« 今年6回目の月下美人の開花 | トップページ | 台風以降の菜園の様子 »

2011年9月23日 (金)

台風15号が残した爪跡

今年になって東日本大震災をはじめとして、その後も異常なまほどの悪天候の影響によって河川の決壊や土石流による山腹の崩壊、そして家屋の倒壊や随所における道路の寸断と日本全土が異常なまでに揺れ動かされております。
今月初めに四国から中国地方に抜けて行った台風12号による影響も各地に大きな爪痕を残していきましたが、なんと何とこの21日には今度は台風15号が私達の住んでいる浜松に直撃するといったとんでもないお邪魔虫がやってきました。

幸いにも夜間帯ではなく昼の2時過ぎということで、110921typhoon1TV報道で刻々流される情報を聞きながらゆっくりと周りを観察しつつ台風の襲来を待ちましたが、1時半頃の上陸前でまだ雨も少なかった段階でブーゲンビリアの植えてあった鉢が先ず倒れて、その他の外にあった植木鉢なども次々に転がったり、クレマチス用の支柱フェンスが吹っ飛ばされたりと今迄の台風とはかなり違った感しでしたが、いよいよ浜松に上陸したという段階では瞬間最大風速が46mというアナウンスもありましたが、今迄に経験もしたことのないようなもの凄い雨と風で窓越しにまともに見てはいられない程で恐怖さえ感じました。

110921typhoon2 我が家の被害状況としては過去に台風が浜松に上陸したり近くを通過していったことも数回ありますが、被害状況としては今迄に経験した中では過去最大のものでしたが、ざっと写真のような具合でしたがこんなことは東日本大震災で被害を受けられた皆さんに比べれば極々小さな出来事なのでしょうがそれにしても怒りをぶつけるところもなく、再び繰り返えしやって来ることのないことを願うばかりです。
それにしても数日前に定植したキャベツはどこかに吹っ飛ばされ、白菜や大根も半分ほどが無くなり、長ネギは途中で折れたり曲がったり、楽しみにしていた秋ナスも花もちぎれ丸坊主になったりと今年の鍋物には影響が出そうです。
110921typhoon3 ちなみに地上7m程のところに取り付けてある折れ曲がったアンテナは梯子をかけて震える足で登り何とか無事に撤去を完了し、購入してきた地デジ専用の屋外室内兼用のアンテナH:20xW10cm(3,980円)に変えましたが、これからは大風による転倒の心配もなくお薦めの一品かと思います。(笑

台風が去った後から近くを見て回りましたが、110921typhoon4110921typhoon5110921typhoon6110921typhoon73軒隣のガレージの屋根が道路を隔てて飛んでいたり、いたるところで瓦が風で飛ばされたり、テレビのアンテナも倒れたりしていましたが、被害が甚大だったのはビニールハウスの被害で軒並み立ち並んでいるほぼ半数近くが倒壊していました。
ちなみにこのビニールハウスは海岸から防風林3つを隔てた場所で、私の畑のすぐ目の前にあるもので20棟ほどある全てが完全に倒壊していました。

|

« 今年6回目の月下美人の開花 | トップページ | 台風以降の菜園の様子 »

コメント

15号台風の進路は浜松よりwaka3の所が気になっていたところでした。通過が夜ではなく昼間でいくらか気持ちが?伊勢湾台風の事が頭の中で蘇りました。waka3んの所も被害が考えもしなかった失費になりましたね。
信州の方も雨風が強く、梨、りんごの落果、目の前の梨園の人から、落果した梨を収穫籠一杯の梨をいただきましたが、これ、処分するのに大変です。(甘味は最高です)畑のほうは、ヤーコンが南向きに倒れました。今朝も4時から歩き始めましたが、寒いこと、靴紐直すにも手がかじんで中々出来ませんでした。雲、ひとつ無い秋晴れとなっています。

投稿: くんぱん | 2011年9月24日 (土) 07時48分

くんぱんさん>
今回の台風にはいささか驚かされ、出費も何とか最小限で済みましたが、屋根の瓦が飛ばされたお宅が結構多くて業者が手が回らないようで未だに放置されたままのお宅を見かけます。
りんごや梨も今が盛りでしょうからちょっと強い風で落下してい舞うのでしょうが、こちらには次郎柿の里があってまだ今の時期は青いままですがそれでも随分叩き落されたと聞いております。

