« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

稲藁で堆肥作り

そろそろ稲刈りのシーズンも終わりを告げていますが、121031inekari最近では乗用の大型コンバインで稲刈りから脱穀までを行い、脱穀された籾は即座に待機しているトラックに排出されるといった超近代的なものとなってきました。
そして最近では刈り取られた稲藁は5cmから15cm程度の長さに細断処理がされて田圃の中一面に排出されていきます。
ただし、稲藁を必要とする場合にはコンバインの排出経路を切り替えることによって稲藁を細断せずにそのままバラ落としすることも可能だそうです。

例年ですと11月後半の落ち葉が舞う頃になって、手持ち弁当で一日掛かりの落葉集めに山の手方面に出掛けていましたが、今年は田圃一面に排出された刻まれた稲藁を頂くことが出来ることになり、昨日早めの堆肥作りということになりました。
121031taihi1 稲藁集めは熊手を使用することによって、あまり労力を使うこともなく軽トラックに僅か15分程度で積むことが出来ました。
堆肥作りは堆肥場に最初に稲藁を入れてから発酵鶏糞と菜種粕を撒いて散水するという繰り返しをしながら積み込んでいきますが、今までの枯葉堆肥では枯葉集めから堆肥作りまで丸2日掛かりであったものが、今回は何と僅か半日で全てを完了しました。

121031taihi2 今日も朝から天気も良く日中の気温も21℃まで上がり、昨日の堆肥の積み込みから丸一日も経過しておりませんでしたが、乾燥防止のために覆ってあるシートを触ってみたところ菜種粕や発酵鶏糞によって既に発酵が始まっており、かなり暖かくなっていましたので温度計で測定をしてみたところ稲藁の温度は51℃にまで上がりました。
例年より1ヶ月も早い堆肥作りとなりましたので、まだまだ朝晩の冷え込みもそれ程落ち込むことはなく、日中も20℃前後の日が続くかと思いますので、今年は早い段階での堆肥が期待できそうです。

| | コメント (10)

2012年10月25日 (木)

今年3回目の宿泊ツーリング

以前から決まっていた18~19日のOB会の北軽井沢へのツーリングのタイミングで台風21号に121018touring01遭遇しそうな気配でしたが、出発の前日になって多少の影響はあるものの何とかなりそうな予報で当日の朝を迎えましたが、朝起きると曇り空で雨雲レーダーから途中雨に降られることも予想して最初からレインウェアを着用して出発することにしました。
121018touring02片道約300Km程度ということから出来るだけ高速は使わず、富士から西富士周遊道路を走り甲府市内に入って4年前に信玄公祭りに出掛けた際に立ち寄らなかった武田神社で参拝し、山梨の郷土料理「ほうとう」食べてから軽井沢方面に向かうようにしました。
家を出てからまったくと言ってよいほど雨に降られることもありませんでしたが、甲府を出てから途中少し雨降られましたが、小諸市内に入った頃にはすっかり天気も回復し、軽井沢に入った頃にはかなり気温も落ちておりハンドルのグリップヒーターを入れて走ったほどで、紅葉は明日の天気の回復を待ってゆっくり楽しむことにして、先ずはのんびり温泉に浸かりたいことから宿泊先に直行することにして3時半に到着しました。
121018touring04121018touring03宿には関東勢が多いことと天気も良くなかったこともあって既にほぼ全員が到着していましたが、遠くは南は熊本そして北は仙台や浜松より遠方の鈴鹿などからで総勢74名が集まりました。
5時半からの定例総会までには121018touring05121018touring06たっぷりと時間もあって湯のぼせするほど温泉に浸かり、その後総会とクラブが発足して10年目を迎えた節目として長年事務局長を務めてきたM氏からの記念講演を済ませ、大広間での大宴会となりました。
121018touring07 無論、この夜も広くもない幹事部屋に30人以上も押し寄せて明日の朝に出掛ける121018touring081957年(昭和32年)に完成し、現在ではその一部だけが残されている日本で最初のサーキットとなった浅間高原自動車テストコースで開催された今では懐かしい当時のビデオを見たり、懐かしい昔話で遅くまで語り合いました。

そして2日目の朝迎えましたが、前日とはうって変わり雲ひとつない快晴sun
121018touring10121018touring09朝食を済ませて先ずはバイクの手入れと、何時ものことながら出発前にはあちらこちらで夫々が乗ってきたバイクの前で品定めとバイク談義がしばしの間行われます。
121018touring119時半頃に宿を出発して目的地のテストコースに向かう途中の国号146号線沿いの温度計は8℃の表示がされていましたが、街道の木々はすっかり紅葉も進んでいてだいぶ寒さを感じました。
121018touring12 現在ではテストコースの大半が牧場の牧草地に戻されていいて、コースは群馬県の嬬恋村がこの場所を管理していてご好意で入場とコースの試走も許されましたが、現在のレース場とは違ってダートコースということもあって地盤も悪く数名の人たちは試走を試みましたが、1300ccの大型バイクの私はご遠慮いたしました。(笑
4~50分ほど浅間高原テストコースを見学した後で現地解散となり、ここからはメンバーと別れて軽井沢市内を少し散策し、121018touring13小諸~佐久市から国道141号線を走り清里高原のJR線の駅では121018touring14標高日本一の野辺山駅近くのレストラン最高地点に立ち寄って、八ヶ岳を眺めながら昼食の手打ち蕎麦に舌鼓をうち、その後は国道52号線で韮崎市~南アルプス市を抜けて駿河湾の油井まで走り、清水からは東名高速を走って夕方の太陽の沈む少し前に2日間で680Kmのツーリングを終えました。

| | コメント (6)

2012年10月17日 (水)

玉葱の定植

121017tyhoon_2 どうやら心配した台風21号は何とか本土の少し南の海上を東に向けて通り過ぎてくれるようで、ある程度の台風の影響はあると思いますが、なんとか明日からの北軽井沢方面へのバイクツーリングはレインウェア持参となりますがどうやら出掛けられそうです。

121017yasai1今日は午後から夜半にかけて雨が降ると言うことで、ちょうど家を留守にすることもあって朝少し早起きをして全部で6畝を予定しているうちの極早生のタマネギの苗350本を3畝に定植をしました。  残りの3畝には早生品種をもう少し先になりますが定植をします。
121017yasai2タマネギの苗の植え付けが済んだところで、長ネギ(金長3号ネギ、汐止晩生ネギ、赤ネギ)の1回目の土寄せをしておきました。
長ネギの右側に見えるのが秋作のジャガイモ(出島)ですが、カット写真に見えるような花蕾が見えてきました。  
ジャガイモの収穫は気温の下がってくる12月の中頃になります。
121017yasai3葉もの野菜は台風19号による塩害で一時期は心配をしましたが、トンネルや防風ネットを施しておいたお陰でなんとか順調に育ち、半結球のロメインレタスはそろそろ収穫も間近となり、やや小型の白菜の娃々菜(わわさい)は早くも結球がはじまってきました。
この他にはニンジンは無防備でしたので極僅かに残っただけですが、食用菜の花大根、中葉春菊なども順調です。

まだまだ台風typhoonについてはこの先も予想されますので気が許せませんが、なんとか本土上陸だけはご遠慮願いたいものですね。

| | コメント (6)

2012年10月11日 (木)

台風21号は、またまた17号と同じ進路?

121010budou台風17号の塩害でテラスに植えつけて今まで青々とグリーンカーテンの役目をしていた葡萄の葉がとうとう僅かな緑色の部分を残して枯れてきました。  一房残して観察していたマスカットもだいぶ気温も下がって表皮も傷んできましたので、これ以上の進展はなさそうですので、きりの良いところで切り落とし糖度でも計ってみようかと思います。

先日のブログでヨーロッパ中期予報センターから台風情報のデータを入手して10日間のアニメーション画像にしてみましたが、121010tyhoon1今日の9時時点における気象庁の台風情報でやや大型の台風21号台湾の東南東沖に表示されました。
拡大画像で見てもこの台風は3日後の10月14日時点でそれ程動きは早くはないようですが、この情報で見る限りではこれから先、どのような方向に進むのかはまったく分かりません。

121010tyhoon2前回のブログに掲載した台風21号のアニメーション画像からその後一週間を経過した今日の台風の進路予報図(右)では、遠くフィリピン沖に発生した台風は北上ではなく、少し進路を変え台湾沖方面に進んだ後で停滞し、その後は1日単位での画像データのためにハッキリとした経路が分かりませんが、沖縄あたりからかなり速度を上げながら今年2回の塩害を運んできた台風4号、19号と同様な進路をとり足早に三陸沖方面に抜けるように伺えますので、またまた葉もの野菜などへの対策が必要になりそうです。

それにしても18~19日と軽井沢方面への一泊二日のツーリングが以前から決まっており、まだ一週間ほどありますので大きく予想が外れることを願うばかりです。(笑

| | コメント (8)

2012年10月 5日 (金)

台風は10日前に予知できる?

台風19号は今回もありがたくもない大きな置き土産を残していきました。
葉もの野菜はトンネルや防風ネットで何とか塩害を免れましたが、121005niwaki1何も手を打つことの出来なかった庭木のたぐいはその後も30℃前後の気温と乾燥した秋風によってあっという121005niwaki2間に葉が枯れ、台風から5日を経過した今日は柿の木は葉がすっかり落ちてしまい、前回の台風4号の塩害でかろうじて残った僅か7個の柿がハッキリ確認でき、これ以外の庭木も葉が枯れたり枯れ落ちたりと無残なもので秋バラの花は殆んど望むべくもありません。

てな訳で、台風についてちょっと研究?をしてみました。(笑

さて、今回の台風19号は台湾付近に達した時に朝鮮半島方面に抜けていくだろうとテレビの予報では思っていましたが、この台風は沖縄あたりから紀伊半島方面に向けて進み、本土上陸をして三陸沖に抜けるであろうと本土に向かう一週間以上も前に予想していたところがありましたが、皆さんはご存知でしょうか。

台風の進路を長期で知りたい
日本における台風の進路予報は大半が3日間程度ですが、過去にも覗いたことのあるJTWC(Joint Typhoon Warning Center)アメリカの海軍と空軍の合同台風警告センターのサイトでは5日間の進路予想を見ることが出来、更に1975年に設立された国際組織で所在地はイギリスにあるECMWF(European Centre for Medium-Range Weather Forecasts)「ヨーロッパ中期予報センター」では10日間もの先を予想しているようです。

10日前の予報はどの程度正しいのか
このヨーロッパ中期予報センターでは、朝鮮半島方面に抜けると思っていた台風19号は、9月30日の夕方に豊橋に上陸した進路を何と10日も前に東海地方に向かって進むことを残念ながら過去のデータは結果でしか残されてはいませんでしたが、概ね近似値に近いコースを気象データとして予想していたようです。

ということでヨーロッパ中期予報センターのデータサイトを覗いてみました。
このサイトを見つけたのは一昨日で、掲載されていた10日間の画像データをキャプチャーツールで121005tyhoonコピーしてアニメーション表示をしてみましたが、このデータがどの程度正しいのかはお時間があればこの先10月13日までの予想進路をご自身の目で確認をしてみて下さい。
(ポップアップされた画像を右クリックでコピーして、デスクトップに貼り付けて右クリック「プレビュー」で何時でもご覧頂けます。)
アニメーション画像では、新しく発生する台風を「台風21号」としてありますが、赤い文字は私が勝手に書き込んだもので実際とは異なることも考えられます。
また、今日5日の夜に当サイトのデータ確認したところではこのアニメーション画像とはかなり変化点が出ていますが、今日から7日後の10月12日に台風が日本付近に近づくことについては今のところ予想されています。
日本の台風予報サイトでは無論のこと、この予報はまったくされてはおりません。
 注:1)画像右下の日付にある「UTC」は協定世界時で「12UTC」は日本時間では21時
 注:2)台風の大きさと強さについては、
ここを参照してください

ヨーロッパ中期予報センターのサイトから気象データをご覧頂くためには、トップページの左側サイドバーの一番下の「Forecastsの下にあるClick here」で次ページに移り、左側サイドバーの「Area」→「Asia」をクリックするとアニメーション画像の絵が表示されます。  次に画像の上にある「Step (-> valid time)」のプルダウンメニューで10日間の台風の予想進路の確認が出来ます。

