« 風蘭の開花とバイクのユーザー車検 | トップページ | 月下美人4回目の開花と観察記録 »

2011年7月25日 (月)

野菜の夏涼み

7月20日の台風は前日の夜に少し強い風の影響で、何も対策を施していなかったトウモロコシが斜めに倒れた程度で、当日は沖合を東進し続けている間も不気味なほど雨、風と共になく、110725kumazemiあっけにとられるほどに静かなままで通り過ぎて行きました。
この台風が、この時期には珍しいほど良いお湿りと過ごし易い夜の数日間を土産に置いて行ってくれましたが、その後は天気も回復して暑い夏が再び訪れて夜明けとともにうるさい程にクマゼミの鳴き声が響いてきています。

先日の折角のお湿りもこの時期は海にも近く土砂質地帯の当地では2~3日ですっかり畑も乾ききってしまい焼け石に水のようなもので、110725konsai1特に果菜類や特に根菜類等への影響も大きく、幸いにも昨年の秋にはたくさんの稲藁の入手が110725konsai2出来ましたので、特に保湿土壌を好む里芋やヤーコン、生姜等には数日前に追肥をした後で土寄せをして、稲藁はマルチング効果が高いことからたっぷりと使って陽射し除けとしておきましたので、今日はこれから先のことを考えて写真では散水状況が判り難いのですが、散水チューブ回転式のスプリンクラーを使って散水が出来るようにしました。
本当は今日の天気予報では9時頃から雨の降る天気予報でしたが、その気配は微塵もなく燦々と照りつける太陽の下でさっそく散水をしてみましたが、これで良い夏涼みとなってくれたものと思います。
根菜類は昨年までは海岸近くの畑で作ったことから管理不足で散水状態もままならず硬くて出来の悪い里芋となってしまったり、ヤーコンも猛暑で全て枯れ果ててしまいましたが、今年は家の横の畑としましたので、この先に暑い夏がやってきてもこれで散水と保水対策については充分問題なさそうで今年は期待が出来るものと思います。

しかし、それにしても今年は本当におかしな天候が続きそうですね。

|

« 風蘭の開花とバイクのユーザー車検 | トップページ | 月下美人4回目の開花と観察記録 »

コメント

随分と大量のクマゼミですね~(@_@;)・先日、こちらはヒグラシが泣いてましたよ?(~o~)・数日前、余りの寒さで窓を閉めて寝ましたが?東京に住んでから・aiの人生では、この時期に、その温度は?初めてですよ!!・世界では豪雨、干ばつと異常気象を如実に出してますね?

水くれも、こう雨が降らない日が長いと自力での水くれは大変ですよ?・スプリンクラーとはいいですね~・で! aiは草も取らずボーボーに、アレで少しは保水するでしょ?なんて只の横着だろ?と、wakaさんから飛んできそう・・(^^ゞ・・ショウガって?今頃の時期も植えられるんですか?

投稿: ai | 2011年7月28日 (木) 13時48分

aiさん>
台風6号が去って涼しい夏の夜が数日続きましたが、その後は暑い夏のはずが30℃以上に上がることもなく不安定な天気で、ただ湿度だけが高いおかしな空模様が続いています。
この時期のクマゼミの泣き声は田植えシーズンになると騒ぎ出す蛙の鳴き声よりも甲高く、締め切った窓を通してまで聞こえてきます。   ただ、太陽が上がって暑くなってくると流石に体力を消耗するのか9時を回った頃になるとぴったっと泣き声が聞こえなくなってきます。

生姜の植え付け時期は5月でこの時期になると種生姜は売られていないと思いますが、なんといっても暑さには弱い作物ですので結構管理が大変です。

投稿: waka3 | 2011年7月28日 (木) 16時28分

明日より8月、クマゼミ達も子孫を残す為に益々ピッチを上げ鳴き続けますが、この夏もあと一月余り頑張って欲しと、聞こえてくる声に今日はエールを送りたい気持ちにさせられました。散水チューブで水をもらう根菜類達、熱射病ならずに済みそうで、WAKA3のアイデアにいつも脱帽です。

投稿: 週末菜園人 | 2011年7月31日 (日) 08時58分

週末菜園人さん>
このところおかしな天気続きですね。
この7月は例年とは違ってスカッとした日が少なく、台風6号以降は曇りや雨の日も多く、なぜかすっきりしませんでしたね。
お蔭で今のところは稲藁によるマルチだけで、折角の散水装置も活躍することもなく来ていますが、こんな天気がいつまで続くのか心配になってきます。
矢張り夏は暑くてもスカッとありたいものですね。

投稿: waka3 | 2011年7月31日 (日) 11時49分

里芋は土に水分を欲しがるので大変でょう。でも、しっかりと稲わらと散水チューブでのダブル保護!! 楽しみですね。当地でもついに肉牛の出荷停止となりましたが、餌の稲藁と腐葉土だけが放射能汚染とは考えにくく、困った事態です。

投稿: kimama | 2011年8月 2日 (火) 15時31分

kimamaさん>
昨年迄は盗難が多いため浜の畑で根菜類を作っていましたが、灌漑用水が整備されているので散水は出来ますが、中々連日出掛けることが出来なくて、半分近くは硬いゴジ芋になってしまいますので、今年から他の作物の作付けもだいぶ減ってきましたので家に隣接した畑に移しました。
これでしっかり管理もできますので今年からは良いものが出来ると思っています。
生姜も少し試し掘りをしてみましたが、稲藁を少し厚めにしたところ矢張り生育は順調なようです。

多くの地域で稲藁による影響と言われておりますが、全てが後手後手に回った処置と対策、真の原因追及の遅さが特に腹立たしくなりますね。
風評被害についてもしっかりとした対応をしてほしいものですね。

投稿: waka3 | 2011年8月 3日 (水) 09時17分

 連日 お暑う御座います。 ご無沙汰に過ぎ失礼しています。
 こちらでは、蝉の声が とんと聞かれなくなりました。 地震とか 放射能ではなく、都市化の影響が蝉を追いやったのでしょう。

 散水設備と敷き藁のお陰で 根菜類も順調ですね。 両方とも アイデアのかたまりで 感心致しました。
 貴重な敷き藁も ああして 手を入れて留めると 雨風に遭っても 崩れることはありませんね。

 バイクの車検をご自分で終えられるのは、お見事と申し上げるのか、羨ましいと申し上げるのか、真似が出来ません。

投稿: 菜園ブログ | 2011年8月 6日 (土) 22時28分

菜園ブログさん>
こちらでは蝉が減少するような兆しはありませんが、どうゆう現象なのかまったく判りませんがアブラゼミが減少してクマゼミが増えるといった生態系の変化がみられます。

今年は何故か空っとした天気が続きませんでしたので散水設備もあまり出番はありませんでしたが、ここにきてやっと稼働し始めてきました。

投稿: waka3 | 2011年8月 7日 (日) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風蘭の開花とバイクのユーザー車検 | トップページ | 月下美人4回目の開花と観察記録 »