« だいぶ冷え込んできました | トップページ | キャベツの育苗調整をやってみました »

2013年11月21日 (木)

マルチシートのトンネル効果

暖地とはいえ今週になって日中の気温は15℃前後と例年に比べやや低くめで、気象庁の向こう3か月の東海地方の季節予報は、平均気温は平年並みまたはやゝ低めということのようですが、平年に比べ晴れの日が多いということのようですので、これだけが救いとといった感じがいたします。

今月の2日にホウレン草(オーライ)の種を蒔き、マルチシートを使って促成できるようにトンネルとしたものと、何も施さなかったものとでは発芽に2日ほどの違いが出たことを先日のブログでも書きましたが、その後の育成状況ではかなり大きな違いが出てきたことがハッキリと分かるようになってきました。
131121spinach1131121spinach3トンネルを施しておいたホウレン草は既に本葉が少なくとも4枚は確認できており、早いものは更に次の本葉も見えはじめてきていますが、131121spinach2何も施さずに終日外気に晒されているホウレン草は本葉が既に2枚見えているものもありますが、まだやっと見えはじめてきたもの等と生育状況はかなりまばらな感じがします。
両者の生育状況の違いは発芽から今日までで僅か20日ほど経過しただけですが、これまでで既に一週間を上回るような違いが出ているように思います。
トンネルを施したものはこの先の徒長を考えて今月末の暖かな日を選んでトンネルの撤去をしようと思っていますが、これまでの生育状況から考えるとこの調子でいけばここにきて気温も下がってきていることから、更に生育の間隔も広がって播種時期をずらしたような違いの収穫が出来るのではないかと期待しています。

131121tamanegi玉葱の苗は定植後40日ほどになりましたが、天候にも恵まれて早いものは鉛筆の太さを上回るほどの太さにまで成長してきましたので、そろそろ2条の苗の間に三角ホーを使って溝を作り1回目の追肥(化成肥料)を来週あたりにでも実施しようと思っています。

来週は日中の気温が15℃前後を保たれそうな予報が出ていますので、今少しの間は野菜の生長も期待できるものと思っております。

|

« だいぶ冷え込んできました | トップページ | キャベツの育苗調整をやってみました »

コメント

waka3ほうれん草の発育、トンネルと路地の状況ありがとうございます。当地、11月1日にトンネルで播種しましたが、いきなり気温が下がって全然だめで覗きもしません。
玉ねぎも、気候にそって上手に育っていますね、追肥のタイミングも難しいですね。こちらの、タマネギはそろそろ冬眠に入ります、先日、籾殻を撒きました。

昨日、冬タイヤに交換しました、近くの山も白くなりだしました。

投稿: くんぱん | 2013年11月22日 (金) 06時41分

くんぱんさん>
早くもそちらではスタッドレスタイヤに履き替えられたようですね。

発芽には作物によって夫々異なった適温がありますが、比較的発芽の早いホウレン草でも11月に入ると御地ではかなり気温が下がることから露地蒔きでは中々難しいことで2日間ほど水に浸した後で播種すれば良かったかもしれませんね。
今回ホウレン草で初めて2種類の方法での育苗の違いを確認してみましたが、結果的にはその違いもある程度ハッキリしましたので、今回の結果次第ではこの時期になったら時差ずれの播種ではなくこの方法で再び実施してみようと思っています。

投稿: waka3 | 2013年11月22日 (金) 08時22分

昨日、今日は風もなく穏やかですが、日々寒くなってきましたね。畑仕事も少し気合を入れないといけなくなりましたdash。ほうれん草の成長が、マルチシートを被ったことで成長具合が良く確認できます。寒いときに取れるほうれん草は、甘みも増し美味しいですね。
ところでシートを外されるようですが、暖かい所から寒い風にあたり、成長に影響はないのでしょうか?
WAKA3の所では、収穫がいろいろ始まっている事と思いますが、私の大根は早く土寄せしすぎて、新芽に土がかぶり成長が悪くなり、50%の出来で終わりそうです。

