« 台風一過、 一夜が明けて | トップページ | 台風21号は、またまた17号と同じ進路? »

2012年10月 5日 (金)

台風は10日前に予知できる?

台風19号は今回もありがたくもない大きな置き土産を残していきました。
葉もの野菜はトンネルや防風ネットで何とか塩害を免れましたが、121005niwaki1何も手を打つことの出来なかった庭木のたぐいはその後も30℃前後の気温と乾燥した秋風によってあっという121005niwaki2間に葉が枯れ、台風から5日を経過した今日は柿の木は葉がすっかり落ちてしまい、前回の台風4号の塩害でかろうじて残った僅か7個の柿がハッキリ確認でき、これ以外の庭木も葉が枯れたり枯れ落ちたりと無残なもので秋バラの花は殆んど望むべくもありません。

てな訳で、台風についてちょっと研究?をしてみました。(笑

さて、今回の台風19号は台湾付近に達した時に朝鮮半島方面に抜けていくだろうとテレビの予報では思っていましたが、この台風は沖縄あたりから紀伊半島方面に向けて進み、本土上陸をして三陸沖に抜けるであろうと本土に向かう一週間以上も前に予想していたところがありましたが、皆さんはご存知でしょうか。

台風の進路を長期で知りたい
日本における台風の進路予報は大半が3日間程度ですが、過去にも覗いたことのあるJTWC(Joint Typhoon Warning Center)アメリカの海軍と空軍の合同台風警告センターのサイトでは5日間の進路予想を見ることが出来、更に1975年に設立された国際組織で所在地はイギリスにあるECMWF(European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)「ヨーロッパ中期予報センター」では10日間もの先を予想しているようです。

10日前の予報はどの程度正しいのか
このヨーロッパ中期予報センターでは、朝鮮半島方面に抜けると思っていた台風19号は、9月30日の夕方に豊橋に上陸した進路を何と10日も前に東海地方に向かって進むことを残念ながら過去のデータは結果でしか残されてはいませんでしたが、概ね近似値に近いコースを気象データとして予想していたようです。

ということでヨーロッパ中期予報センターのデータサイトを覗いてみました。
このサイトを見つけたのは一昨日で、掲載されていた10日間の画像データをキャプチャーツールで121005tyhoonコピーしてアニメーション表示をしてみましたが、このデータがどの程度正しいのかはお時間があればこの先10月13日までの予想進路をご自身の目で確認をしてみて下さい。
(ポップアップされた画像を右クリックでコピーして、デスクトップに貼り付けて右クリック「プレビュー」で何時でもご覧頂けます。)
アニメーション画像では、新しく発生する台風を「台風21号」としてありますが、赤い文字は私が勝手に書き込んだもので実際とは異なることも考えられます。
また、今日5日の夜に当サイトのデータ確認したところではこのアニメーション画像とはかなり変化点が出ていますが、今日から7日後の10月12日に台風が日本付近に近づくことについては今のところ予想されています。
日本の台風予報サイトでは無論のこと、この予報はまったくされてはおりません。
 注:1)画像右下の日付にある「UTC」は協定世界時で「12UTC」は日本時間では21時
 注:2)台風の大きさと強さについては、
ここを参照してください

ヨーロッパ中期予報センターのサイトから気象データをご覧頂くためには、トップページの左側サイドバーの一番下の「Forecastsの下にあるClick here」で次ページに移り、左側サイドバーの「Area」→「Asia」をクリックするとアニメーション画像の絵が表示されます。  次に画像の上にある「Step (-> valid time)」のプルダウンメニューで10日間の台風の予想進路の確認が出来ます。

てなことで、私もまだ初めての経験ですのでどれだけの信頼性があるのか分かりませんが、天気予報と辻占いは「当たるも八卦当たらぬも八卦」、さてこの先どのように変化しますやら、宝くじだと思って外れても水に流してくださいませ。(笑
長々とご覧頂き、お粗末さまでした。

|

« 台風一過、 一夜が明けて | トップページ | 台風21号は、またまた17号と同じ進路? »

