« 秋の大阪・京都巡り ~1 | トップページ | この時期の野菜 »

2011年12月 7日 (水)

秋の大阪・京都巡り ~2

2日目は前日の好天気とは対照的に夕方には雨模様との予報で青空はありませんでしたが111201touji 傘の準備までは必要もなく、朝起きて朝食を済ませチェックアウトをする前に家内から今回の旅行で立ち寄りたいとの希望もあって、ホテルから歩いて15分ほどのところにある東寺に出掛けました。
この東寺は唯一残る平安京の遺構で創建からおよそ1200年程も経っているそうで、東寺の本尊はあらゆる病から守ってくれるという薬師如来とのこと、お近くの方でしょうか早朝から多くの方々のお参りしている姿を随所に見掛けました。
金堂の広大な空間の中には本尊の薬師如来像と両脇には日光菩薩、月光菩薩の両脇侍像が安置されていました。  少し残念だったのは庭園のもみじが真っ赤に紅葉していましたが、この時点では太陽がなく見映えがしなかったことでしょうか。

111201dematifutaba9時半過ぎにホテルを出発して最初に京都でも評判とか、出町柳駅の近くにある京の生菓子店の出町ふたばに立ち寄ってみました。  評判通りここも早朝から店の前には人が並んでいて10分ほどでしょうか待たされてから消費期限が本日中ということから豆餅を4つだけ購入してきましたが、この後の市内見物の途中に食べてみたところ、こし餡を包んだ真っ白な餅皮に塩味のきいた赤豌豆が入っていて大変美味しく頂戴しました。

9時半を回った頃からどんよりしていた空には青空も見えはじめて日が射しはじめ、今回の旅の目的の一つでもありました次の目的地の北野天満宮に向かいました。
と言いますのも、来年一番上の孫がいよいよ高校受験の年となり大変頑張って市内でも有数の学校を目指しているようでいるようで、ここは爺婆馬鹿の出番ということで学問の神様の菅原道真公にお縋りをしてまいりました。(笑
社殿に上がって宮司のご祈祷を済ませ絵馬に願い事を書いて、絵馬の掛け処に行きましたがもの大変な数の絵馬が吊るされているのにも驚きました。
111201tenmangu この北野天満宮にも秀吉の偉業が残されていたのは御土居で、これは長い戦乱で荒れた京の都の土地改革と外敵の来襲の備えの他に鴨川の氾濫から守るために作られたものだということですが、現在では取り壊されてあまり見ることもできないようですが、北野天満宮のもみじ苑の中に残されておりました。
もみじ苑の紅葉はちょうど今が見頃でしたが、パラパラ写真はこのブログの1Mbt規制でサイズを縮小する羽目となりましたので、ここでの紅葉があまり良くお見せできませんが、快晴であれば更に素晴らしかったものと少し残念でありました。

111201nijoujou 今回の最後の立ち寄り先は昨年のNHK大河ドラマ「竜馬伝」にも登場した二条城に出掛けました。  ここでは土佐藩の建白を受けて徳川慶喜によって最も格式の高いといわれる大広間一の間・二の間に上洛中の重臣を招集し、大政奉還を諮問されれたという二の丸御殿を見てきました。
ちょっとビックリしたことは、ここでは二条城ウエディングといった結婚式が出来るようですね。  この日の結婚式はなかったようですが、世界遺産の二条城の商魂たくましさにはちょっと驚きましたが、この建物って国の所有物ではありませんでしたっけ?(爆

幸い2日目も全く雨の心配はなく観光中は青空も見えるような天気に恵まれ、二条城を後にした時に2時を回っていましたが帰宅するには少し早かったので、ここから最後に土産を求めながら嵐山を回って今回最期の紅葉を楽しんでから、名神高速道路の京都南ICより帰途は全線高速を使って無事に6時過ぎに浜松に戻りました。

|

« 秋の大阪・京都巡り ~1 | トップページ | この時期の野菜 »

コメント

私にとっては、二条城以外行った事が無い所ばかりで、うなずく事とが多く又、微笑ましく映りました。大阪城は、城内の広場が松本城より広そうですね。実に綺麗でびっくりしました。生菓子店「出町ふたば」の人気は凄いですね。通りすがりの自転車に乗っているご婦人が写真に写っていますが横目で見ているのが印象的。それにしても美味しそうですね(甘党なので)。今年の紅葉は暖かい気温続きで長持ちしていますが、今日の冷え込みで冬がやってきそうです。

投稿: 週末菜園人 | 2011年12月 9日 (金) 21時26分

 東京での仏像人気は、昨年は阿修羅像でしたが、今年は密教仏像が がぜん人気トップでした。
 上野の博物館でも、東寺からの仏像が多数展示されていましたので、こちらでも拝観することが出来ました。

 出町柳の辺りは 毎日通っておりましたが、「出町ふたば」と言う店は憶えておりません。
 外食券が無いと定食も食べられなかった時代ですし、貧乏学生には 高級な和菓子店は目につかなかったのかも知れません。

 旅行写真の整理とネット掲載はお早いです。
 私なら半月かかってもまだ終りません、自慢になりませんが。

投稿: 菜園ブログ | 2011年12月 9日 (金) 22時52分

週末菜園人さん>
こちらも今朝は随分冷え込んで、とうとうパソコン机の下に足温器を入れました。  無論、まだこの部屋では他の暖房設備は使ってはおりませんが・・・。

松本城は私も出掛けたこ、とがありますが、大阪城に比べると大きさではかなり小さかったように記憶しています。
若き日の徳川家康が居城していた浜松城と比べると「月とスッポン」といった感じさえいたしました。

豆餅は確かにおいしかったのですが、消費期限が当日中ということで帰る途中に残った一つを食べた時には皮が既に固くなりつつありましたので土産物としては適していないようですね。

投稿: waka3 | 2011年12月10日 (土) 09時41分

菜園ブログさん>
仏像人気にもやはり流行はあるのでしょうか。 奇しくも私も昨年は興福寺の国宝館で阿修羅像を拝顔しました。

出町ふたばは刊行雑誌で知って昨年も出かけたのですが当日は定休日でしたので、今年もう一度チャレンジしてみましたが、朝8時からの開店で売り切れ次第閉店(本当かな?)だそうですが、確かに朝から人の列にはびっくりしました。

投稿: waka3 | 2011年12月10日 (土) 09時42分

つい最近までは12月でもあまり寒くなかったが、ここに来て朝晩寒くなりました。今日は北朝鮮の事で大きなニュースになっていますが、どんな動きになるんでしょうか!気になるところです。
ところでこの時期、WAKA3の所の畑は来年の準備を始めていますか?私は今年秋物の準備が出来なくて緑の野菜がありません。あるのは残りのサトイモ、ヤーコンぐらいです。せめて一つ位はと、ベランダでツタンカーメンの苗を作りそれを畑に移したぐらいです。1月か2月ぐらいから作れる野菜なんてありますでしょうか?

投稿: 週末菜園人 | 2011年12月19日 (月) 21時32分

週末菜園人さん>
ここにきて本当に急激に冷え込んできましたね。
どうしたことかここ4日間ほどパソコンのシステムファイルが破損か欠落したようでWindowsが起動しなくなってしまい青息吐息で何とかノートPCで対応はしていましたが、今日やっと修復方法が判って何とか動くようになりホッとしました。

さて畑作りですが、この冬には全くその作業については実施しません。
早くても来年の3月頃になって少しづつ伸び始めてくる雑草の除草作業をしながらやっと重い腰を上げながら作業に入るというところかと思います。
この冬の作業と言いますと、果樹やバラについては枝の選定作業の他に休眠期の作業として殺菌やカイガラムシなどの駆除のために石灰硫黄合剤やマシン油などの薬剤をを散布するといった程度でしょうか。
兎に角冬の間はのんびりしています。(笑

投稿: waka3 | 2011年12月20日 (火) 00時25分

豆餅の美味しそうなこと!!そこは随分流行っているようですが京都の和菓子ですと大きさは、やや可愛いのでしょうか。最近は一つで充分満たされるようになった私です(笑)
御土居は何と読むのでしょうか??やはり北野天満宮の絵馬の量は凄いですね。学問の神様に見守られ、お孫さんの実力発揮で来春は見事に桜の開花となることでしょう。楽しみですねぇ。二条城が結婚式場にもなるとは時代も変わったものですね。世界遺産で誓い合えば離れることはないかもしれませんが(笑

投稿: kimama | 2011年12月23日 (金) 21時34分

kimamaさん>
豆餅は旅雑誌に掲載されていて市内の中心街からかなり北の方に行ったところですが、朝からこれだけの人が訪れているとはちょっと驚きでした。
御土居は『おどい』と読みます。  辞書で見ますと土居=土を積み上げてつくった堤、土手ということのようです。
北野天満宮のご祈祷では途中で東大とか京大等と超一流校の名前が読み上げられていましたが、こちらも流石に凄いもんだとビックリしましたが、御利益の方ははてさて・・・。(笑

投稿: waka3 | 2011年12月24日 (土) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の大阪・京都巡り ~1 | トップページ | この時期の野菜 »