« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月24日 (火)

まだまだ暑い日が続いています

「残暑お見舞い申し上げます」という言葉が未だに何の不思議もないようなお天気続きで、今日の日中は何と気温が33℃まで上がり暑くて過ごし難い一日でした。

9月4日に暑さの心配をしながら秋ジャガイモ(出島)の植え付けをしましたが、130924jagaimo1早いものは一週間ほどで発芽をしましたが、猛暑対策として黒のマルチシートを上に掛けて、地温が上昇しないように風通しを良くしておいたにもかかわらず、発芽しないものを掘ってみたところ矢張り畝の中で茹で芋となって中は白くなって腐っておりました。
130924jagaimo2これからの発芽ですと果たしてどの程度の大きさのジャガイモが収穫できるかは分かりませんが、今年の6月に収穫したジャガイモ(キタアカリ)の残っていたものが、うまい具合にちょうど発芽していましたので腐っていた4個の代わりに植え付けておきました。

こちらにお見えになるkikumalさんのブログを拝見して、ニンニクの植え付け130924ninniku1を終えたと書かれておりましたので、毎回書き込んでいる作付け表を確認したところ例年では20日過ぎには植え付けとなっていましたので、既に秋冬野菜用の畑の準備は出来ていましたので、大急ぎで遠州ニンニク(紫ニンニクともいう)の植え付けをしました。
130924hatake右端がニンニクを植え付けた畝で、全部で約50球ほどとなりました。
先日の台風の影響で3種類の長ネギの葉がだいぶ折れたりしましたが、ここにきて順調にまっすぐに伸びてきましたので、10月に入れば第1回目の土寄せをする予定です。
葉もの野菜(大根菜の花)は台風以降に種蒔きをし大根はやっと本葉が伸び始めてきたところで、食用菜の花はまだ双葉がやっと大きくなり始めたところです。

130924yasaiこの他には9月8日に植え付けをしたエシャレット分葱もだいぶ多くくなってきましたが、最近植付けた野菜はこんなところでしょうか。
プラグトレイで育てているキャベツの苗は週末あたりの定植で、白菜については10月に入ってからの定植となりそうです。

| | コメント (8)

2013年9月19日 (木)

2年振りの月下美人の開花

台風一過、その後は30℃を超す日々ではありますが、朝夕は爽やかな秋風が大変心地よく感じられるようになりました。
9月11日のブログで月下美人の花蕾を見つけたことについて触れましたが、昨年の冬の大失敗以降とうとう2年振りに開花を見ることが出来ました。

昨日の昼過ぎに花柄のU字型に曲がった先端の花びらの部分が大きく膨らみ始め、130918gekkabijin1U字型に曲がった先端部分の花蕾が随分膨らみ始めてきて、幾重もの萼片の間から白い花弁(はなびら)の部分が見え始めてきましたので、この調子でいけば今夜あたりが間違いなく開花と思い早速部屋の中に移しておきました。

夜の8時頃になって花蕾の先端が緩みはじめていよいよ開花が始まりました。
過去にも何回かの開花は見ていましたので、2時間ほど後の満開まではTVを見ながらぼんやりと眺めていることにしましたが、かなり蕾が開きはじめた130918gekkabijin2途中から時間間隔を空けながらの撮影をしてアニメーション化をしてみることにしました。
ところが途中うっかりしたことに1時間ほどついうとうとと眠ってしまい、目が覚めた時には10時半を少し回っていて、辺りには月下美人独特な芳香が漂っていて既に満開となっていましたので、アニメーション画像も最後は一気に開いてしまいました。(笑

多分明け方までは部屋を暗くして眠りましたので、130918gekkabijin3朝方近くまでは力の限り元気な姿で開花していたものと思いますが、朝起きた時には僅か一日だけの命ですっかり萎んでしまっておりました。
一昨年の開花が一番遅かったのは10月25日でしたが、現在確認できる花芽はまだ1mm程と小さいことから、開花はかなり難しそうですが気長に待つこととします。

| | コメント (10)

2013年9月15日 (日)

台風対策と稲藁集め

皮肉なものですね~。
130915typhoonこの夏は当地ではあまりにも雨が降らない日が続いておりましたが、 ここにきてとうとう大雨、それも台風18号が今夜半過ぎから明日の昼前にかけてどうやら紀伊半島沖から東海や関東方面に向かって押しかけてきそうな気配です。

例年ですとこの時期には幾つかの葉もの野菜の種蒔きが済んで発芽が始まっており、台風がやって来ると強風潮風による塩害で発芽直後の幼苗は大きな被害を被りますが、今年は猛暑続きであったこともあって葉もの野菜は直播ではなく、プラグトレイによる半日蔭での育苗をしていることから台風による心配はありませんが、130915budou1強風による心配といえば昨年定植した葡萄(巨峰)が台風の塩害で完全に葉が枯れて枝が伸びることもなく、今年になってやっとT型の整枝が出来左右に7mほどに伸び来年への足掛かりができましたが、130915budou2単に支柱に這わせてあるのみで台風の直撃を受ければ支柱ごと簡単に倒れ枝も折れてしまうことから、棚から降ろして何とか枝折れと塩害を防ぐ手立てとして防風ネットを利用して対策をしてみました。
これで完全防備とは言えませんが、T型の仕立ても完全に成功しましたので、枝が折れることさえなければ来年への希望も見えてきますので、何とかこれで台風の直撃にも耐えてもらいたいものと思っております。
夜の8時過ぎになって、どうやら伊良湖半島あたりへの上陸ではないかとの130915itijiku予想もされ始めましたので、懐中電灯を持って既に収穫も終盤となった無花果の防虫用のネットを一昨年の9月に吹き飛ばされましたので、横風を受けないようにネットを取り付けてあるタイラップバンドを切り落として側面のネットを下におろしておきましたが、さて今回はどうなることやら・・・。

130914inawara1今年も友人から稲刈りが終えて稲藁が貰えるとの電話がありましたが、何とその直後に雨が降り幸いにも完全な浸水を免れたということで3日前に早速いただきに伺いました。
130914inawara2雨が降った以降は晴天が続来ましたのでだいぶ濡れた稲藁も乾いてはいましたが、湿った部分を乾かして1日経過した昨日乾いた稲藁を束ねながら軽トラックに積み込んで130914inawara3いただいてきました。
小束で60個、大束は小束を15個ずつ束ねて4つとなりましたので小屋のの片隅の積み込んでおきましたが、これで今年の余ったものと合わせれば2年間は十分持ちこたえることが出来そうです。

今10時30分を少し回ったところでだいぶ風が強くなってきました。
雨はほとんど降っておりませんが、どうせ来るのであれば雨が少なく潮風によって塩害を持ち込む風台風でなく雨台風であってほしいものです。

台風一過   (9月16日 am9:10 追記)

台風は8時5分頃に昨年9月の時と同様に豊橋市に上陸したと報じられました。
今回は雨が前回に比べやゝ多かったように思いますが南東の風が強かったことから潮風は間違いなく運ばれた来たものと思います。

写真は台風上陸後40分ほど経過して雨風がほとんどなくなったところで130916tyhoon1撮影したものですが、予想がしておりましたが里芋は葉が千切れたり、茎元から折れたりしましたが思っていたほどでもなく、葡萄の枝の対策では何の被害もなくイチジクも被害はありませんでした。
130916tyhoon2予想していなかった被害としては、ハイビスカスが数日前に枝払いをしてかなり整然となってはいましたが、頭の部分が重かったのでしょうか風にあおられて倒れていましたが、これは修復は可能だろうと思います。
大型台風といわれておりましたが、この程度の被害でひと安心しました。

| | コメント (4)

2013年9月11日 (水)

月下美人に花蕾が

9月に入っても日中はエアコンを欠かせない毎日でしたが、昨日は雲間から陽射しが覗くという曇り空の天気となり最高気温も29℃とやっと夏日がやってきました。

月下美人は昨年の冬の時期に温室の中に放置しておいたことから、日中と夜間の温度の違いから夜間の寒さに耐え切れずに凍傷を起こし、全ての葉が枯れてしまうというとんでもない大失敗(その時に様子はここをクリック)をしてしまいましたが、今年はその反省も踏まえて何とか枯らすこともなく順調に育つことができました。

130911gekkabijin1普段では玄関前に鎮座している月下美人ですが、右側が今まで育てていたもので昨年すべての葉が枯れてしまったものですが、今年も新しいシュートが伸びて元気に育っています。
左側のものは一昨年に右側の鉢から新しく伸びたシュートを挿し木として育てたもので、2年がかりでやっとここまでに育ちましたが、今年になって新しい葉が次々に伸びはじめたことから葉の色も薄く弱々しさが目立ちます。

130911gekkabijin2本来なら6月に入れば最初の開花が見られるところですが、今年は樹勢が整っていないこともあってでしょうか、まったく花芽が見られないことから気にもしていなかったところ、お待たせをいたしました~と言わんばかりに、右側の鉢の方の葉の陰に一つだけ4cmほどに大きくなっていた花芽を見つけました。

