« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月26日 (火)

タマネギの収穫と菜園の初仕事

2月も残すところ後2日、今夜から天気が悪くなり夜遅くからrainの予報ですが、これからは一雨毎に暖かくなって春を迎えていくのでしょうか。

昨年は不作だったタマネギですが130226tamanegi1今年はここまでに順調な生育をみせており株元も随分太くなり玉の肥大に伴って地割れも目立つようになってきましたが、大きな変化は真っ直ぐに伸びた葉が途中から折れ始めてきたことで、これが更に進むといよいよ収穫が出来るようになってきますが、130226tamanegi2 中にはだいぶ大きくなってきたものもありましたので2つほどですが少し早い収穫をしてみました。
まだ8cm弱の大きさですが、早速今夜は卵とじとなって食卓に上がりましたが、何といっても新タマネギの美味しさは軟らかで甘味があって格別でしたね。(笑

昨年11月初めに定植をした130226hatakeキャベツレタスも結球が始まってきましたが、次のタイミングのキャベツとレタスの苗もそろそろ定植を迎える頃になってきており、今夜から雨の予報ということもあって週末の定植のために今年初めて菜園用の小型耕運機を持ち出して畑作りをしました。
トンネルの中に見えるのが結球し始めたキャベツやレタスです。
ジャガイモの種芋も購入済ですので週末にはこの場所に植え付けを予定しています。

畑作りを終えたところで堆肥作りをしておきながら、今まで少し横着をしていて一度しか切り返しをしていなかったので、130226taihi重い腰を上げて2回目の切り返しをしました。
例年ですとこの時期には3回目くらいの切り返しになりますが、矢張り手を抜いたことが災いしていているのか中段から下の部分はかなり醗酵も進んでいましたが、上の方の稲藁については未醗酵部分もあってやや遅れていていましたが、今回の切り返しと更なる切り返しで何とか夏野菜の元肥として間に合わせたいと思っています。

| | コメント (8)

2013年2月21日 (木)

春は間近です

ここ数日の朝方の気温は氷点下近くになって、まだまだ冷え込みも厳しい今日この頃ですが、日中は日毎に暖かさが感じられるようになりだいぶ春めいてきました。

3年前に正月用にと福寿草を購入して、開花を終えた後に庭の隅に130221fukujuso定植しておいたものが今年になってやっと元気に3本の芽が見え始めえたことについては1月31日のブログでも触れましたが、その後の観察では福寿草独特な髭のある葉が見られないことから、開花はまだまだ少し先であろうと思っていましたが、130221sakura今日久し振りに覗きにいったところ何と福寿草の黄色い花が一輪咲いていました。
ちょうど同じ日のブログに掲載した寒緋桜の蕾もここにきてすっかりほころび始め、大きな蕾の中から緋色をした可愛らしい花蕾が見えてきましたので開花は今月末辺りには見られそうな気がします。

さて、2月8日に4種類のトマトの種蒔きをしましたが、130221tomato1ここにきて全ての苗が出揃い元気に育っています。
写真は昼過ぎに育苗器から出して太陽光で温室内での育苗している状態を撮影したものですが、室温が28℃で地温は33℃とこの時期ではとても良い環境といえるかと思います。
前回のブログで2系統の測定の出来るデジタル式温度計を紹介しましたが、この温度計は最高温度と最低温度を時間での記憶をする機能があることから、昨日の夕方から今朝にかけて一番冷え込んだ時点での温室内の気温と育苗器内の地温の比較をしてみました。
130221tomato2この結果、室温は朝6時29分に-0.9℃で、右側はほぼ同じ時刻での発芽育苗器内の地温ですが17.6℃の最低気温を記録しており、種子の一般的な発芽温度は15~30℃と種の種類によっても違いがあり、トマトは20~30℃が適温とされていますが、夜間の温室内では適温よりもやや下回りはしましたが、発芽育苗器としての機能の確認も出来ましたので、これからは育苗器の面倒な持ち運びによる移動をすることなく、温室のみでの管理が出来ます。

| | コメント (4)

2013年2月13日 (水)

トマトの種蒔き

このところ少し不安定な天気が続いていますが、この先は少しずつ暖かくなりながら春を迎えることになりますが、今年も夏野菜の先陣を切ってトマトの種蒔きをしました。

130208tomato今年も例年作付けをしていたF1種で大玉トマトの路地ゆたか、中玉のスタピストマトと種を頂いて以来採種を続けながら今年で4年目となるズッカトマト、そして昨年このブログにもお見えになるaiさんから送っていただいたミニ品種の黒トマトの種が無事に採種できましたので、今年は何と4種類ものトマトにチャレンジすることになりました。

数年前から思いの外に効果を得たアンカの熱源を利用して自作した発芽育苗器を今年も早速小屋から130212ondokei引っ張り出してきて8日に種蒔きをしました。
今年は今までに使用していた園芸用のミニサイズの温度計が、使い捨てとはいえ簡単に壊れることから良いものがないかとホームセンターに130212tomato1出掛けたところCRECER社のAP-07Wというデジタル式で外部センサーを使用することによって2個所の測定ができる優れものが、Net通販価格よりも安い1,260円で売られており、早速購入してきましたので地温管理には大きな味方ができました。(笑
写真でもご覧いただけますが、朝の8時18分時点で室温が5.5℃で、センサーの差し込んである地温が22.7℃ということがひと目で分かり、更にこの温度計の優れた点はその日の最高と最低温度を時間で記憶し表示することができます。

また上左側の写真では大変分かり難いのですが、スタピストマトと黒玉トマトについては昨日5日目に発芽しましたが、ズッカトマトは発芽期間が7~8日と遅く、露地ゆたかは既に発芽日程は過ぎていますが、保存してあったものが古くなったことからでしょうか未だ発芽する様子もないので、今日大急ぎで新しい種を購入し蒔き直しておきました。

今回記述したズッカトマトについて少し触れておきますと、4年前にカボチャトマトということで頂いた種でしたが、その後いろいろ調べたところ形状からサンマルツァーノに良く似ておりましたが、このトマトは中玉系のトマトであり、その後更に調査したところどうやらイタリア原産のズッカトマト(ズッカとはイタリア語でカボチャを意)は大玉品種でもあり形も同様であることが分かりやっと探しあてました。。

| | コメント (6)

2013年2月 5日 (火)

メジロによるみかんの被害

5年前に温州みかんの青島4号の苗木を植えつけた以降、やっと枝も大きくなって葉も茂ってきたと思っていた矢先に、一昨年の台風で主枝がもぎ折られながらも昨年は10数個の実が付きました。130123mikan
青島4号は温州みかんの中では晩生品種のために収穫時期が遅く、130125mikan1やっと収穫ができる時期にきたところで最初に現れたのがヒヨドリで、この時期にはついばむ餌も少ないことからでしょうか、つい10日ほど前のことですが数個がくちばしで130125mikan2突っつかれて荒らされていまいました。
このままではと思い夏野菜の時に使用している遊んでいるネット利用して上の方から覆っておいたところ、どうやら翌日からヒヨドリが近くにまで来てもミカンの木までは来ることもなく効果が出たようでした。

ところが最近になって今度はヒヨドリではなく庭の木に数羽のメジロが飛んでくるのが目立つようになり、130205mikan13日ほど前にネットを掛けておいたミカンの木からメジロが飛び立つのを見かけ、どうやらネットの下のほ方から入り込むのではと思って残っているネットを更に横の方にも掛けて完全防備だと思いましたが、今日庭に出たところ130205mikan2メジロが3~4羽ほどでしょうか一気に飛び去っていきましたので良く見ると黄色いミカンがほとんど見当たらずに残されていたものは僅かに4個のみでした。
それにしても僅か3日ほど目が離れた隙を狙ってのことでしたが、小さなメジロとはいえ見事なもので、来年からの対策に頭を悩ましそうです。(笑

| | コメント (8)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »