« 初夏の東北ツーリング ~中編~ | トップページ | ああ無残、台風4号 »

2012年6月13日 (水)

初夏の東北ツーリング ~後編~

さてツーリングも後半の4日目を向かえ、雨で1日延びたとはいえ遠野市から浜松までの約800kmを一気に走ることは体力的にも難しく、4日目は仙台経由で会津磐梯スカイラインを走ってからもう一日福島に宿泊してゆとりを持って帰ることにしました。

5月20日 (第4日目) 遠野から仙台、そして福島へ
120520touhoku1 前日は夜更かしをすることもなくぐっすりと眠れたこともあって朝5時前に目が覚めましたが、窓の外は白々と明るくなっており外に出るときょうも快晴で、写真では見たことのある朝もやが山並みにたなびく美しい光景を目にしました。
120520touhoku02朝早いこの時間に年配の方が田植えの準備をされていて一声掛けると手を休めてくれて暫くの間四方山話をしていましたが、前方に見えていた山並みの景色が大きく変化していることに気がつきました。  話を聞くとこの朝もやは気温が上がってくるとすっかり消えてしまうとのことで、一旦宿の戻ってから食事前に再び同じ場所に立つと今度はすっきりとした雲ひとつない美しい景色に変わっていました。
朝食を済ませて7時50分に宿を出発して、失礼とは承知していましたが予定通り事が進むかどうかの心配もあって、予め訪問することの連絡も入れてありませんでしたので、途中で携帯電話で連絡を入れご都合をお聞きしたところで、ナビを頼りに70Kmほど先のkimamaさんのお宅を目指して出掛けました。
今回のツーリングでは気温も20℃を下回らないということから120520touhoku03夏用のメッシュタイプのブルゾンで出掛けましたが、流石に遠野まで来ると朝方はやや冷え込みましたので宿で古新聞を貰い2つ折にして胸の部分に入れて走り事なきを得ましたが、流石に春の訪れが遅いのか山桜がちょうど満開だったのでバイクを止めてちょっとひと休み。
120520touhoku04出発してから1時間半足らずでkimamaさんのお宅の前にに到着しましたが、ここで少し戸惑ったのは県道沿いからご自宅に続く道(私道)は結構傾斜があってスロープも長く、その上に平らとはいえ大きな石を敷きつめた石畳の道で、いくらバイクに乗りなれているからとはいえ250kgもあるビッグバイクですから、途中で止まることもできず一気に坂道を駆け上がり平坦な場所で停車しましたが、ちょっと冷や冷やものでしたね。(笑
120520touhoku05県道側から見た道路の撮影しませんでしたので、先日掲載されたkimamaさんのブログの中に石畳道路の映像が掲載されていましたので写真の一部お借りしましたがこんな按配でした。
挨拶もそこそこにご主人がご自分で作られた屋敷の中の庭園を案内して頂き、この時の写真は数日前のブログに掲載したものをご覧頂くとして、この後はコーヒーを頂きながらご夫妻と積もる話に花が咲き時間の経つのも忘れるほどでしたが、これからのスケジュールもあり2時間程と短い時間でしたがおいとまをしました。

120520touhoku06kimamaさん宅から東北道の水沢ICに向かう途中の水沢バイパスを走っていると正面に焼石岳であろうか山並みには未だにの雪が残っていて、今回のツーリングで蔵王エコーラインの雪の回廊も行ってみたいところの一つに入っていましたが、メッシュのブルゾンではきっと寒さでぶっ倒れるんだろうなあなどと思いながら水沢ICから仙台に向かいました。
120520touhoku07仙台には昨日バイク2回目のトラブルとして、ヘッドライトバルブのロービームのフィラメントが切れていることがトンネルの中で気付き何とかハイビームで対応しましたが、夜間走行が出来ないことから再びレッドバロン(仙台市内には何と4軒も)に向かい購入しましたが今回は840円の出費でとどまりました。

店先を借りてバルブの交換を終えた時には既に1時半を回っており、120520touhoku08かねてから仙台ではツーリング仲間が必ずといって良いほど「牛タン定食」を食べに立ち寄る美味しい店があるということで、レッドバロンのお兄さんにその場所を尋ねると仙台駅が一番分かり易く、ここに行けば牛たん通りがあって、ここの120520touhoku09 「伊達の牛たん」という店がお薦めということで早速出掛けましたが、この時間でも列が出来ていて15分ほど待たされて、やっと「厚切り芯たん定食」(1,470円)にありつくことが出来ましたが、流石に天下一品で今まで食べていた牛たんは何だったんだろうというほど美味でしたね。(笑

お腹も出来たところで次に初日に行くことの出来なかった会津磐梯スカイラインを走ってから、今夜は福島泊まりで明日ゆっくり帰ることにして仙台を後にしました。
120520touhoku10福島飯坂ICで降りて2日前に通った見慣れた道路を走って初日に泊まった高湯温泉に向かうと、程なく会津磐梯スカイラインに入りましたが、少し前から雲が出はじめてきましたので猪苗代方面に抜けず吾妻小富士(1,707m)までのワインディングを楽しみましたが、吾妻小富士のすぐ麓まで来た時には何と西日が射してきました。
ここから福島市内に出て宿を探すのも面倒な話なので、2日目に泊まった飯坂温泉の赤川屋に携帯で予約をとり、夕食を途中で食べて宿に到着した時には既に7時半を回っていましたが、修理したヘッドライトの明かりで無事に到着しました。
この夜もたっぷりと金さん銀さん風呂や露天風呂温泉に入って、その後はしっかりと熟睡したことはいうまでもありません。(笑

5月21日 (最終日) 福島から浜松へ
120521touhoku1いよいよ今日で東北ツーリングも最終日、この日は随分前から早朝に金環日食が見られるということで話題になっており、朝起きて窓の外を覗くと厚い雲が一面に広がっていました。
諦めて朝風呂を浴びてから身支度を整え120521touhoku2 チェックアウトをしてから外で出発の準備をしていると既に時間的に金環食は終わっていましたが、何とあれだけ分厚かった雲の切れ間から日食用のグラスを使用せずとも部分日食を見ることが出来、それもデジカメで撮影することが出来ました。
こんなラッキーなことはないと思っていたのもつかの間、120521touhoku3走行前のバイク点検をしていると何かおかしい、良く見ると今回のツーリングでの3回目のバイクトラブル、リアタイアの空気が殆ど抜けていて何とか走行は出来そうなのでガソリンの給油をしながらガソリンスタンドに立ち寄るとチューブレスタイアであったことからパンク修理が出来るということで早速お願いをしました。
諺に「二度あることは三度ある」とはありますが、こんなこともあるもんだなあと思いながら1,500円の修理代を支払って9時にガソリンスタンドを出発しました。
ここからは時間もたっぷりあることから帰り道は東北道、東名高速のあちらこちらのサービスエリアに寄りながらのんびりと自宅に向かい、まだ太陽が西の空に輝いている4時半に無事5日間1,908Kmの初夏のツーリングを終えました。

何となく取り留めのない稚拙なツーリング紀行となりましたが、だらだらと大変失礼いたしました。

|

« 初夏の東北ツーリング ~中編~ | トップページ | ああ無残、台風4号 »

コメント

 沢山の貴重な写真を見せていただきました。
 バイクで無ければ 我々の旅行では行くことが まずない場所ばかりです。
 世界遺産に登録された平泉には 一度行ってみたいと思っていますが、地図を拝見すると、バイクなら一走り(は無理?)という感じがします。

 機械のことですから、トラブルはつきものですが、3度とは 今まででも めずらしいことでしょうね。
 やはり メカに精通していないと、メカ音痴者では遠出の旅は無理ですね。
 お疲れさまでした。

投稿: 菜園ブログ | 2012年6月15日 (金) 22時51分

遠野の朝もや写真、とても良く撮れていましたね。腕もよろしいのでしょう。すごく素敵です。山に居ても中々撮れません(笑)我が家の石だらけ驚かれたことでしょう。採石して売る地主さんも居るんですよ。幾らにもならないでしょうが・・・リアタイヤの破片は、もしや、うちの石の可能性が高いですが、それ以上の大事に至らず桑原くわばらです。牛たんも部分日食も逃がさず流石です。様々なアクシデントに遭いながらも本当に長距離の走行お疲れ様でした。粗末な持て成しで恐縮ですが御訪問ありがとうございました。

投稿: kimama | 2012年6月15日 (金) 23時50分

菜園ブログさん>
有難うございます。
バイクの一人旅は車での旅と違い勝手気ままで思うようなところに足が伸ばせますので、その点では大変素晴らしいと思っております。
でも今回のように3度も続くトラブルには少し参りましたね。

世界遺産となった中尊寺金色堂は簡単にこられる場所でもなく東北道の平泉前沢ICから僅か2Km程度と近い場所でしたが、写真を残すことも出来ないだろうし仙台での牛たんと会津磐梯スカイラインの方が金色堂よりも優先しパスをしてしまいました。(笑

投稿: waka3 | 2012年6月16日 (土) 09時16分

kimamaさん>
今回のツーリングの中でも遠野の朝の景色は到底こちらでは一生見ることの出来ない景色で、とても素晴らしい思い出となりました。

ご自宅に続く石畳道路は最初は本当に驚きましたが、あれほど大きく平らな石があるもんだと本当に驚きました。
パンクについては僅か6~7mmの先端が尖った鋭利な金属片で多分一般道で拾ったものだろうと思いますのでご心配なく、しかし走行中のパンクでなく幸いでした。

日食はもう少し早く厚い雲が通り過ぎてくれれば良かったのですが、それだけがちょっと残念でしたね。

投稿: waka3 | 2012年6月16日 (土) 09時30分

今回山の写真を何カットも載せて頂き楽しく拝見しました。遠野は未だ春の風景ですが、水田の向こうに見える山が、霧が立ち込めてやがて消えるスライド写真、綺麗に撮れていて清々しさを感じます。
少し山登りをやっている関係山のほうに目が行ってしまいます。焼石岳や吾妻小富士の山容が良いですね。
後編はボリュームがある内容で、充実ある旅だった事がよく分かります。トラブルも多かったりしましたね。
長距離ドライブお疲れ様でした。

投稿: 週末菜園人 | 2012年6月18日 (月) 21時25分

週末菜園人さん>
最後までご覧頂き有難うございます。
バイクの一人旅ですとついついあちらこちらと寄り道が多く、2週間も経過しますと歳を追う毎に写真と記憶のギャップで足跡を辿るのが難しくなってかなり長引いてしまいました。(笑

暖地の平野育ちの私では東北の山々は見るもの全てが珍しく新鮮で、残念だったのは蔵王の雪の回廊に行けなかったことでしょうか。

トラブルにも見舞われましたが、このようなことは初めての経験で、こんな時の車でしたら日本全国どこに行っても販売店はありますが、今回は全てラッキーでしたがバイクの場合は本当に心細くなりますね。

投稿: waka3 | 2012年6月19日 (火) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の東北ツーリング ~中編~ | トップページ | ああ無残、台風4号 »