« 夏野菜の収穫と作物の被害(野生動物?) | トップページ | 坊ちゃんカボチャの撤収と鶴首カボチャ »

2013年6月26日 (水)

2本仕立てトマトの収穫の中間結果

今年は随分早い梅雨入りでしたが、その後は雨が殆ど降ることもない空梅雨模様でしたが、ここ数日は雨が降ったり晴れたりとおかしな天気続きで、130626kinokoそれでも気温だけは連日夏日を下回るようなこともなく、晴れた日には30℃前後と蒸し暑い日となって、こんな時になると庭の芝生におかしなキノコが出始めます。  なんとなくキノコのナメコよく似たもので、あちらこちらに生えてきて拾い集めれば味噌汁に入れても十分余るほどの量ですが、拾い集める勇気もなく命あってのものですね。(笑

さて、昨年2本仕立てを試みた中玉のスタピストマトですが、130626tomato16月末の台風で大打撃を受けて断念しましたが、今年は収穫も既に1段花房を終えて、2段から3段花房への収穫と移って、ほぼ収穫も半ばを過ぎた頃ですが、ここで中間での収穫量の集計を一旦纏めてみました。
1本仕立て → 収穫数:31個  重量:1945g  平均での重さ:62.7g
2本仕立て → 収穫数:46個  重量:2605g  平均での重さ:56.6g
という結果になりました。130622tomato
単重としては、それぞれの仕立てで大きなものでは120~130gというものもありましたが、押し並べて60g前後ということでほぼこのような写真のものが収穫ができたことになります。
中間結果ではありますが、2本立て仕立ては単重でもそれほど劣ることもなく、収量からは圧倒的に有利で来年からはこの方法での栽培としたいと思います。

このブログにもお見えになるaiさんから、昨年黒ミニトマトなる不思議なトマトを送っていただき、130626tomato3上手く種を採取することがでましたので、今年の2月に播種をして育てたところ、とても樹勢が強く草丈も2m超となってきましたので7段花房のところで摘芯をしましたが、ご覧のように鈴生りのトマトで、この先収穫ができ始めたらどうしましょうというほどの勢いです。(笑
130626tomato4130626tomato2黒トマトといっても赤いトマトに黒色が混じったような色合いですが、スタピストマトに比べミニトマト独特の甘味は強いのですが、何といっても果皮が厚いのが玉に傷といったところでしょうか。  カットしたトマトを掲載してみました。

今年は「おおもの」という名前のトウモロコシを作ってみましたが、途中でどのような野生動物だったのか2日間にわたって3本ほど食べられはしたものの、130626cornその後の被害はなく無事に収穫することが出来ました。
2本収穫してみましたが、500g超の収穫ができるとのことで期待をしていましたが、1本は-20gでもう1本も-35gと能書きの500gには達しませんでしたが、早速昼食に茹でて食べてみましたが一本だけでも満腹感は十分でしたね。

|

« 夏野菜の収穫と作物の被害(野生動物?) | トップページ | 坊ちゃんカボチャの撤収と鶴首カボチャ »

コメント

おはようございます。

随分立派なトマトが採れましたね。2本立ての育て方は参考になりますが、大玉のトマトに対してはどうなのでしょうか。気になるところです。
黒トマトは作ったことはありませんが、見た目はあまり良い物ではないですね。中身が何色になっているのか気になります。

投稿: kikumal | 2013年6月27日 (木) 08時08分

kikumalさん>
大玉トマトでの栽培はやったことがありませんので確たることは言えませんが、基本的には問題はないのではと思ってます。
私も栽培本数を減らす意味からも来年は大玉トマトも実施しようと思っております。

黒ミニトマトの写真を追加しておきました。
写真はやや黒っぽく映っていますが、実際にはもう少し明るい感じで、黒というほどの色ではないように思いますが、普通のトマトとはハッキリ違います。