コメント

台風19号に付いては、思いのほか野菜に被害が及ばずやれやれと言った所ですが、草花には塩害なので被害が出てしまいましたね。柿に付いては葉も落ち実はついているものの少し可愛そうな感じですね。
此方ではほとんど風雨が少なく無事に通り過ぎた感じです。台風を予知できるお話を見て、国の規模の違いか?
JTWCとかECMWFなどは軍に関係する機関なんでしょうか?5から10日前の予報ができるなんて此れが日本でも発表されたら野菜なんかの管理にもう少し気をもまなくても済むかもしれませんね。デスクトップに貼り付けて見ましたが、ポップアップした画面をクリックしたが
失敗したのかな、ぼやけていてもう一度ゆっくりやってみます。
話は個人的ですいません。以前ブログで秋野不矩実術館の紹介がありましたが、この前行ってきました。
建物が素晴らしいですね。決して大きくはないが外国の建造物のようで、雰囲気が又素晴らしい。名前のように秋が似合う所かもしれない。

投稿: 週末菜園人 | 2012年10月 6日 (土) 17時30分

週末菜園人さん>
台風19号の塩害は最初はそれ程とも思ってはいませんでしたが、夜の8時に台風が上陸しその1時間後には月が出て、結構秋風が吹いて朝までには時間もあって塩害は作物にしっかりとこびりついてしまったようで、朝起きての水道の水で洗い流しても効果はなかったようで、幸いにもトンネル掛けできたものだけは救われましたが、結果的には6月の時の台風4号と同じような被害となりました。

今日、明日とこちらでは秋祭りが始まりました。
秋祭りって五穀豊穣を祝う祭りのはずですが、今年6月の台風4号と今回の台風19号で2回も塩害にあって作物はめっちゃ苦茶、神様ほんとうに頼のんまっせ!って言いたいとこですよ。(爆

ECMWFはヨーロッパの気象観測機関で組織されたもので軍関係ではないようです。
アメリカの場合は随分昔に海軍がハリケーンによって多くの死者を出したことから組織的に強化して、その後空軍と協力して出来たのがJTWC、即ちアメリカ合同台風警告センターということで、こちらは軍関係の機関で予測精度はかなり高いと評価されています。

秋野不矩実術館には一度しかいった事がありませんが、どうも人間ががさつに出来ているようで、画才がないのでしょうかあまり絵の良し悪しの理解できないことから、どうもこのような場所への足の運びが悪いようです。(笑

投稿: waka3 | 2012年10月 6日 (土) 21時58分

いや~驚きました。10日も前の地球の大気の流れを把握した気象予報の正確性を海外では出来ているんですね。3.11の原発事故に伴うスピーディーの事も納得です。あの時、もっと早くあの情報を何故利用しなかったのか、多くの方が悔やんでいるのは当然ですね。
waka3さんの塩害の酷さも改めて拝見して言葉もありません。でも、そこでただ転ばないのが流石です。この探究心に敬服です。凄い発見??coldsweats01素晴らしいです。

投稿: kimama | 2012年10月10日 (水) 21時01分

kimamaさん>
10日前の台風の進路予想をすることは一発で簡単に正解は出ないことは承知しておりますが、このサイトを定期的に見ているとと日々の変化の大小はありますが、10日間前の予想ということから2日おきくらいに見ていると結構面白くかなり実態に近づいた予想が見られるように感じられます。

日本の台風進路予想は通常3日間(NHKのみ5日予想あり)ですが予想が外れると恥ずかしいという思いがあるのでしょうか。(笑  頑張って欲しいものですね。

投稿: waka3 | 2012年10月11日 (木) 09時52分

 今年は台風の直撃を二度も受けられ、お見舞い申し上げます。
 台風予知のサイトはコピーさせていただきました、これからは活用させていただきます、有り難う御座いました。

投稿: 菜園ブログ | 2012年10月12日 (金) 20時55分

菜園ブログさん>
台風については致し方のないことですが、雨のない風台風は塩害を運んできますのでご免被りたいものです。(笑

ヨーロッパ中期予報センターのデータは2~3日おきくらいに見ると結構身近なものとして活用できるように思います。

投稿: waka3 | 2012年10月13日 (土) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風一過、 一夜が明けて | トップページ | 台風21号は、またまた17号と同じ進路? »