そちらではもう朝になると手がかじかんでしまうような寒さになるんですね。
来月は13~14日と久し振りに元の会社のリタイア組で作った総会を兼ねたツーリングが各地から集まって上諏訪温泉でありますので、帰りにはビーナスラインを走って松本に回り、久し振りに少し遅いかもしれませんが赤そばの里にでも寄って帰ろうかと思っていますので、ひょっとしたらお邪魔させて頂くかもしれません。

投稿: waka3 | 2011年9月24日 (土) 18時46分

今回の台風15号の被害は全国にまたがり、米や果物栽培にも大打撃ですね。土砂崩れや津波で山に住んでも海辺に住んでも安心ではいられない状況があります。本当に困ったものです。仰るように天災は怒りをぶつける先もないですしね。アンテナHの情報は参考になります。体力には自信もお在りかと思いますが、どうぞ、後片付けはボチボチなさいますように・・・。あっ、我が家も今朝の外気は9℃で、昼夜の温度差が大きくなりました。

投稿: kimama | 2011年9月24日 (土) 21時32分

 浜松は海に面していますので、直撃されると被害が大きいですね。
 ビニールハウスの惨状は目を覆いたくなります。

 東京でも うちの農園がある辺りは やや高台になっていますので、都心部に比べて風当たりが強かった様です。
 台風の速度が50kmと早くなったので短時間でしたが、翌朝 農園の被害状況を見ますと、南西からの風の勢いがこたえた様です。

 うちの畑では、背丈程に伸びていたシシトウ類は 前日に補強の支柱をしておきましたが甲斐無く倒壊し、一日がかりで後片付けをしました。
 また 防虫網トンネルの中に入れてあったカリフラワーの葉がちぎれて、トンネルの中に散乱していました。ネット越に吹く風がこんなに強いとは 驚きました。

投稿: 菜園ブログ | 2011年9月24日 (土) 22時40分

kimamaさん>
何とか一通りの修復作業も終わりましたので一安心といったところです。

普段より災害への備えをと良く言われますが、このようになってみるとどんな問題が発生するのかも予想もつかず、その難しさも今回の経験から分かりましたが中々難しいものですね。

投稿: waka3 | 2011年9月25日 (日) 14時43分

菜園ブログさん>
この辺は人家も密集していないことから風をまともに受けてしまいますし、矢張り海岸線に近いということから海風の影響もあって、市内の中心部に比べると矢張り台風の時の被害は多くなってしまいますね。

茄子は着果していたもののうち幾つかはそのままついていたものもありましたが、シシトウは枝が弱いことから途中からもげたのでしょうか、僅かな枝が残っただけの丸坊主で何もなく思わず笑っちゃいました。
何れにしましても野菜たちは強風には本当に弱いものですね。

投稿: waka3 | 2011年9月25日 (日) 14時54分

ニュースで、風が強く吹くので注意をとの報道に、その時は未だそよ風程度で甘く見ていました。浜松に上陸とのニュースから一転。強風の為バスは止まり、タクシーは止まり家に帰れず、その時の浜松はもっと凄かった事が写真から分かりました。折角芽が伸びた苗が無残にもやられてしまいましたね。本当に自然災害は成す全てもないですね。結局当日は何とか歩ける程度になった所、仕方なく歩いて帰宅しました。WAKA3、13~14日に長野に行かれるのですか?私も16日~17日渋温泉(金具屋)に行きます。

投稿: 週末菜園人 | 2011年9月25日 (日) 20時35分

週末菜園人さん>
今回の台風は今迄にこれだけの被害は見たこともないほどで、台風の勢力が大きかっただけに直撃による被害もその分大きかったように思います。

今回のツーリングは諏訪湖泊まりですので浜松からは一般道経由でも5時間ほどのツーリングです。
渋温泉に行かれるようですが温泉に浸かる野生の猿と是非戯れてきてください。  呉々も引っ掻かれませんように・・・。(笑

投稿: waka3 | 2011年9月25日 (日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年6回目の月下美人の開花 | トップページ | 台風以降の菜園の様子 »