« 生姜の試し掘り | トップページ | 猛暑と野菜たち »

2013年8月26日 (月)

長ネギの定植をしました

ここ連日続いていた猛暑も昨日は朝のうち雲間から陽射しは覗いてはいましたが、その後小雨となって気温も28℃と一気に下がり、今日もやや気温は上がったものの随分過ごし易くなってきました。
この先の予報では猛暑日に戻ることもなさそうで、昨日降った雨でほど良く地面も湿っていることから長ネギの定植をすることにしました。

石倉一本根深太ネギの茎の太さは太いのものでは、私の人差し指ほどで130826nagi1草丈も60cm超と十分なほどに育っており、汐止晩生ネギは分蘖(ぶんけつ)品種ということもあって草丈は40cmほどと、石倉一本根深太ネギに比べ収穫時でも草丈や茎の太さはやゝ見劣りはしますが、既に2~4本の分けつも始まっており現時点では至極順調な育成状況といえると思います。

130826nagi2 既に畑造りは事前に猛暑を避けて朝の早いうちに済ませてあり、上手い具合に雨も降り気温が下がってくれましたので、定植のための畝作りをしました。  地面からほぼ15cmほどの溝を掘って、土上げした部分から計算すると25cm位の深さとなるでしょうか、ここに5月27日に仮植えをしておいたネギを植え付けていくことになります。

130826nagi3石倉一本根深太ネギは名前が示す通り分けつはしませんので、あまり太く育たないように植え付けの間隔をなるべく狭くし、分けつ種の汐止晩生ネギは収穫時には6~8株ほどに増え太さも薬指ほどにはなりますので、それを見越した間隔で植え付をします。

ネギを定間隔に並べたところで土を被せ、この後しっかり土踏みをして130826nagi4130826nagi5定植としての植え付け作業は終了となりますが、ここで覆土して土踏みをしたところに化成肥料を蒔き最後に土の乾燥防止のために稲藁を敷いて全ての作業が終了となります。
今年の植え付けは石倉一本根深太ネギ120本汐止晩生ネギ80本で、この他に右上の写真の奥の方に見えるのが赤ネギですが、こちらは9月に入ってから30本ほどの植え付けとなります。
10日もすれば根が活着し茎も真っ直ぐに立ってきますので、1ヶ月後くらいに稲藁の上に化成肥料を追肥してから1回目の覆土をします。

|

« 生姜の試し掘り | トップページ | 猛暑と野菜たち »

コメント

Wakaさん、おはようございます。
そちらもやっと涼しい風が吹き始めたようですね。

それにしてもすごいネギの数ですね。ネギは不得意でちょっとしか作っていませんから、200本なんて数を見ると圧倒されます。
これで冬の食材としてのネギは十分ですね!

投稿: kikumal | 2013年8月27日 (火) 05時08分

waka3幾らか涼しくなって来たみたいですね、そちらは以下かですか?トマトの2本立て記録帳を見てウーンと唸る思いです。こんなにトマトが収穫できて私どもは料理が苦手で万歳です。waka3の情報で温度センサーですが、重宝しています、婆さんの部屋の上下温度を見ることが出来ます、なにせ、部屋には酸素のコンプレサーがあります。

ネギの定植ですか、綺麗に並べていますね、私も根深太ではなく、ただの石倉一本ねぎです、来月の5日頃播種します。先日、白菜を直播しました、これからは、大根、タマネギの播種です。

投稿: くんぱん | 2013年8月27日 (火) 07時07分

kikumalさん>
ここ2日ほど気温も下がってホッとしていましたが、今日は朝から快晴でまた猛暑日近くの気温に上がりそうです。

長ネギもこの地方の土壌に適しており、冬の鍋物や名古屋名物「赤からうどん」にどっさりと入れ込みますので、特に甘味があってとろけるような汐止晩生ネギや赤ネギは重宝します。

投稿: waka3 | 2013年8月27日 (火) 09時01分

くんばんさん>
ここ2日ほど30℃を切ってだいぶ過ごし易くなったと思いましたら今日は再びぶり返して猛暑日になりそうです。down
トマトは大玉トマトは分けてあげることがありますが、中玉トマトはほとんど全部といって良いほど自家消費です。
このうちの大半はジュースやそのまま冷やして食べる生食です。

ネギは私も今までは石倉一本ネギでしたが、最近では農家でも太ネギの方が評判が良く高値で売れるということで、品種の違いはあまりないとは思いますが、JAで種を購入して昨年から作りはじめました。
長ネギはこちらでは大半が3~4月蒔きですが、9月に入ってからということは随分遅い播種ですね。

投稿: waka3 | 2013年8月27日 (火) 10時32分

ネギの畝すごいですね。黒土で石だらけの我が家は圧倒されますが鍬ですか。それとも機械でしたか?? 又たくさんの立派なネギが出来ますね。カボチャですが同じ株の雄花で人工授粉させたものが今ひとつだけ実をつけていますが果たして、これで出来るか不安です。もう秋口に入って温度も下がるし・・・

投稿: kimama | 2013年8月27日 (火) 15時42分

kimamaさん>
8月も終わりになって暑い暑いといっても随分風は以前とは違って肌にやさしくなってきました。
長ネギの畝は無論鍬を使っての人工的な腰痛を伴う作業です。(笑
でも、この程度であればものの15分もあれば畝作りも完了しますのでそれほど苦になる作業でもありませんが。
カボチャの生長は気温があまりにも下がってくると止まってしまうのかもしれませんが、受粉から45日前後で収穫ができると思いますので頑張ってみてください。

投稿: waka3 | 2013年8月27日 (火) 20時15分

何年やっても中途半端で質問にもお恥ずかしいのですが、春先にホームセンターで九条ネギの苗を購入しました。この苗は石倉一本根深ネギと同じように別畝に移植いたほうが良いか教えてください。
下仁田ネギを購入した時も同じように移植しなくて、出来栄えがいつもいま一つ違いを感じております。
小指ほどの太さで、今食べると白い所は筋っぽいかな。
葉はまだ固いですね。何時も収穫まで植えっぱなしにしているからでしょうか?
ちなみにあと一年で毎日菜園人になります(実感はまだ沸いて来ません)。

投稿: 週末菜園人 | 2013年8月28日 (水) 19時27分

週末菜園人さん>
29,30日と御殿場で一泊二日で13家族22名による「いとこ会」を私が幹事で各地区から集まってもらい、この行事のために出掛けていましたのでコメントが遅くなってしまいました。m(_ _)m

私は九条ネギをあまり栽培をしたことがないので確たることはお話しできませんが、一本長ネギと九条ネギでは栽培方法がかなり異なるのではないかと思います。
一本長ネギはあくまでも成長の段階で覆土をしながら白く軟白な葉鞘を育てていきますが、九条ネギの場合はある程度の土寄せをしながらネギ全体を食べるために育てることからネギの食べる部分の違いもあって、多分全く違った栽培方法ではないかと思います。

下仁田ネギもある程度は長ネギと同じように覆土をしながら白く軟白な葉鞘を育てていきますが、一本長ネギと違ってそれほど草丈が長くはなりませんので、これも私の経験では別畝で育てました。
それから今回定植した石倉一本根深太ネギも今の段階では白い軟白な葉鞘部分はとても短く、このまま食べてもまだ固く筋っぽいので美味しくありませんね。
あまりうまい説明ではなく申し訳ありません。

投稿: waka3 | 2013年8月30日 (金) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生姜の試し掘り | トップページ | 猛暑と野菜たち »