« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

2本仕立てトマト Part-2

2本仕立てのトマトの記事をアップしてから120529tomato1今日でちょうど15日が経過しましたが、まだ青々としたトマトも2~3日前から赤くなり始め、熟れ始めたトマトには雨が大敵で球割れが起き易く、特に中玉のスタピストマトは比較的果皮が薄いこともあって、この影響を受けやすいことから大急ぎで雨除けのためのトンネルを施しました。

さて、1本仕立てと2本仕立ての違いについてですが、今回は写真の左側に1本仕立て2本と右側に2本仕立て2本で写真撮影をしました。
主枝の伸びについては、この半月で1本仕立てが25cm120529tomato22本仕立てでは21cmと矢張り1本仕立ての方が優勢のようで、開花と着果状況についても1本仕立の現在の開花状況は5段花房はほぼ全てが開花し既に着果も始まっており6段花房が開花し始めておりますが、2本仕立てについては5段花房は開花はしていますが着果はこれからで6段花房はまだ開花が始まってはおらずやや差が出ています。
着果の状況については写真説明でお分かりいただけるかと思いますが、2段花房までを比べてみますと2本仕立てについては2段花房の左右の個数は1本仕立てに比べ一房あたりでの着果数は劣りますが、左右の合計数では1本仕立てを上回っていました。
120529tomato3ここで果径の状況についてですが、1本仕立てと2本仕立てでは今のところ全体的な比較としてはそれ程大きな違いはないように思いますが、3段花房から上では着果数と果径の大きさでやや違いがみられ、1本仕立ての方が今のところではやや有利なように見受けられますが、2段花房までの比較だけで見た場合には、どうやら2本仕立ての方に軍配が上がったことになります。
この先6月に入って更に成長は進みますが、露地栽培では過去に収穫できた花房の段数は8段が限度で、8段花房には思うような大きさのトマトの収穫は難しくなりますが、今の樹勢から考えると2本仕立ての方はこの点では1本仕立てよりも劣るのではないかと思います。
この先収穫したトマトの重量によるカウントは面倒ですので実施はいたしませんが、Part3では3段花房以降の着果状況、Part4では最終段階(6段花房以降)での成長を纏めてみたいと思います。

このところ大気の状態が不安定で、全国各地でにわか雨や雷雨そして雹が降るといった悪天候が続いていますが、今日も夜になってひとしきり大粒な雨が降りましたが今は静かで雨もやんでおります。  どうも今年の夏の天候も本当に心配です。

| | コメント (6)

2012年5月25日 (金)

東北ツーリングから帰って

17日に福島県の高湯温泉に集結したOB会定例のツーリングに参加して、翌日の朝にメンバーと別れてから仙台を経由して昨年の3月11日の東北地方太平洋沖地震による津波での被害が大変大きかったという三陸海岸地帯(特に石巻から南三陸町、仙台そして陸前高田までの海岸線)を回って、今後予想されている東海・東南海地震のこともあって、我が家も海岸線から僅かに1.7Kmということもあり、TV報道等による知識だけではなく実際にどれ程大きな被害であったのかを自分の目で確かめることを目的として一人旅を計画しました。
ところが出発の3日前までは予定した期間中の天気はsunマークのみで快適なツーリングが出来るものと思っていましたが、その後気圧配置の変化によって東北地方の2日目の天気予報は出発の2日前にcloudマークに変わり、出発前日にはとうとうcloud/rainとなってしまいました。
結果的には天気予報が的中して2日目はrainとなってしまい、降雨の中で三陸海岸地帯を走ることを避けることから天候が回復した3日目から走ることにしたことから4泊5日でのツーリングとなり21日に無事に帰宅したものの、5日間での走行距離も1,900Kmを越して連日の疲れが溜まったことと、特に上腕筋の筋肉痛などによってこの3日間ほどは無気力な状態が続き、矢張り年齢相応の走りをしなくてはいけないものだとつくづく反省をしております。(笑
今回のツーリングは遠方でもあり度々訪れることも難しいことから、120525touhoku出来ることなら折角の機会でもありこのブログにもお見えいただくkimamaさんのお宅にもお寄りしたいと考え、三陸海岸沿いの被災地を走った後で遠野市に宿泊し、翌日の午前中にご自宅にお邪魔して2時間ほどお会いする機会を得たことを付記しておきます。
写真はご主人に敷地内に池や小川を配した広い庭をご案内して頂きましたが、あちこちにとても配慮の行き届いた植栽がされていて、色とりどりの花々にも今までにブログで拝見させていただいた以上に感動そのものでした。

東北ツーリング紀行については未だ撮影してきた画像の処理もままならず、これから先に気力体力が戻ってきた段階でのんびりと気長に纏めることと致します。

| | コメント (8)

2012年5月14日 (月)

トマトの2本仕立て

ここに来てやっと平年並みの気温に戻りましたが、120514celeryそれにしても4月後半からの異常な気温の上昇の影響を受けたことからでしょうか、一ヶ月ほど前に1鉢60円で購入して植えつけておいたセロリの苗が順調にぐんぐんと育ってきました。
これならば種からの栽培も面白いのではないかと思っています。

一昨年だったでしょうかトマトの2本仕立てを菜園ブログさんが実施されたことをブログで拝見し、その後すっかり忘れていましたが今年は6本植えつけたうちの2本中玉のスタピストマトでチャレンジをしてみました。
120514stupicetomato写真では3本のスタピストマトが写っていますが、左側2本が1本仕立てで右側が2本仕立てとしたものです。
株元から立ち上がった部分で主枝の太さは何れの仕立て方法でも差はありませんが、2本仕立てとしたものは分岐した部分からの上の太さではやや細めで、樹高ではハッキリと10cm以上の差が出ています。 
更に一段花房に着果したトマトの大きさですが、写真では少し判りにくいかもしれませんが、1本仕立てとしたものの方がやや大き目なサイズで着果数も2~3割方多めで、もう一つの大きな違いは1本仕立てのものは既に3段花房まで着果が進んでいて4段花房が開花し始めていますが、2本仕立てのものには3段花房は着果の段階にまでには至っておらず、4段花房は花蕾の先端が黄色くなりはじめたところです。
これから先樹勢の管理が上手くいけば収穫の終える時期には、大きさや収穫数で果たしてどちらに軍配が上がるものやら、初めてのことでもあり興味深いところです。

昨年はが裏作だったようであまり多くの収穫が出来ませんでしたが、120514mikan120514kaki今年は結果母枝の成長が順調にいってそこから数多くの芽が伸びて花蕾(雌花)がたくさん確認できていますので、順調にいけばかなりの数の収穫に期待が持てそうな気がします。
この他にはミカンの青島4号の花も咲き、レモンの花蕾もだいぶ膨らんできました。

さて、昨年は遠距離ツーリングをする機会に恵まれませんでしたが、この17日に福島の高湯温泉に集結するOB会のツーリングに参加してから久し振りにのんびりと3~4泊しながら楽しんでこようと思っております。

| | コメント (6)

2012年5月 8日 (火)

薔薇の季節がやってきた

5月に入ってからも相変わらず25℃前後と昨年の今頃に比べて気温が上昇傾向で、そんなことからでしょうか冬の時期の寒波による梅や桜の開花が2~3週間も遅れたことが嘘のように例年と同じ時期にバラの花の開花が始まりました。

120508bara今年の最初は例年同様に4月27日に蔓バラのカクテルが開花して、その後絵日傘、ダブルデライトと続き、5月に入ると気温上昇の影響でしょうか一気に花蕾が膨らみはじめたと思っていたところ、昨日と今日の2日間で6種類ものバラが次々と開花し今まで寂しかった庭が随分華やかになってきました。
120508bara2120508bara1まだ開花していない3種類のバラを除いて、開花した花の順に掲載できる画像容量の関係で2枚のアニメーション写真にまとめてみました。   
残る3種類のバラも花蕾が見えていますので数日後には全てのバラの揃い踏みとなりそうです。

120504ninniku1昨年の9月20日に植付けをしておいたニンニクから5月になって白い小さな花を咲かせるための花芽が伸びてきたので、4日ほど前にニンニクの鱗茎を大きくするために120508ninniku2全て切り落としておきました。
今日試し採りをしてみたところ、既に手のひら大となっていて十分な大きさでしたが、鱗茎そのものにはやや水っぽさが残っておりましたので本格的に収穫が出来るのはもう少し先のことでしょうか。
120508lettuceこの他に1月末に播種したレタスも結球して大きくなってきましたが、この時期はレタスの成長が著しく、少し栽培本数を増やしてしまったこともあって数日前から食べはじめましたが、これから先も連日キリギリス状態となりそうな感じがいたします。(笑

| | コメント (10)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »