« 冬の木々の選定 | トップページ | 春の息吹が感じられます Part-1 »

2014年1月24日 (金)

今年になって初めての種蒔き

このところ日中は連日暖かい日が続いており、この日曜にはrainマークが出ているものの、どうやら桜の花咲く3~4月の暖かさとなって、週明けはやや冷え込みはするが直ぐに暖かさが戻るとの予報で、今から今年の天候が少し気掛かりになります。

昨年11月30日にキャベツの苗の育苗調整の掲載をした以降に、夫々の苗を温室で育てたものは12月3日に定植しマルチシートでトンネル囲いをして、屋外で育てた苗は12月22日に露地植えのまま定植し今日までに至りましたが、トンネル囲いをしたものは芯芽が巻き始めてきましたので追肥がてらトンネル囲いを外しました。140124kyabetsu1何れも10月27日の同じ日に種を蒔いたもので、育て方の違いで草丈の違いは一目瞭然で、収穫のタイミングでみるとほぼ1ヶ月近くの開きが生じているように思われますが、一つだけ心配なことは先のホウレン草でもそうでしたが、これまでの寒暖の差が大きかったことによるトンネル囲いを外した後でのリバウンドが再び起きないかどうかということですが、ホウレン草とは違って樹勢はしっかりしていますので今回は頑張ってくれるものと期待をしています。(笑

ということで、現在でも10月に定植をしたキャベツの収穫が出来てはおりますが、さらに継続して140124kyabetsu2収穫をしていくために今年初めての種蒔きとして収穫はかなり先のことになろうかと思いますが、以前からの残り種を使って1ポットに2粒づつ四季蒔きキャベツの種蒔きをしました。
もうすぐ2月に入るといよいよ夏野菜の種蒔きが始まり、その最初はトマトの種蒔きとなりますが、今年は昨年の天候の影響も考慮して少し遅らせ気味でのスタートとしたいと思っております。

|

« 冬の木々の選定 | トップページ | 春の息吹が感じられます Part-1 »

コメント

マルチと露地との差にびっくりしました。これらは春キャベツとしての収穫になるのですね。食べごろが順次やってきそうです。いま長野では雪の下から収穫するキャベツを一個1000円で販売とか。御地での今年の種まき記事と合わせて、いずれも私には目を疑うようなニュースです。

投稿: kimama | 2014年1月25日 (土) 21時45分

おはようございます。

キャベツが立派に育ってきましたね。
やはり寒い時期はマルチを掛けた方が
育ちが良いですね。ホウレン草と違っ
てキャベツには有効だったようです。
夏野菜は2月に入って直ぐに種まき
作業なのですね。暖かい地方は2ヶ月
位早いものです。
こっちはまだ冬真っ最中ですよ。

投稿: kikumal | 2014年1月26日 (日) 07時27分

kimamaさん>
ホウレン草と違ってキャベツの方はどうやら暖かさの中で大きくなり始めると一気に生長していくようです。
小さな方のキャベツも暖かくなってくるようになれば同様に生長するのではないかと思いますが、お陰様で野菜の成長の過程で色々な面白い現象が見られました。

つい先ごろまでは白菜が400円前後とびっくりするような値段でしたが、ここにきて随分安くなってきましたが、それにしてもキャベツが1玉1000円とはびっくりです。

投稿: waka3 | 2014年1月26日 (日) 09時07分

kikumalさん>
日本列島に強い寒気が流れ込み東北や北海道の日本海沿岸では大雪などの心配が続いているようですね。

こちらではホームセンター等に登場する野菜の苗が年々早くなってきております。
これも高齢者社会の影響で定年後に家庭菜園をされる方が増えてきていることからでしょうが、ついこれに惑わされて種の早蒔きをしてしまいますで、最近では注意をすることにしております。(笑

投稿: waka3 | 2014年1月26日 (日) 09時38分

 ホウレンソウのケースとは 違ったことになるのでしょうか? 以後の 経過に興味があります。
 野菜の種類の違いと、これから気温が上がり 長日になって行く季節の違いが どう言うことになるのでしょうか?

投稿: 菜園ブログ | 2014年1月27日 (月) 22時33分

菜園ブログさん>
同じ時期に蒔いて育った幼苗が暖かさの違う環境で育てることによって育成に差が出ることは当然のことだろうと思いますが、今回育て方には違いが出てしまいましたがホウレン草とキャベツでこれほど面白い結果が得られたのは良い経験になりました。
キャベツはまだこの先どのようになるのかハッキリしませんが、一カ月後あたりにどうなるのかもう一度経過を掲載する予定です。

投稿: waka3 | 2014年1月27日 (月) 23時03分

waka3、野菜の種類によってトンネルによって左右されるんですね。2月に入れば夏野菜の種蒔き、又、、自家製の温室が動き始めますね。それにしても、キャベツが良いこと穴あきが無くて何か対策していますか?昨日、散歩していたら畑に人が出ていました、傍によるとツルハシでタマネギのマルチ直しをしていました。

投稿: くんぱん | 2014年1月28日 (火) 05時38分

くんばんさん>
こちらでもこのところ朝方は冷え込む日が続いていますが、氷点下に下がるのはそれほど多くないために野菜の葉が凍りつくこともありませんので、今までは冬の時期にはやってみたことはなかったのですが、トンネルはかなり効果を発揮いするように思います。

キャベツは特に何もしておりませんが、この時期は蝶や蛾も飛び交うこともなくアオムシも見られませんので葉が喰われることはありませんが、もう少し暖かくなれば虫害も出てくるものと思います。

投稿: waka3 | 2014年1月28日 (火) 14時10分

各々のキャベツが順調に育っていますね。
やはりマルチとトンネルの効果の事と思います。
こちらは葉物野菜は終了で大根が埋けてありますので
ブリ大根などで食していますヽ(´▽`)/

投稿: sakura | 2014年1月28日 (火) 17時24分

sakuraさん>
こんばんは。
キャベツはなんにでも使えますのでできるだけ欠かさないように何時でも育てられる四季蒔きキャベツを使用しておりますが、これだけ順調にいったのも今年が初めてのことになります。
ブリ大根も美味しいのですが我が家では最近は豚バラ肉と一緒に炊き込む甘辛煮にはまっております。(笑

投稿: waka3 | 2014年1月28日 (火) 17時49分

おはようございます。
路地栽培と苗を温室で作られた物とは、その大きさが
よく分かります。今回はほうれん草と違い、逆転は
なさそうですね。面白い実験?をしているようで、それに遊び心もあって、大変楽しく読ませて頂いています。
昨日は強風の一日でしたが、今日は一転無風で最高です。しかし去年もそうでしたが、1月2月気温が上がる時に今まで感じない強い風が吹くようになりましたがこれも異常な天気の一つと言えるのでしょうね。

投稿: 週末菜園人 | 2014年1月29日 (水) 10時17分

週末菜園人さん>
この冬はちょっとした遊び心で実施した野菜の育て方が、思ってもみなかった結果ととなって面白い収穫があり、これからの参考となりました。

そちらは昨日強風だったとのこと、こちらは朝から無風で浜名湖沿いのテニスコートで午前中楽しく過ごしましたが、ところ変わると同じ県内でも随分違うんですね。
それにしても少し暖か過ぎますね。

投稿: waka3 | 2014年1月29日 (水) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の木々の選定 | トップページ | 春の息吹が感じられます Part-1 »