投稿: waka3 | 2013年6月27日 (木) 14時37分

芝生のキノコ本当、ナメコのようですね。
一足早いトマトの収穫、黒トマトはお初、トウモロコシは大物、風格がありますね。
こちらも胡瓜、トマト、茄子、トウモロコシ、じゃがいも、南瓜など順調に育っていますsun

投稿: sakura | 2013年6月27日 (木) 16時15分

sakuraさん>
中玉トマトは収穫もほぼ半ばを過ぎましたが、これから大玉、ミニトマトとだいぶ賑やかくなりそうです。
今日もどんよりしたお天気ですが、久し振りに気温も24℃と比較的過ごしやすいのですが、明日からは天気も回復して再び暑くなりそうです。

投稿: waka3 | 2013年6月27日 (木) 17時02分

たぶん毒キノコと思いますが芝生が綺麗なので手ごろなアクセントとして調和してますね(笑)黒トマトは強いのでしょうか。凄いですね。確か外国でも作られていたような・・・でもあの赤さがなんとも食欲をそそりますしねbearing色がちょっと残念です。

トウモロコシ大きくて甘いなら最高ですね。当方の農家ではトウモロコシも熊によく狙われます。拡声器で流れる町のクマ出没注意情報は、このところ毎日ですが今日の午後、鎮人が車で帰宅途中に道路を横切る大きな熊に出遭いました。

投稿: kimama | 2013年6月27日 (木) 18時43分

kimamaさん>
昔からミニトマトは果皮が厚いことからそれほど好きでもなく、珍しさで今年作ってみましたが今少しでゾッとするほど収穫ができそうなので、ほかのトマトもありますのでどうしようかと悩んでおります。
いやいや、熊が目の前を横切ったですかぁ、猿が前をちょろちょろしてたというならいざ知らず、くわばらくわばらです。(笑

投稿: waka3 | 2013年6月27日 (木) 22時34分

waka3はトマト作りの名人ですね。二本仕立ての方が量、重量共に勝ちましたか。トマトの色は、黄色と、赤だけしか見たことが無なく黒も有るんですね。それにしても、実がびっしりとついていますね。モロコシもいろいろな種類があるんですね、これこそ、家庭菜園の楽しみですね。自分もミニと中玉の二本仕立て始めての挑戦しています、又、他のトマトで脇芽を採って押し木にして育てています。

投稿: くんぱん | 2013年6月29日 (土) 16時15分

くんぱんさん>
トマトの2本仕立ては最後の結果を見るまでもなく是非やってみる価値ありという結果で締めくくることが出来そうです。
育苗本数を減らすことができることと、僅かばかりですが省スペース効果もあるように思いますが、いずれにしても収穫量で勝ることが何よりです。
ミニトマトはあまりにも粒の多さにちょっと食傷気味です。(笑

投稿: waka3 | 2013年6月29日 (土) 20時30分

 2本仕立ての比較結果を拝見しました。
 ミニトマトは、2本仕立てにすれば 一株でも 消費をまかなうには充分の様ですね。 来年から ミニトマトの苗作りは 予備を含めても 2苗育てれば良さそうです。

 

投稿: 菜園ブログ | 2013年7月 5日 (金) 22時22分

菜園ブログさん>
今年は6月の時期に台風の襲来にも遭うこともなく無事に夏野菜の収穫もできております。
中玉のスタピストマトも順調に育っておりますが、今年はあまり大玉に巡り合うことはありませんでしたが、それでも平均的には60g前後のきれいなトマトが収穫できており、2本仕立ての成果も出ておりますので、来年からは従来では6~7本としていたものを4本に減らして栽培しようと思っております。
ミニトマトは2本植えましたが、とても食べきれずにおります。(笑

投稿: waka3 | 2013年7月 6日 (土) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏野菜の収穫と作物の被害(野生動物?) | トップページ | 坊ちゃんカボチャの撤収と鶴首カボチャ »