« 秋野菜の準備 | トップページ | 今年6回目の月下美人の開花 »

2011年9月 9日 (金)

秋野菜の準備 ~その2

先日の台風12号はまたまた各地に災害をもたらしていきましたが、その後は快晴の秋空が戻りまだまだ日中の気温は30℃を越す暑い日が続いています。

110903tamanegi先日は玉葱の苗床や長ネギ、ジャガイモの植え付けのための畑作りを済ませ、9月3日に玉葱の種の播種、長ネギの定植そしてジャガイモの植え付けを終え、その後プラグトレイにキャベツや白菜の種の播種も済ませひと段落つきましたが、Hatake この時期は夏野菜の後片付けや秋野菜の苗の定植やら、直蒔き野菜のための畑作り等々と忙しい日が続きますが、年々作業の煩わしさについつい怠け癖がつき作業が遅れがちとなりますが、今日はやっと重い腰を上げて今迄そのまま放っておいたトマトや胡瓜の他にオクラや薹立ちしたニンジン等の撤去をして、やっと家の南側の畑作りの作業を終えました。

生姜の収穫と生姜の佃煮

昨年は猛暑で不作だった生姜ですが、110909shouga15月に大生姜系の近江生姜の種生姜の植え付けを済ませた後、6月の発芽後に昨年の反省を踏まえて暑さ除けと土の乾燥防止のために昨年よりも稲藁を充分に施し、3日も天気が続いた時には夕方になって散水を繰り返したことによって、今年は大変良い出来に育ち新生姜の収穫が出来るようになりました。
今回の収穫では約800gほどありましたので、このなかから良く束子で洗ってから500gを使って、新生姜でしか味わえない生姜の佃煮を作ることにしました。
材料は生姜:500g 乾燥椎茸:5枚 昆布:8枚(幅;3cm、長さ20cm) 砂糖:200g 酒:80cc 味醂:80cc 醤油:150cc 胡麻:少々  くらいだったかな?!

椎茸と昆布は戻してから適当なサイズに切っておきます。
生姜は薄切りにして食べやすい大きさに切ってから灰汁をとることと辛みを逃がすために2回ほど煮てから笊にとっておきます。  
110909shouga2鍋に生姜、椎茸と昆布を入れて、ここで調味料を加え具材とひたひたになる程度にするためにあらかじめ用意しておいた椎茸を戻した時の煮汁を100ccほど加えて強火で煮込みます。
沸騰したら鍋に蓋をして中火で1時間半ほど焦がさないように注意しながら煮込むと汁が無くなってきますので、仕上がったところで胡麻を振りかけてこれで完成です。  生姜の佃煮はかなり時間を要することが玉に傷ですね(笑
生姜の佃煮は若干甘めに作った方が食べやすいと思います。  また、出来たものは小分けにパックして冷凍庫に入れておけば1年は充分に日持ちがするようです。

|

« 秋野菜の準備 | トップページ | 今年6回目の月下美人の開花 »

コメント

ショーガが「ポッ」としてる姿が可愛いですね~(*^_^*)・又、美味しく炊けたようで、其処にご飯と、お味噌汁が有れば・それだけで頂けそうdelicious・・畑片付けに行く心境がよく出てます・面白いですね~こんな画像も・思わず笑っちゃいました(__)
aiも。。例のボーボー状態の×2倍=半分も出来ませんでした。。又、涼しくなったら???(^_^;)

さ~明日は又soccer、中国戦が有りますね?北朝鮮とお隣県ですから、コレマタ!負けられない(笑)お祝いで月下が、咲いてくれるかな?・・そう言えば?男子は、どうなってたっけ??

投稿: ai | 2011年9月10日 (土) 11時55分

涼しい日があっても、今日は朝から気温が上がりました。土、日と雨などで畑作業が出来なくて気温を気にしながらも重い腰を上げました。WAKA3の畑は綺麗になりましたね。すっきりした所がスライド映像でよく分かりました。今日は綺麗にしようと頑張って見ましたが生え放題の草取りも気温が上がり途中でリタイヤ。しかし、鶴首カボチャの収穫は大きなのが取れ、これを大切に持ち帰りました。生姜の佃煮、いいですね。美味しそうでご飯が何杯でもいけそうです。時間と手間を惜しまず根気ですね。

投稿: 週末菜園人 | 2011年9月10日 (土) 20時41分

aiさん>
生姜の佃煮は昨年行きつけの種屋のお母さんに頂いたのが美味しかったので、今年はもう一度レシピを教えてもらい、若干我が家の味付けにアレンジしてみましたところ家内は少し味が濃いと言っていますが、私的にはとても美味しく出来上がりました。
特に酒のつまみには最高で、ご飯のおかずにももってこいだと思っています。  お近くならおすそ分けもできるのですが・・・。(笑

