« 東北ツーリングから帰って | トップページ | 初夏の東北ツーリング ~前編~ »

2012年5月29日 (火)

2本仕立てトマト Part-2

2本仕立てのトマトの記事をアップしてから120529tomato1今日でちょうど15日が経過しましたが、まだ青々としたトマトも2~3日前から赤くなり始め、熟れ始めたトマトには雨が大敵で球割れが起き易く、特に中玉のスタピストマトは比較的果皮が薄いこともあって、この影響を受けやすいことから大急ぎで雨除けのためのトンネルを施しました。

さて、1本仕立てと2本仕立ての違いについてですが、今回は写真の左側に1本仕立て2本と右側に2本仕立て2本で写真撮影をしました。
主枝の伸びについては、この半月で1本仕立てが25cm120529tomato22本仕立てでは21cmと矢張り1本仕立ての方が優勢のようで、開花と着果状況についても1本仕立の現在の開花状況は5段花房はほぼ全てが開花し既に着果も始まっており6段花房が開花し始めておりますが、2本仕立てについては5段花房は開花はしていますが着果はこれからで6段花房はまだ開花が始まってはおらずやや差が出ています。
着果の状況については写真説明でお分かりいただけるかと思いますが、2段花房までを比べてみますと2本仕立てについては2段花房の左右の個数は1本仕立てに比べ一房あたりでの着果数は劣りますが、左右の合計数では1本仕立てを上回っていました。
120529tomato3ここで果径の状況についてですが、1本仕立てと2本仕立てでは今のところ全体的な比較としてはそれ程大きな違いはないように思いますが、3段花房から上では着果数と果径の大きさでやや違いがみられ、1本仕立ての方が今のところではやや有利なように見受けられますが、2段花房までの比較だけで見た場合には、どうやら2本仕立ての方に軍配が上がったことになります。
この先6月に入って更に成長は進みますが、露地栽培では過去に収穫できた花房の段数は8段が限度で、8段花房には思うような大きさのトマトの収穫は難しくなりますが、今の樹勢から考えると2本仕立ての方はこの点では1本仕立てよりも劣るのではないかと思います。
この先収穫したトマトの重量によるカウントは面倒ですので実施はいたしませんが、Part3では3段花房以降の着果状況、Part4では最終段階(6段花房以降)での成長を纏めてみたいと思います。

このところ大気の状態が不安定で、全国各地でにわか雨や雷雨そして雹が降るといった悪天候が続いていますが、今日も夜になってひとしきり大粒な雨が降りましたが今は静かで雨もやんでおります。  どうも今年の夏の天候も本当に心配です。

|

« 東北ツーリングから帰って | トップページ | 初夏の東北ツーリング ~前編~ »

コメント

waka3さんこんにちは
トータルでは2段花房までは2本立ての方が軍配ありか。問題は3段以上どうなるかですね。パート3になんだかワクワク。うちのフルティカ、サターン、とりあえず今年は一本立て。凜々子は3本立て(そうしろってカゴメが言ってる)です。

投稿: 「夢菜園生活」管理人 | 2012年5月31日 (木) 14時13分

此処で失礼します:長旅の疲れ、菜園の世話・・一段落されました?普通に青森まで、往路1200なので・大分アチコチ見て来られたんですね?・キロ数もですが?様々見られて精神部分も加わって年齢とだけは言えないかも知れませんよ?(疲れ
前回の2本立てトマト見て・aiもしようかな~とでも?プランタ菜園では欲ばらない方が?と、但し、後から下部分から脇芽が出たなら伸ばしてみようかな?と思ってます・・ミニトマトなので。。ワサワサなってしまうかと?
この所の強風、雷、雹等不天候には振り回されてしまいますね?飛び物を出さないよう常に注意する日々でした。

投稿: ai | 2012年5月31日 (木) 14時16分

「夢菜園生活」管理人さん>
現場では着果数だけでいえば1本より2本の方が有利なようですね。
しかしこの先2本仕立ての樹勢がどのようになるかがKeyになるような気がします。

4段花房は何れも開花していますが、2本仕立ての方は花柄がやや貧相な気がしますので着果と果径肥大が劣りそうな気もしますが、まだこの先どのように変化していくのかは今のところ予想が出来かねております。

投稿: waka3 | 2012年5月31日 (木) 22時15分

aiさん>
4日目に遠野市からkimamaさんのお宅に向かう道中と帰りに水沢ICに向かう道中が山間部でもあったことからバイクで走るにはとてもスリリングな道路で、更にその日に走った会津磐梯スカイラインがこれまたうねりくねった道路でしたが、無料化になったことからかなり道路が荒れていて、疲れも溜まってきた4日目の走行にはかなり体力的に応えたように思います。(笑
今回は今迄では考えられなかったバイクのトラブルが3回も起きたことも気力と体力への影響として出たような気がします。
でも4~5日ですっかり体調も戻って元気にしておりますのでご安心ください。

ミニトマトの場合には例えプランター栽培であったとしても複数本仕立てが一般的のようですので、早めに試されるのも良いのではないかと思いますが如何でしょうか。

投稿: waka3 | 2012年5月31日 (木) 22時34分

 Part 2 は写真付きで、ご丁寧なレポートをいただきよく分かりました。
 過去の実績を見ましても、梅雨明け(7/20頃)以降は裂果が多くなりますので、ここまでにどれだけ収穫出来るか?の勝負ですね。 
 うちの辺りの気候条件では、節分明けに種を蒔いて、4月の第一週に定植して、8段目がせいぜいです。大玉トマトの場合、1段に4果着けるとして一株当り30個と言ったところでしょうか?
 今日 一本仕立てと二本仕立ての中玉トマトの一番果を 一個づつ収穫しました。 個数と重量を記録しておきます。

投稿: 菜園ブログ | 2012年6月 1日 (金) 00時07分

菜園ブログさん>
少し遊びが過ぎたようで、ちょうど赤くなり始めた時に何とか雨避けのトンネルが間に合い、取り付けた夕方に西の空から真っ黒な雲が覆いはじめて凄い降りになりました。
後2~3日もすれば今のところ裂果の見られない最初の熟れたトマトの収穫が出来そうです。
摘芯についてはトンネルの高さとの関係もあって8段花房はあまり期待できませんので、状況を見ながら多くは7段花房で敵芯することになるのではないかと思っておりますが、この辺も後日のブログで紹介したいと思っております。

投稿: waka3 | 2012年6月 1日 (金) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北ツーリングから帰って | トップページ | 初夏の東北ツーリング ~前編~ »