« ぶどう(巨峰)の植付け | トップページ | 変わり果てた月下美人 »

2012年3月20日 (火)

寒緋桜とクリスマスローズ

春到120319hikanzakura1 来とはいえ、今年は各地でも梅や桜の開花が3週間も遅れるといったおかしな陽気が続き、我が家の寒緋桜も昨年の春は2月19日でしたが、今年の最初の開花は3月12日と22日の遅れでしたが、ここにきてやっとほぼ満開に近い開花となってきました。
植えつけてから今年でやっと3年目を迎えたということもあって樹高はまだ2m足らずのやっと私の背の高さを越した程度で、幹の太さもいまだに3cmにも満たず細く頼りないことから花の数も多くはありませんが、それでも昨年よりはかなり花の数も増えております。
寒緋桜の花は普通の桜の花の同じように120319hikanzakura3120319hikanzakura2花びらの大きさはほぼ変わりありませんが、花開した時に花びらがピンと外に向かって大きく開かずに釣り鐘状に咲くことから花そのものは普通の桜に比べ少し見劣りすることは否めませんが、一年毎にに増え続けていく枝で今年は花蕾をつけなかった枝も翌年には結果枝となって花蕾をつけて、2~3年先には木の高さも伸びて幹も太り更に花数が増えることによってかなりの絢爛豪華な姿を見せてくれるものと思っております。

今年で3~4年くらいは経過したでしょうか、殆ど手入れを入れることなく放置しておいたクリスマスローズ(2種類で品種は不明)ですが、ネットで確認したところ『新たな葉が動いて生長をはじめる11月~1月頃に今まで付いていた古葉をすべて付け根から切り落とすと充分に株元まで日が当たり、そうすることで花芽が上がりやすくなる』と書かれていたので、昨年の11月終わり頃に古い葉を切り落としておきました。
120320christmasrose これが功を奏したのでしょうか、2月の初めには新しい葉や花蕾の付いた花柄が伸びて最初の花が2月20日頃に咲きました。
その後次々に花が咲きはじめて今になって残り少しの花蕾の他、こちらもほぼ満開となってきました。
それにしても庭の片隅の目立たない場所でちょっと可愛そうな気もします。

おっと、写真は地震で出来た地割れではありませんよ。(笑
120320jagaimo3月1日に植付けをしておいたジャガイモ(きたあかり)ですが、ここにきて土の中で芽が動きはじめて畝の植えの方に地割れが出来はじめてきました。  この先は多少冷え込むような日はあるようですが、霜の降りる心配はありませんので後は発芽を待つのみです。

|

« ぶどう(巨峰)の植付け | トップページ | 変わり果てた月下美人 »

コメント

春の便り有難うございます、まだ寒い此方から見れば暖かさが伝わってくるようです。ジャガイモの地割れ、初めてジャガイモ栽培したとき、物凄く感激して、一眼カメラでバチバチと撮りまくりました。ジャガイモの種芋はまだダンボールの箱に入って玄関に置いてあります。

投稿: くんぱん | 2012年3月21日 (水) 04時34分

くんばんさん>
春分の日も過ぎ、この辺りから寒さも一気に緩んでまいりますが、ジャガイモは特に霜などによってあっという間に枯れてしまいますので、そちらではもう少し先のことになるのでしょうね。
4月に入れば花桃の便りも少しずつ聞かれるようになろうかと思いますが、毎年那智村の花桃の里に足を伸ばしていますが、今年は花桃の開花も梅や桜などと同様に少し遅れるのでしょうか・・・。

投稿: waka3 | 2012年3月21日 (水) 10時13分

お陰さまで緋寒桜の花びらまで拝見出来ました。年々木が太って見応えして来ることでしょう。我が家の桜の中では最後の頃に2,3輪見られるだけです。沖縄では一番に咲くのに、やはり寒さがダメなのでしょう。
クリスマスローズ御見事ですね。育て方に納得です。ひっそり咲くのも悪くないですよ(笑)かえって目だったりして・・・庭中にどんどん増やせそうですが、いかがでしょうか。
前記事の葡萄ですが、成長は早いのですねぇ。驚きました。

投稿: kimama | 2012年3月22日 (木) 17時09分

 どの写真も 春を告げていて、見ているだけでも嬉しくなります。
 先週 東伊豆に行って来ましたが、彼岸桜が丁度満開でした。
 これから 年々楽しみですね。

 クリスマスローズも見事な咲きっぷりです、このくらい揃って咲くと存在感があります。

 ジャガイモも元気そうですね、地中から盛り上がってくる勢いを感じます。 

投稿: 菜園ブログ | 2012年3月22日 (木) 18時08分

緋寒桜の花が春を告げてくれて、気持ちまで華やいで来ます。実は緋寒桜と彼岸桜の違いが分からないでいました。彼岸桜は以前から聞いていましたから名は分かっていましたが緋寒桜は最近聞かれるようになった気がします(知識がなかっただけかも)。
ネットで調べてみたら桜の種類等が分かり尚身近に感じてきました。
花桃の里の事が載っていましたが気になり調べてみました。素敵な所ですね。行って見たくなりました。
染井吉野も間もなく開花しますが、桜の奥深さを知る旅をしたくなりました。

投稿: 週末菜園人 | 2012年3月22日 (木) 21時51分

kimamaさん>
緋寒桜はまだまだ見応えはそれほどありませんが、それでも今年は一つの枝にかなり集中して花蕾が付きましたので一際目立つ存在となりました。

最初は僅かなものでしたが今ではこれだけに増えましたが、クリスマスローズの繁殖力は結構旺盛なんですね。
これ以上増えますととても管理が出来なくなってしまいます。(笑

投稿: waka3 | 2012年3月22日 (木) 23時03分

菜園ブログさん>
もう少し以前に緋寒桜を植えておけば良かったといまさらながら悔やみますが、もう2~3年もすれば少しは見応えも出てくるのではと今から期待しております。

ジャガイモは更に土も持ち上がって割れ目から芽が少し見えかかってきました。
来週の中頃からは気温もかなり上がってくるようですので、これから野菜も一気に生長してくるものと思います。

投稿: waka3 | 2012年3月22日 (木) 23時14分

週末菜園人さん>
桜の中でも緋寒桜の花びらの色が一番濃いのではないかと思います。
河津桜は緋寒桜と大島桜の交配種ということのようで、このためかと思いますがかなりピンク色の濃い花びらですが、緋寒桜とは矢張り比べようがないように思います。

那智村の花桃の里は何種類かの花桃が一気に咲き誇ってとても見応えがあります。
信州蕎麦を食べながら是非一度お出掛けになってみてください。
これからは桜だけでなく、少し足を伸ばしながら色々な花を楽しむことが出来ますので忙しくなりますね。(笑

投稿: waka3 | 2012年3月22日 (木) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぶどう(巨峰)の植付け | トップページ | 変わり果てた月下美人 »