なでしこJapanには中国戦で有終の美を飾ってもらいたいものですね。
男子のW杯アジア3次予選は第1戦は北朝鮮で1-0で勝ち。 第2戦は先日ウズベキスタンと1-1の引き分けで、現在1勝1分けとなっており今年は10月に2戦、11月に2戦の後は来年1試合があって、ここで2位以内に入れば決勝リーグですからまだまだ先は長いんですよ。

投稿: waka3 | 2011年9月10日 (土) 22時52分

週末菜園人さん>
取りあえずは家の前の畑は終わりましたが、玉葱を植える家の西の畑は定植時期が10月中旬以降ということと、いまだに鶴首カボチャや落花生などが陣取っていますのでもっと涼しくなってからのんびりと畑作りをするつもりです。

そちらでも鶴首カボチャの収穫が出来始めたようですが、こちらでは残り2個の収穫が終わればすべて完了となります。
今年は当初予定していた数量を大幅に超えて全部で11個もの収穫となりましたので、嫁ぎ先探しで苦労しています。(笑

投稿: waka3 | 2011年9月10日 (土) 23時02分

 残暑厳しい中 着々と準備が進んでおられ羨ましいです。
 オクラはまだ いい花が咲いているので、当分は楽しめそうです。

 生姜の肌がきれいですね、土が違うのでしょうか?見るからに美味しそうです。
 佃煮もレシピを読むだけで これは美味しいだろうと思います。 残念ながら こんなにいい新生姜は手に入りません。

投稿: 菜園ブログ | 2011年9月10日 (土) 23時29分

菜園風ブログさん>
オクラは花オクラだけ畑の前の道路を通る方がいますのでそのまま抜かずにおきましたが、これは花以外は食用にはなりませんのでもっぱら観賞用です。

生姜は暑さに弱く乾燥にはもっと弱いようで、保湿管理が上手く出来ると柔らかな生姜が出来るようです。
但し、摩り下ろして食べる場合には水気が多く、今の時期では種用に植えつけておいたヒネ生姜の方が美味しいように思います。

投稿: waka3 | 2011年9月11日 (日) 09時41分

waka3んスライドショー良いですね、クリックしなくてすむし。夏野菜も終わって、秋野菜に移行しましたね、相変わらず綺麗な畑ですね。生姜の栽培を挑戦してみようかなー?冷凍保存で1年間OKですか。この間、タマネギ(ネオアース)と石倉一本ネギを播種しました。野沢菜、大根、漬物大根、白菜、今の所、順調に育っています。2~3日したら、イチゴの子株を畑に入れます。(紅ほっぺ200本)

投稿: くんぱん | 2011年9月12日 (月) 17時58分

くんぱんさん>
生姜の佃煮にはぜひチャレンジしてみて下さい。
お作りになられるなら生姜は三州生姜のような小振りなものではなく、大生姜を栽培されて下さい。  種生姜はタイ産のものが値段が安く一番出回っているように思いますが、この他には近江生姜やお多福生姜等の品種がありますが、私は近江生姜を使用しました。
味付けはネットで見たレシピよりも味見をしながらかなり変えてみましたが、思っていたよりも美味しく出来上がり、特に酒のつまみとしても最適で最初にタッパーに入れておいたものはあっという間になくなってしまいそうです。
冷凍しておいたものを昨日確認したところ完全に凍ってはいずに、冷たいまま食べてもとても美味しく是非お薦めしたい一品です。

この時期に石倉一本ネギを播種されたようですがずいぶん遅い種蒔きですね。  通常一本長ネギは3月中旬に播種し5月20日頃に仮植え、その後9月初旬に定植して11月頃から鍋のシーズンに間に合わせますが、この時期の播種ですと多分来年の夏の収穫となってしまうのではないかと思います。
私も石倉一本長ネギと同じ品種の金長3号ネギをつい先日に最後の定植を済ませたばかりでした。

イチゴの苗を200本ですか?!  
こんなにたくさん作られて出荷でもされるのでしょうか。(笑

投稿: waka3 | 2011年9月13日 (火) 08時46分

生姜の佃煮って一時間半も煮詰めていたのですね。う~ん凄いです。一年中重宝しそうでいいですね。手作りされるのが素晴らしいです。アニメーションで畑がすっかり整備されたのがよく分かりました。オクラはまだ採れたのではないですか。でもキャベツや白菜がスタンバイしているのですから無理もないですね。それに残暑が厳しくて日も詰まりましたから焦るお気持ちも分かります。

投稿: kimama | 2011年9月16日 (金) 21時24分

kimamaさん>
一昨年行きつけの種屋の奥さんから新生姜が出来たと言って作られた佃煮を頂き、その時の味が忘れられずに2年越しでMy佃煮が出来ました。
これから新生姜の出来た時の定番となりそうです。

夏の暑い時期は虫害が目立ちオクラは時期的にはまだ問題なかったのですが、あまりにもハマキムシが多く消毒もかないませんので早めの撤去としました。

投稿: waka3 | 2011年9月16日 (金) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋野菜の準備 | トップページ | 今年6回目の月下美人の開花 »