投稿: 週末菜園人 | 2013年11月23日 (土) 07時44分

週末菜園人さん>
箱入り娘のように育ててきたホウレン草をマルチシートのトンネルから一気に気温の下がってきた外気に触れさすのは確かに心配はありますが、夜間帯は同じ気温の中で育っていることからあまり寒くならないうちに早朝にトンネルを外し、日中の外気に慣れさすことで対応できるのではないかと思っています。
まあ出たとこ勝負にはなりますが(笑)、また近いうちに経過をアップしようと思います。

投稿: waka3 | 2013年11月23日 (土) 08時28分

Wakaさん、こんにちは。

そちらも15度前後まで気温が下がってきて、冬が近づいているという感じでしょうか。
でも、これくらいの気温だと葉っぱ物は虫も付かず、育てやすいでしょうね。
ホウレン草の成長が順調そうで何よりです。収穫時期が上手いことずれて、長い期間食べられれば良いですね。

こちらは来週後半には最高気温が10度を下回る予報です。今年の畑作業も終わりが近づいているところです。

投稿: kikumal | 2013年11月23日 (土) 11時45分

私はホウレンソウの露地栽培を応援しますhappy01収穫時期をずらせるのもさることながら、もしかすると味にも差が出るのかしら・・・根が甘くなるかも等と他人の土俵で相撲を取っている気分です(゚▽゚*)我が家も冬用のタイヤに履き替えました。

投稿: kimama | 2013年11月23日 (土) 17時28分

kikumalさん>
つい先ごろまではかなり気温も高かったことから朝の見回りで白菜やキャベツで虫を見かけましたが、この時期になると虫を見かけることもあまりありませんが、ちょっと油断をすると大変なことになりますので、朝の見回りだけは欠かさないことにしています。
これからはだいぶ気温も下がるようですのでくれぐれも体調にはお気をつけ下さい。

投稿: waka3 | 2013年11月23日 (土) 20時28分

kimamaさん>
さて、この先はどうなるのか全くホウレン草のみが知ることですが、トンネルを施していなかった方のホウレン草の葉が少し黄ばみはじめてきましたので、今日は配合肥料に化成肥料を追加したものを追肥をしておきました。  上手い具合に美味しいホウレン草が時期をずらしての収穫ができると良いのですが・・・。
こちらではスタッドレスタイヤを購入することさえなく走行した経験もありませんが、くれぐれも雪道の走行にはお気をつけ下さい。

投稿: waka3 | 2013年11月23日 (土) 20時36分

日に日に寒さが身にしみて来ましたcloud
ほうれん草の収穫が楽しみの事と思います。
こちらは大根は主人が埋けまして、白菜が10かぶあり十分に思います(o^-^o)

投稿: sakura | 2013年11月26日 (火) 14時25分

sakuraさん>
ホウレン草はこれからの寒さの中でどの程度成長してくれるものやら分かりませんので、収穫できるのはかなり先になるのではないかと思います。

今年の冬はだいぶ気温が下がるような予想も出ておりますので、お互いに風邪などひかないように注意したいものですね。

投稿: waka3 | 2013年11月26日 (火) 15時15分

 ホウレン草のトンネルが有る無しで これ程の違いが出るとは意外です。 トンネルの保温効果が大きいのを再認識しました。
 ホウレン草の写真を拝見しますと 欠落株も無く 等間隔に どの株も揃って成長しているのに感心しました。 上手に世話をしておられるのでしょう。

 タマネギ苗も順調の様ですね、12月になろうかと言うこの時期に化成肥料の追肥をされるのですか? やはり 暖かいのだなー と思いました。

投稿: 菜園ブログ | 2013年11月29日 (金) 21時10分

菜園ブログさん>
晩秋の冷え込んだ時期におけるトンネルの保温による効果がこれほどにも違いが出るとは私も信じられないほどです。
今日のブログにも掲載しますが、10月27日に播種をした四季蒔きキャベツも育苗の違いが大きく出ており、こちらも収穫時期をずらすことができるように思えます。

玉葱は12~2月の厳冬期でも生長が止まることはありませんので、この時期と1月中旬に2回ほどの追肥をします。
玉の肥大を見ながら3回目を施すこともありますが、あまり玉の肥大をさせることの無いように通常では2回で終わることが一般的です。

投稿: waka3 | 2013年11月30日 (土) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だいぶ冷え込んできました | トップページ | キャベツの育苗調整をやってみました »