130911gekkabijin3これ以外の葉を全て確認したところ幾つかの小さな花蕾が見られましたので、この先10月終わり頃まではそれほど大きく気温が下がることもありませんので、上手くすればこれ以降も花を見ることができるものと思いますが、さて今年は幾つの花が見られることになるのでしょうか。

| | コメント (7)

2013年9月 6日 (金)

玉葱の播種と秋ジャガイモの植え付け

台風17号が熱帯低気圧となって東進、秋雨前線が南下等々によって、ここ一週間ほどは愚図ついた天気が続くということで今まで降らなかった雨もこれで期待できると思っていましたが、一昨日は日中ひとしきり雨が降り、翌日も予報ではcloud/rainのはずでしたが、またまた予報は大きく外れてsunとなってしまいました。  関東地方では大雨や竜巻まであったとか、このところの天候は本当に異常気象そのものですね。

130906tamanegi玉葱の種蒔きは天気予報とは関係なく、極早生種は9月3日前後の播種と決まっていることから予定通りに播種をし、4日前後で発芽することから間もなく発芽も見られることかと思います。
前述しましたように天気予報ではここ一週間は愚図ついた天気が続くということから、ジャガイモについても急きょ玉葱の播種をした翌日の4日に大急ぎで畝を仕立てて130906jagaimo1種芋の植え付けをしました。
ところが何と冒頭にも書きましたが、まったくの予報外れとなってしまいましたので、このままでは地温が上がって土の中で種芋が芋蒸かし状態となって腐ってしまいますので、これまた昨日大急ぎで園芸用遮光ネットの余り布が残っていましたので、畝の上に掛けて日除けとしてみました。
今日も予報とは違って天気はsunとなり、気温もどんどん上がっておりますので遮光ネットの効果がどの程度あるのか地温の測定してみました。
130906jagaimo2上が何もしていない状態の温度で、下が遮光ネットをしてあるものの温度ですが、この時の外気温は32℃ですが、まだ土は雨の影響で湿っていることからそれほど高くはありませんがそれでも35℃を指していて、遮光ネットをした方は30℃ですから5℃の違いがありますので効果としては上々かと思います。
しかし、この後好天気が続き気温も今と同じ状態が続くとなると心配となりますので、ここは予報通り愚図ついた天気に戻ることを願うばかりです。(笑

| | コメント (10)

2013年9月 2日 (月)

猛暑と野菜たち

9月に入っても昨日は35℃の猛暑日、7月8日に梅雨明けた以降に果たして何日雨が降っただろうか、片手の指の他にほんの僅かだけ数える日数ではなかったかと思う。

流石に、これほどの猛暑と雨不足の中では菜園の野菜にも例年では見られ130902naganegiなかったような現象が起きています。
先日のブログで長ネギの定植に触れましたが、その後は土壌が乾燥しないように散水はしていましたが、この時期としてはある程度は致し方ないものの、下葉の方から少しずつ葉が黄色くなって枯れているのが今年は例年以上に目につきます。

130902kyuri1胡瓜も黒のマルチシートで根の部分の覆って、できるだけ散水を欠かさずに努めてはいるものの、葉も小さく緑色の葉も薄く如何にも猛暑の中で弱りきった野菜としか見受けられず、130902kyuri2生り花も少ない上にやっと開花してこれからというところで中には大きくなれずに朽ちていくものさえ見られます。
2日ほど前に哀れなほど貧相な初物の胡瓜を収穫しましたが、こんな状態では枝が朽ちるまでに幾つの収穫ができるのか心配なことです。

下の写真は何だかお分かりになりますでしょうか?
130902kyabetsuお隣の畑に植えられていたものですが、連日の猛暑と地熱による照り返しに耐えかねたのでしょうか、キャベツの葉が原爆の被曝にでもあったかのように完全に枯れ果てて葉が真っ黒けになってしまったものです。
ことほど左様に当地では夏の時期の葉もの野菜の栽培は、今回の写真ほどに大げさなものではありませんが結構難しいことになります。

今日の天気予報は朝の9時ころからrainマークの予報でしたが、またまた予報が外れてこの時間はいつもながらのsunの天気でした。  
夕方になってから雲が張り出してきて夜になって小雨が降ってきましたが、今はまた星が見えはじめてきましたが、一体全体どうなっているんでしょうかネェ。

| | コメント (12)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »