« 梅雨の合間に・・・ | トップページ | 6月の猛暑日 »

2011年6月25日 (土)

今日の菜園

梅雨も中休みでしょうか、ここ数日は雲間から太陽が覗いてはいましたが、この時期独特の暑さと湿気でうんざりするような日が続いていましたが、今日は天気予報とは裏腹に朝から雲一つない快晴、いよいよ本格的な夏がやってきたという感じで電力不足といわれる昨今ですが、今日は風もあって爽やかな風が家の中を吹き抜けていきましたが、これからぼ7月以降がいよいよ正念場となりそうですね。

朝の食事前に日課としての110625hatakeスイカやカボチャの交配を済ませてから、目立つ雑草の除草作業を15分程度済ませ、気温も上昇して野菜たちはいい具合に生長してきており天気も良いことから食事を済ませた後でストチュウの散布と追肥の作業をしました。
家の前の畑には110625tomato2110625tomato1現在10数種類の野菜が育っていますが、胡瓜はこれまでに 2本の苗木から76本を収穫し、トマトもスタピストマトは5月末から収穫がはじまり、3日前にカボチャトマトそして今日から大玉の露地ゆたかの収穫も始まりました。
こ畑では、この他に茄子やピーマン、獅子唐は既に収穫が始まっております。

そして隣の西の畑では少し発芽が遅れましたが、110625satoimo110625shouga110625yakon里芋大生姜も6月初め頃から芽が出始めてだいぶ育ってきており、昨年は猛暑で散々な目にあったヤーコンも今年は浜の畑から避難してこちらですくすくと生長していますので、そろそろ一回目の土寄せとなります。
この他にこちらの畑では4種類の110625suika110625kabochaカボチャがありますが、既にあと数日で坊ちゃんカボチャは収穫が出来、この他にも宿儺カボチャ、三毛門カボチャは着果後かなり大きくなっておりますが、雌花の着きの遅い鶴首カボチャにもやっと一番花の鶴の首に似た幼花が見えました。
また、この20日に着果した小玉スイカも日毎に果径の肥大が目立つようになり、これからの暑さで甘いスイカが期待できそうです。

今日の昼食は暑さ凌ぎということで昼食には110625myouga1素麺を茹でて食べることにしましたが、そこで薬味として葉ネギの他にミョウガの葉が茂ってきていましたのでどんなもんかと試し掘りをしてみました。
110625myouga2春先にもみ殻を土に混ぜて被せておきましたので、土がふかふかして柔らかく手探りをしましたがあまり手応えがなく、案の定まだ収穫には時期尚早のようで茗荷の赤ちゃんといったところでしたが、その代りにとても柔らかで独特の香りと風味は主張しており大変美味しく素麺をいただきました。

おっと、忘れていました

今年2回目の月下美人が一昨日の23日の夜に開花しました。
110623gekkabijin 今回は僅か一輪だけでしたが思ったよりも順調で、前回の開花の時よりも天候と気温に恵まれていたことからでしょうか、予想していたよりも2日ほど早い開花でした。
写真の奥の方に大きくなってきた花蕾が見えますが、これも一輪だけですが6月30日の開花と予想しております。

|

« 梅雨の合間に・・・ | トップページ | 6月の猛暑日 »

コメント

WAKA3さんの畑はもはや夏畑ですね。13種類でしょうか?トマトもキュウリもかなりの収穫で作り手冥利に付きますね。カボチャトマトはやはり形が変わっていますね、どの写真からも順調に育っているようで益々楽しみが増えますね。私も数週間前までは至って順調でしたが此処に来て強風とからから天気でかなりやられっ放し。トマトにナスにキュウリはあちこち茎が傷だらけ。カボチャの蔓も風であをられ、先日蔓にU型の針金をさして飛ばされないように固定しました。自然相手だから仕方が無いが。

投稿: 週末菜園人 | 2011年6月27日 (月) 21時06分

週末菜園人さん>
おはようございます。
どうやら今日も朝から快晴で真夏日の様子、上の写真のスイカも僅か3cm程だったものが一週間で11cmとビックリするほどの大きさになり、早くも6個ほど着果しています。

雨が降ったり強い風が吹いたりと自然環境の変化にはその時々に手入れをしてあげないといけませんが、普段ははお仕事をされておりますので中々畑の管理も行き届かないことが多々あるかと思いますのでその点では大変ですね。
私もカボチャや西瓜の蔓ははこちらでも結構風の強い日がありますので、蔓の踊り防止には同じように針金でU字型の金具を作ってありますのでしっかり止めております。
鶴首カボチャの蔓は全長が既に10mを越してしまい、今日は雌花が一時に4個(親蔓に2個、子蔓に2個)も開花して初めての受粉をしておきました。
子蔓は2節で摘芯し、そこから出る孫蔓は全て摘芯しています。

投稿: waka3 | 2011年6月28日 (火) 08時47分

 この時期でも 夏野菜の葉の様子が違いますね。
 これだけ 強そうな葉には、ベト病も ウドンコ病も寄り付けないでしょう。 うちの農園では 胡瓜にしても カボチャにしても 葉の厚みがペロペロで ふにゃふにゃしています。
 土の手入れが違うのでしょう、今更言ってみても手遅れですが。

 学校の畑に植えた サトイモ「大和イモ」のタネイモの不良品2個を、うちの畑の隅に植えました。1個は半分に切られたイモです、芽は出ましたが元気がありません。もう1個は 奇形のイモでしたが、こちらは芽出しをした段階で 横から3箇所芽が見えていましたが、そのまま植えました、現在3本の芽が順調に生長しつつあります。このまま育てていいものでしょうか?芽欠き整理した方がよろしいでしょうか?

 2輪目の月下美人 おめでとう御座います。
 もっと 何年に一度 咲くものか と思っていました。
 この調子ですと、次々に見られそうですね。

投稿: 菜園ブログ | 2011年6月28日 (火) 23時46分

菜園ブログさん>
今年は梅雨の入りが早く夏野菜はかなり悪影響が出るのではないかと心配しておりましたが、お陰様で梅雨の割りには降雨日が少なかったことも幸いしているのでしょうか、今のところ順調に育っております。
胡瓜は今日現在で2本の胡瓜で96本までこぎつけ、まだこの先もかなり収穫は出来そうですが、例年菜園ブログさんのように1本の胡瓜で100の大台を超すのは中々至難の業ですね。

里芋は一昨日追肥(化成肥料)をしてから土寄せをしておきましたが、この時に上の写真でも分かるかと思いますが、脇芽の出ているもの(一番手前と見えない場所にもう1本)がありましたので芽欠きをして一本立ちとしておきました。
これ以降にあまり早いうちに本数が出るようであれば芽欠きをしますが、基本的には私は何もしておりません。

月下美人は今夜3回目の開花が見られそうです。

投稿: waka3 | 2011年6月29日 (水) 10時15分

waka3の菜園はいつ見ても綺麗で青々としていますね。
今朝も、wakaの画像見ていたら丁度トマトの所で、女房が、あら、トマトが赤くなっていると言い出した、こちらの畑と勘違いした見たい。キュウリ2本で96本
半端ではない数ですね。こちらは、ミニトマトが赤くなり始めて、スイカとメロンが花が咲き始めました。近くのプロがやっているスイカは25センチ位大きくなっています。信州は日中紫外線が強く、日陰に入れば涼しいです、今のところ、扇風機なしで寝られます。

投稿: くんぱん | 2011年6月29日 (水) 12時15分

くんばんさん>
今日は今年一番の暑さとなり我が家の温度計も37℃を指し猛暑日となりましたので、流石の畑の野菜たちも葉がぐったりとした状態になっていました。
屋外から吹いてくる風も今日はとても生暖かい風で、省エネのためにエアコンではなく扇風機でなんとか我慢をしております。
今夜は寝られるかどうかが心配です。(笑

投稿: waka3 | 2011年6月29日 (水) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の合間に・・・ | トップページ | 6月の猛暑日 »