« マルチシートのトンネル効果 | トップページ | 玉葱の追肥とその後のホウレン草、キャベツ »

2013年11月30日 (土)

キャベツの育苗調整をやってみました

早いものでいよいよ11月も今日で終わりとなってしまいました。

前回のブログでホウレン草のマルチシートによるトンネルの保温効果について書きましたが、ほぼ同じ時期に播種をした四季蒔きキャベツ(中早生2号)を今回は1坪温室の中と屋外の双方でどの程度の育苗の違いが出るのかを試してみました。131130kyabetu播種をしたのは10月27日でしたので今日で34日目となりますが、発芽した以降の2週間を過ぎたあたりで一方を温室の中(夜間は保温なし)に、もう一方は屋外に放置した状態で育苗したところ、写真のように温室の中で育てたものは本葉が4枚ですが、温室の外で育てたものはやっと2枚が出揃ったところで草丈もハッキリと差が出ましたが、この時期における野菜の苗の育苗の実験も面白いものですね。
この時期での定植では来年の3月に入ってからの収穫になろうかと思いますが、どの程度の時期がずれた収穫ができるのか今回も楽しみになります。

この時期になると暖地とはいえ、それほど作物の育成も活発ではありませんが、例年よりもやや冷え込むような感じはしますが、当分の間は霜の降りるような心配もなく、猛暑のために131130jagaimo9月4日植え付けをした秋ジャガイモ(出島)の葉がやや黄色味がかってはきましたが、地中ではジャガイモの塊根が未だに大きくなろうと頑張ってくれているものと思います。
気温が5℃下回るようになれば葉が黒く枯れ始めてきますので、12月になってもう少し冷え込んできた頃が収穫になろうかと思います。

さて、明日は地域防災訓練の日なので今夜は早めに寝て訓練に備えようと思います。

|

« マルチシートのトンネル効果 | トップページ | 玉葱の追肥とその後のホウレン草、キャベツ »

コメント

Wakaさん、こんばんは。
キャベツの苗を今から植えられるとはすごいですね。
しかも3月に収穫出来るというのは、こちらから見れば
天国ですよ。夏場は大変とはいえ、それ以外の時期は
全て何かしらの野菜作りに適しているようですね。
こちらは真冬はどうにもなりませんので、うらやましい
限りですよ。

投稿: kikumal | 2013年12月 1日 (日) 19時47分

kikumalさん>
仰られるとおり夏場は猛暑で葉もの野菜が出来難いのですが、冬の時期でその分が若干カバーできますね。
この時期でのキャベツの幼苗の定植となると暖地とは言え寒さでかなり生長が止まると思いますので、定植をしたらマルチシートでのトンネルを掛けて1ヶ月程度はは施しておくつもりです。

投稿: waka3 | 2013年12月 2日 (月) 05時39分

キャベツの育苗温室と外での差は明らかですね。
12月に入っての秋ジャガイモの収穫も楽しみの事と思います。
こちらは白菜、冬だいこん?がほどほどに育っています。
11月収穫の大根は菜園の隅に埋けたようで菜園は全て主人にお任せしています(^_^)v

投稿: sakura | 2013年12月 2日 (月) 13時25分

今晩は。
WAKA3、防災訓練に出かけて、風邪をひいたんではないですか?沼津は風もなくいいお天気でしたが、其方は寒かったんではないですか?年末も近づいていますからお体にはご自愛してください。

投稿: 週末菜園人 | 2013年12月 6日 (金) 19時04分

sakuraさん>
ホウレン草に続いてキャベツも同じ日に種蒔きをして2種類の育て方をしてみましたが、時差ずれがこれほどにも顕著に現れるとは思ってもいませんでした。
これで時期をずらしたことと同じような収穫ができればこれからもこのようにしてみたいと思っております。

投稿: waka3 | 2013年12月 7日 (土) 09時43分

週末菜園人さん>
ありがとうございます。
防災訓練の日は風もなく避難訓練、消火訓練等々ポカポカ陽気の中で無事に終えました。
例年ですとこの時期になると浜名湖を抜けて吹く遠州名物空っ風で体感温度も下がってくるのですが、今年は何故かその風も比較的穏やかで菜園の野菜も順調に育っています。

投稿: waka3 | 2013年12月 7日 (土) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルチシートのトンネル効果 | トップページ | 玉葱の追肥とその後のホウレン草、キャベツ »