てなことで、私もまだ初めての経験ですのでどれだけの信頼性があるのか分かりませんが、天気予報と辻占いは「当たるも八卦当たらぬも八卦」、さてこの先どのように変化しますやら、宝くじだと思って外れても水に流してくださいませ。(笑
長々とご覧頂き、お粗末さまでした。

| | コメント (6)

2012年10月 1日 (月)

台風一過、 一夜が明けて

今回の台風17号は6月にやってきた台風4号と全く同じように愛知県東部の豊橋市内に夜の8時過ぎに上陸し、そして朝には北関東方面から三陸沖方面に物凄い勢いで去っていったが、今回も台風4号と全く同様な軌跡を辿ったことからでしょうか、殆ど雨のな強い風が吹きまくった台風で、台風4号の時よりもやや軽度であったとはいえまたもや菜園や庭木などに塩害を置き去っていきました。

しかしながら、今回の台風はもう一つの厄介なお供を引き連れてきました。
台風がやっと南紀の潮岬沖を過ぎた頃で、7時前といえば真夏であれば辺りもまだ薄っすらと明るい時刻ですが、少し前に食事を済ませパソコンに向かって間もなくモニターの画面が突然消え、部屋の中も停電で真っ暗闇に見舞われた。
121001typhoon1長いこと停電などと経験もなく早速懐中電灯で押入れの中にしまってあったツーリングキャンプの時に持参する照明器具とラジオを持ってきて部屋を明るくしては見たものの、水道や電話も通じずノートパソコンを出してみたもののモデムの電源も切れていることからインターネットへの接続も出来ず、非常用の発電機を準備しようとも考えましたが、小屋に行くことも危険なことから雨戸を叩く風の音と殆んど記憶にも残らないラジオを聴きながら、台風がほぼ過ぎていった9時前には眠りにつきました。

121001typhoon26時頃に起きたところ停電は回復しておらず、さっそく畑を見回ったところ幸いにもトンネル掛けをしたビニールシートが飛ばされることもなく、防風ネットを施しておいた大根や白菜も殆んど風の影響を受けることもなく全くといって良いほど被害はありませんでした。
121001typhoon3特に何もしなかったニンジンの幼苗については強風で株元から千切れるようなことはありませんでしたが、双葉の先端がやや黒ずんでいるのは多少の塩害を被ったものと思いますが、これから先に本葉が出るかどうかは数日で分かるものと思います。
121001typhoon4この他に畑の作物ではナス科の作物は塩害にはかなり弱く葉が塩菜状態になってしまいましたので、この先は葉も枯れて期待できないものと思います。  ジャガイモ長ネギは少し葉が傷み里芋も強風で葉が千切れましたが、これ等は比較的軽症でした。
バラはこれから秋バラのシーズンを迎えることになりますが、 やはり新しく芽生え始めてきた新芽はかなり痛手を受けましたので数日後が心配です。
121001typhoon8この他にイチジクはカミキリムシ対策用の防虫ネットを降ろしてありましたのでネットごと吹き飛ばされることはありませんでしたが、その代わり葉には塩害が発生しましたが、収穫もほぼ終わりを迎えていましたのでこちらは由としましょう。(笑
121001typhoon7ところでグリーンカーテンとして上手い具合に茂っていた葡萄の葉ですが、強風で枝が折れたり葉柄が長いことから強風で叩かれて傷んだり千切れて、すっかり青空が見えるようになってしまいました。
一房3粒だけのブドウはしっかりと残ってはいましたが、これでは来年も思いやられます。

何はともあれ起きて直ぐに太陽の光が畑の作物を照らす前に水洗いをすることによって塩害の影響を軽くすることが出来るということから、停電中でもあり121001typhoon6121001typhoon5550VAとそれ程大型の発電機ではありませんが、小屋から引っ張り出してきてガソリンを入れ始動させて自家水道用のポンプに接続して、野菜やバラ、庭木などに散水しましたが、果たしてどれだけの効果があるのか分かりませんが、ピーマンの葉は昼過ぎには黒く乾燥していましたので枯れ落ちるのを待つことになるかと思います。
停電は12時間も経過した朝の7時を回ったところで回復しました。

まだやっと強から10月に入ったところですので、これから先も暑かった夏の遅れから台風が幾つかやってくることが予想されますが、塩害を運んでくる雨なし台風だけはご遠慮願いたいものです。

| | コメント (6)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »