« 初夏の東北ツーリング ~後編~ | トップページ | 夏野菜の苗をかろうじてゲット »

2012年6月20日 (水)

ああ無残、台風4号

まだ6月というのに台風4号が和歌山に上陸した後で本土を縦走しながら宮城沖に抜けて行きましたが、皆様には被害はありませんでしたでしょうか。

通常、6月の高気圧はあまり強くないことから台風は高気圧の縁を弧を描くようにして日本の南海上を東進するのが通例で本土上陸といった例はあまりみられないようですが、今回の台風4号は日本の南東海上に強い太平洋高気圧が大きく張り出したことにより台風の進路が押し上げられて本土上陸となったようです。
今回の台風は上陸後に浜松の西20数Km先を東北東に通り抜けて行きましたが、台風の東側の120620typhoon0風には台風の進行するスピードが加算されることから、暴風が吹き荒れて上に向かって伸びている作物で支柱に結束できない芯芽の部分は全て引き千切られて無くなり、海から運ばれてきた潮風も降雨量が少なかったこともあって洗い流されなかったことからでしょうか、葉が黒くなって萎れたような顕著な塩害の兆候が見られ、これから本格的な収穫を迎えようとしている成長過程の野菜には大きな打撃となりました。

胡瓜は蔓の先端が千切れてしまったり葉も黒く萎れたような状態で、120620typhoon3120620typhoon1茄子やピーマン、獅子唐などは大半の脇枝が根元部分から吹き飛ばされて残った枝にも葉は殆どなくなってしまいましたのでこれからの成長と収穫は期待できないものと思われます。  
120620typhoon5120620typhoon2坊ちゃんカボチャは例年のように吊るし棚方式としたことから折角大きくなりかけたものが落ちてしまたり、葉もかなり痛んでいますので収穫までどうなることやら心配です。  トウモロコシは幸いにも前日にしっかりと支柱での補強をしたことから倒れることは防げましたが、途中から折れたり千切れたりしたものも出てしまいました。
この他にも何種類かの作物の葉が痛んだり茎が折れたり、庭のバラも可愛そうなほど葉がなくなってしまい花蕾も吹き飛ばされたりと無残な姿です。

中玉のスタピストマトが6月5日からの収穫を皮切りに、夫々のトマトも順調に収穫が始まりましたが、今回の台風ではトマトが一番被害が大きかったように思います。  
120620typhoon6何といっても雨による玉割れの著しい中玉トマトに雨避けトンネルを施しておきましたが、台風の前にビニールシートを外しておけば良かったのですが、そのままにしておいたことからビニールが引き千切れて支柱も完全に倒壊してしまいましたが、幸いなことは倒壊によるトマトへの影響は全くなかったことでしょうか。  
120620typhoon7トマトの中でもサンマルツァーノは果梗(かこう:果実のつく柄)部分が弱いのでしょうか、既に6段花房まで着果していましたが写真以外にも大半が落下して小さなものは吹き飛ばされ、葉も他の品種に比べ大変弱いことから殆ど葉が塩害を受けて萎れていました。
この点では大玉の露地ゆかたは殆どトマトが落下することもなく、葉の傷みも比較的に軽度でしたので、こちらはあまり問題はなかろうと思います。
120620typhoon8さて、2本仕立てにチャレンジした中玉のスタピストマトについてですが、どうやら最後まで観察が出来なくなってしまいました。
というのも既に6段花房は着果がかなり進んでいて6段花房も開花していましたが、5段花房の上辺りから強風にあおられて全て茎が折れてしまい、更に写真でも分かるようにかなりの数のトマトが落下したり、花房ごともぎり取られたものもあって、3段花房から上の正確な観測が出来なくなってしまいましたのでこれは次の機会にでも実施することにしたいと思っております。

台風4号に引き続き5号が明日辺りには再び日本に向かって進んできているようですが、こちらは熱帯低気圧となりそうですので一安心といったところでしょうか。
  

|

« 初夏の東北ツーリング ~後編~ | トップページ | 夏野菜の苗をかろうじてゲット »

コメント

waka3さんこんにちは
写真見て驚きました。何とお声がけしていいのか・・・塩害というのもあるんですね。トマトやナスや坊ちゃんやら痛々しい姿を見ると丹精込めて作ってはったやろうに涙がこぼれます。早く立ち直ってください。ずっとブログで応援してます。大阪は強風にあおられましたがお陰様でほとんど無事でした。

投稿: 「夢菜園生活」管理人 | 2012年6月21日 (木) 08時57分

「夢菜園生活」管理人さん
ご心配頂き有難うございます。
通常なら潮風が吹いても雨さえ降っていれば、葉や茎などを結構洗い流してくれますのでそれほど問題にもなりませんが、今回の台風4号の通過時には殆んど雨がやんでいましたので、余計に被害が大きくなったようで私も朝起きて直ぐに車の洗車しておいたほどです。
今朝の新聞でも専業農家さんの作物の収穫に対する被害がかなり大きくなりそうだと写真入の大見出しで掲載されていました。
6月の時期に台風が本土上陸などと年々天候の異常現象化が現れてきているようですので、今年の夏の天候も大変心配になりますね。

