録したことのない積雪のようでしたが、皆様の方では如何でしたでしょうか。
くれぐれも雪掻きなどで腰を痛めたり滑って転ばれないようにご注意下さい。
予報では当地でも降雪があるとのことでしたが結果的には明け方までは雨でしたが7時半を過ぎた頃には青空となって、今年の初虹が早朝に西の空で見れました。140215niji

2月に入りましたので今年も夏野菜のトップバッターとして5年前に製作した140211tomato自作の発芽育苗器を使用して11日にトマトを種蒔きをしました。
昨年は戴ものの黒ミニトマトを加えて4種類も作りましたが、さほど好評でもなかったことから今年は例年通り大玉は露地ゆたかと中玉のスタピストマト、そしてここ3年程前から作りはじめた大玉で縦長のズッカトマト3種類で、スタピストマトとズッカトマトはいずれもイタリア原産の固定種で自家採種したものです。
ことのついでに2年前に購入した胡瓜の種が残っていましたので蒔いておきましたが、さて発芽してくれるものやらどうやら・・・・。(笑

昨年の12月中頃から収穫が始まった食用菜の花ですが、140215nanohana相変わらず脇芽の発育が順調で、今月に入ってからホウレン草の収穫も始まったことで、お裾分けをしていても消費が追いつかず、ここにきてとうとう菜の花が見られるようになってきました。
食用菜の花の収穫時期は結構長いことから昨年も随分楽しむことが140215hourensouできましたが、今年は久し振りにホウレン草を栽培し今までのブログでも紹介しましたが、露地放置のまま栽培したものが今月初めから収穫が出来るようになり、トンネル掛けをして途中から外したものの方が未だ収穫前で、かなり長期に収穫できそうな面白い現象となりました。
ホウレン草は3月に入ってもゆっくり収穫できるものと思います。

もう一つ、昨年10月27日に種蒔きをして、これまたブログでも紹介しました140215kyabetu温床育ちと屋外放置で育ててきた四季どりキャベツですが、おおよその観測としては現状では温床育ちの方はすでに芯がかなり巻き始めて来ていることから完全に2週間程度の育成の差が出ているようにも思えますが、この先暖かくなると同時に一気に生長が進むと思われますので、その差はだいぶ縮まってくるものと思われます。

| | コメント (14)

2014年2月 6日 (木)

春の息吹が感じられます Part-2

縦縞の等高線が混みあって全国的に寒さも厳しくなって入る中で、一昨日は東京でも雪が降ったと報じられていましたが、今朝はこの冬一番の冷え込みでデジタル温度計は今年一番の氷点下-2.1℃を記録しておりました。

各地でもちらほらと梅だよりも聞かれるような時期となってきましたが、この寒さの中で今までに暖かな日が続いていたことからでしょうか、ご近所の庭の梅の木に早くも開花が見られましたのでデジカメ持参で一枚頂いてまいりました。140206umenohana
さて、先日に続いて我が家の春の息吹 Part-2 です。
この先、我が家で最初に開花が見られそうなのは、5年前に植えつけをした140206kanhizakura寒緋桜で昨年は3月6日に開花しましたが、どうやら今年もほぼ同じ時期かやや早めの開花が見られるのでしょうか、僅かながらですが幾つかの花蕾がふっくらとしはじめてまいりました。
写真のふっくらした方が花芽で尖った方が葉芽です。

次に開花が見られそうなのは庭の片隅にあまり手もかけずに半ば放置気味に140206fukujusou植え付けてある福寿草ですが、新しい株芽も見え数日前に確認した時と違って芽の先端が早くも開きはじめてきており、通常では福寿草は2月末から3月の初めにかけて開花時期を迎えるようですが、それよりも少し早めの開花が見られるのでしょうか。

この他にも1月に剪定をした薔薇葡萄の枝や土の中からは芍薬なども次々と新しい芽が140206shakuyaku140206budou140206bara芽吹きはじめて春も間近に迫ってきているのが感じられ、3月に入って暖かくなるころには一気に伸びはじめてくるものと思われますが、どうか今年は良い天候に恵まれて無事に育つことを願いたいものです。

| | コメント (12)

2014年2月 1日 (土)

春の息吹が感じられます Part-1

例年ならば2月の初めといえば寒さもピークを迎えているところですが、昨日は最低気温が8℃とこの時期では異常としか思えないような天候となっております。

今朝、畑に面していた場所だったことから今まで気が付きませんでしたが、だいぶ前から咲きはじめていたのではないかと思いますが、生垣の影のあまり目立たない場所でひっそりと咲く水仙が見頃を迎えていました。140201suisen
昨年の11月に播種したスナップエンドウ絹さやエンドウの草丈が25~30cmに140201endou伸びてきました。   例年ですとこの地方では強い空っ風が吹いて伸びてきたエンドウが風にあおられて茎の根元部分から折れたり千切れたりすることから、稲わらでの風よけだけでなく防風ネットの二重保護をしておきましたが、今年は順調に育ちましたので、そろそろ防風ネットを外し支柱とネットを張ってあげることにしようと思っています。

遠州地方ではタマネギを生産している専業農家さんでは、12月中頃から出荷が始まり140201tamanegi2140201tamanegi1早くも新タマネギが次々と市場に出回っていますが、素人菜園の我が家のタマネギも極早生品種のものはだいぶふっくらとはしてきましたがまだまだ収穫は今少し先で早いものは2月後半の収穫も可能でしょうが、3月に入ってからのことになりそうです。
戴きものの晩生品種のタマネギを長期保存用に少しだけ植えましたが、こちらは4月末頃の収穫になろうかと思いますが比較してもかなりの違いが分かります。

そろそろ収穫の最盛期を過ぎた食用菜の花ですが、いまだに3日に一度は140201nanohana片手では握り締められない程の収穫ができています。
食べ方としては茹で上げた菜花にかつお節をまぶして醤油をかけたり、マヨネーズ醤油でのお浸しが主たるものすが、夜の酒のつまみにはもってこいですね。(笑

| | コメント (8)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »