« 浜松が日本で2番目に暑かった日 | トップページ | 無花果の小動物?被害 »

2013年7月30日 (火)

この暑さ、いつまで続くのやら・・・

昨日は久し振りの降雨日となって菜園の夏野菜も何とか潤い、天気予報では今週は真夏日とはなるものの30℃前後と気温も下がってだいぶ130730mousho1過ごし易くなるとのことでしたが、この予報は朝起きるとまったくの大外れとなって、太陽が上がって日が差し込んでくる6時半前くらいまでは25℃前後と過ごし易い気温でしたが、一旦太陽が上がってしまうと一気に暑くなり始めて、今日も我が家の温度計は何とまたまた37.9℃まで上がって今年2番目の猛暑日となりました。
猛暑といえば炎天下における野菜たちにも被害が出て、23日の猛暑日の130730mousho2次の日には里芋の葉が日焼けで全体が黄ばみ、縁の部分は茶色くなって枯れてしまい、更に2回目の植え付けとなった胡瓜がやっと草丈が7~80cmにまで伸びてきたところで、主枝として伸びていた先端の幼葉が里芋の葉と130730mousho3同様に日焼けで枯れてしまうほどで、1週間過ぎた今日になって脇芽として伸びていたものが何とか主枝として順調に伸びてきてくれましたが、まだこの先のお天気次第ではどうなることやら予断は許されないといったところです。

昨日の降雨おかげで今日の菜園への散水は免れましたが、明日からは全国的にも再び天気の崩れがあるようですが、どうやら太平洋沿岸地域はその様子もなさそうで、この調子では明日からもまた散水は続きそうです。

|

« 浜松が日本で2番目に暑かった日 | トップページ | 無花果の小動物?被害 »

コメント

Wakaさん、おはようございます。

ニュースでもやっていましたが、東海地方は猛暑だったようですね。同じ日本でも随分気候が異なりますね。
こちらは昨日もヤマセで最高気温が23度でした。今年は夏が来ないのかも、と心配になります。でも、気温が低くてもセミは鳴いているし、ホタルも飛んでいますから、生き物たちは寒くても頑張っているのでしょう。

野菜達への水やりが大変でしょうけど、Wakaさんの方が夏バテしないようにしてくださいね。

投稿: kikumal | 2013年7月31日 (水) 06時38分

kikumakさん>
おはようございます。
この時期で最高気温が23℃とはかなり異常な状態のようですね。
この夏は気温の上がらない地域や異常に猛暑の地域と様々ですが、いずれにしてもこの異常気象は野菜にとっては最大の敵で、あちらこちらでも耳にしますが、この夏の野菜価格の高騰は免れないでしょうね。
今日も朝の天気予報では36℃まで上がるといっております。

投稿: waka3 | 2013年7月31日 (水) 08時28分

今晩は。
東と西では随分気温の違いがありますね。
38度や37度がもしも続くとしたらどうなるのでしょう?
考えるとゾットしますね。沼津は33度ぐらいが最高気温で、昨年より直射日光が少ないので酷く暑く感じません。晴れない変わり、夕方富士山に登る登山客の明かりが見れなくこれが残念です。畑の野菜も暑さにやられ可愛そうなくらいですね。明日から8月、暑さもまだまだ続くようですから身体には気をつけてください。

投稿: 週末菜園人 | 2013年7月31日 (水) 19時59分

 暑い日が続きます。
 里芋は あれほど たっぷりと敷ワラを敷かれていても 水不足ですか? うちはマルチ掛けで横着しています。

 胡瓜は脇芽がしっかりしていますから大丈夫でしょう、全体に茎が太く頑丈に見えますし、いい雌花が咲いていますね。

投稿: 菜園ブログ | 2013年7月31日 (水) 22時59分

waka3、今日は幾らかお湿りありましたか?畑の野菜も日焼けして、塩害も大変だけど、キュウリの伸びる芽が焼けて、立ち直ってほしいものです。地球のサイクルを崩したのが人間、野菜たちが警告しているかも知れませんね。信州のほうは今の所、散水まではいっていません。waka3、今年の堆肥は作りは、籾殻でやってみます、昨日、軽トラ大盛りで4杯いただきました。

投稿: くんぱん | 2013年8月 1日 (木) 10時24分

週末菜園人さん>
同じ静岡県でもかなりの違いがあるように、同じ浜松市でも海岸から30Kmほど北に行った天龍や春野地区ではゲリラ豪雨が何回となく発生しているようで、とにかく今年の天候はさっぱり分かりません。
この時期は晴れていると富士山に登る登山客のライトの明かりが見えるのですね。  どのように見えるのか興味津々といったところです。

投稿: waka3 | 2013年8月 1日 (木) 13時04分

菜園ブログさん>
こちらの土は土砂質のためにマルチでは熱射でかえって逆効果でどなたも使用する方はおりません。  稲藁を束ごと敷きつめたいのですが、とてもそれほどの稲藁もなく多少厚めに敷き詰めて、直射日光からの地熱温度の上昇の保護も兼ねております。
胡瓜は今咲いているのが3番花ですが、これから先の気温が少しだけでも下がってくれることがとにかく頼みの綱です。

投稿: waka3 | 2013年8月 1日 (木) 13時11分

くんぱんさん>
今朝方雨がぱっらとしましたが、地面が濡れるほどではなくその後は曇り空となってしまいました。
明日は午後になって50%の降雨ということでrainマークが出ていますが、いつもの調子で一日が明けると予報が裏切られていますので、何とか降ってくれることを願いたいのものです。
籾殻堆肥ですか、聞きなれない言葉だったのでネット検索をしてみましたら、同じ長野県内で桃の栽培農家の方が実施されている記事が目に入りました。
面白そうですが生ごみの調達をするのが結構難しそうですね。
良い堆肥が出来たら是非お知らせください。

投稿: waka3 | 2013年8月 1日 (木) 13時31分

こんにちは 世の中も天気もなかなかうまいこと行きませんね。そちらの猛暑に野菜も葉焼けするのは無理もありません。当方では日照不足でトマトの色も味もままならず、六月に植えた晩成かぼちゃの蔓もまだ2mにも達しません。でも、そろそろ梅雨が明けそうな予報ですから東北も暑くなりそうです。

投稿: kimama | 2013年8月 2日 (金) 17時02分

kimamaさん>
おはようございます。
東北地方は夏とはいえ気温がさっぱり上がらないようで、このブログにもお見えになる八戸のkikumalさんもだいぶお困りのようです。
こちらは昨日は午後から50%の降雨確率の予想でしたが、何と昼を過ぎても青空のピーカンで夕方になって雲が出てきましたが、結果的には夜のうちにも雨はなく、今日も曇り空ながら雨の降る気配もなく、このままでは夕方の散水も欠かせそうにもありません。

投稿: waka3 | 2013年8月 3日 (土) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜松が日本で2番目に暑かった日 | トップページ | 無花果の小動物?被害 »