投稿: waka3 | 2012年6月21日 (木) 13時36分

東北ツーリング何回も読ましてもらいました。途中下車でkimamaさんの所も覗かしてもらいました。それにしても、えらい遠くまで行ったんですね。

菜園やられましたね、浜松当たり温暖で野菜つくりには適していると思ったら塩害があるんですね。少しでも野菜が復帰出来ることを願っています。

投稿: くんぱん | 2012年6月21日 (木) 15時32分

くんぱんさん>
太平洋を南の間近に控えていて天気の悪い時は東南の風となりますから、風が強いと潮風を運んでくるという現象は致し方ないことで、特にテレビアンテナ等のようなアルミ部品の腐蝕は少し離れた市内の中心部に比べて早いのですが、作物に塩害がこれほどひどい被害となったのは過去にも殆んどなく、本当はこんなことって大変珍しいことなんですよ。   胡瓜など幾つかは新しい苗で再チャレンジしてみる予定です。

ツーリングはこれから先は体力的にあまり長距離も出来なくなってきましたので、今回はかなり無理をして見ました。
そろそろ家内からもいい加減に歳のことを考えろとイエローカードは出されて入るんですけどね。(笑

投稿: waka3 | 2012年6月21日 (木) 15時53分

や~。。あんな凄く良い出来だったのに・・申し上げる言葉もないです・でも?何とか植物の逞しさで立ち上がってくれないでしょうか?・雨が降ってなかったんですか?。。関東は最初は雨でその後、夜半入って時折ドン!と物凄い風で・ですが夜の蛾除けにベランダに、細かい網を張ってあったのが好をそうし無傷だったです・・生長の頂点の脇芽から復活してくれないかしらね~何とか持ち直してくれる事を願ってます。

明日から又、雨が降るようで・・この豪雨や長雨が有ると決まって地震で、aiは心配に。。今日も地震が有りましたが・地面下深い所で動きを感じました・・三陸だけじゃなく千葉も地盤沈下してると・となると?関東の東側全域が沈下しているの?満潮時困りますね?・日本海は反対に隆起して、列島を平らにすると斜めになっているって事かな??・何方も、とにかく酷い雨の後は、地震に要注意ですね?

投稿: ai | 2012年6月21日 (木) 16時08分

aiさん>
今夜は熱帯低気圧となった台風5号崩れが今度は大雨をもってやってくるようですが、塩害から2日も経過しましたので洗い流してもらうというのも既に期待できないことかと思います。
特に新しく出掛かっていたような柔らかな芽は特に掩蓋の被害を受け易いことから、これから出てくる芽があれば別ですが、茎までやられていますので殆んど復活は叶わないことかと思います。

港悪天候が続くとあちらこちらで山崩れなどの被害も出易く、これで地震でも来ると手が付けられなくなってしまいますので地震様にはじっと静かにして頂きたいものですね。

投稿: waka3 | 2012年6月21日 (木) 16時37分

 農作物の塩害は始めて拝見しました、ひどいものですね。
 根の方は元気そうですから、その内に新芽が出て復活するように 祈りたいです。

 写真を拝見しますと、トマトの雨除け屋根のフレームが途中で折れ曲がっているようですが、土に差し込んだ支柱の穴の様子を見ると、ゆらゆら揺られて折れたのではなく、突風による一撃で倒されたように見えます。 あの太さの鉄パイプが一撃で折れ曲がる風の強さは、想像するだけでも恐ろしくなります。

投稿: 菜園ブログ | 2012年6月21日 (木) 19時56分

菜園ブログさん>
昨年の超大型台風15号(945hPa)が浜松を直撃した時には雨と一緒に上陸しましたので塩害は全くといって良いほどありませんでしたが、今回の台風はとんでもない置き土産を残していきました。
葉の付け根部分の新芽が伸びてくる個所を良く観察してみましたが、出掛かっていた新芽はことごとく塩害に襲われて枯れたようになっていますので、多分新芽に対する期待は殆んどないのではと思っています。

トマトのトンネル掛けをしたフレームは薄い金属パイプにビニールをコーティングしたネブシ竹を使用していますので、強度的には曲がりに対してとても弱いので強風にはそれほど耐えられないと思います。
但し、雨避けのビニールシートは簡単に取り外せたにも係わらずにそのままにしておいたため、取り外してあったならこんなことにならなかったと今更ながら後悔しております。
しかし良い経験をしましたので次回にはこの経験を活かすことは出来そうです。

投稿: waka3 | 2012年6月21日 (木) 22時10分

ご無沙汰してます。珍しいコースの台風でした。拝見しますと甚大な被害ですね、潮風が吹きましたか?。防風ネットを検討されると良いのではないでしょうか。
 当方は幸いにも、良い雨でした。頂いたスタピストマトは順調に成長しています。
 カボチャやスイカは収穫を始めました。スイカは糖度が15,4度、大玉トマトは8.8度です。スタピスは今、3段目が大きくなりつつあります。
 これからが、夏野菜に本番ですね。がんばりましょう。

投稿: tenmanky | 2012年6月22日 (金) 20時32分

tenmankyさん>
今回の台風の塩害は雨の無かった台風ということで、野菜はもとより木々の葉にも被害をもたらし、銀杏並木やケヤキ、桜の木など等と葉が茶色になって見るからに哀れなほど枯れ木状態となりました。
メッシュの細かい防風ネットでも使用すれば多少の効果は出たものと思われますが、過去に経験もしたことの無いような台風のためにかなりの投資をしても採算の合わない野菜となってしまいますので、ここまでは考えられないですね。

トマトやカボチャは多少の被害は出ましたが、何とか収穫は続けられそうですし、被害の出た野菜の代替の苗は入手できましたので多少遅くなりますが、この時期の成長は早いことからしばしの我慢だと思っております。

投稿: waka3 | 2012年6月23日 (土) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初夏の東北ツーリング ~後編~ | トップページ | 夏野菜の苗をかろうじてゲット »