« 月下美人に今年初めての花芽が・・・ | トップページ | 月下美人の開花日の謎 »

2011年5月26日 (木)

種採取用玉葱の受粉

このところ良い天気が続いていましたが、今夜あたりから天気が崩れ週末は雨模様のようですが、どうやらまたまた季節外れの台風2号が日本を目指して進んでいるようですが、台風1号といいこれも地震同様に異常現象なのでしょうか・・・。

昨年10月に110526tamanegi1植えつけておいた種を採取するための玉葱(この玉葱は当地で栽培され種としては一般には市販されることのない極早生品種です)の茎の長さも1m20cm程となり、先端にあるネギ坊主の直径も7~9cmとすっかり大きくなって、花も数日前から次々に咲き雌しべに花粉が着きはじめました。
110526tamanegi2一般的な葉ネギ等にできるネギ坊主と違って、玉葱のネギ坊主は受粉作業を手伝わないと種の採取に結びつきませんが、厄介なことにこの花粉は露出しているために雨に降られると流れやすく受粉にも結びつかないことから、雨の降り易いこの時期には雨に当たらないような対策も必要ですが、今年はちょうど受粉時期に簡易的なビニールシート掛けはしてありましたが雨に降られることも殆どなく受粉作業がとても順調に進みました。
110526tamanegi3110526tamanegi4受粉作業は軽くネギ坊主に触れると花粉が手のひらに付着しますので、ネギ坊主の頭を軽く万遍なく撫でることによって簡単に人工での受粉をすることが出来ます。
この作業も花粉の終わるあと数日で完了することと思いますが、以前に不用意にも花粉を雨で流されてしまったことがあり、矢張り種の採取にあたっては芳しくない出来であったことがありましたが、今年は順調な種の採取が出来るものと思っております。
ちなみに私の玉葱の採種記録は、ここをクリックして頂くとご覧いただけます。

|

« 月下美人に今年初めての花芽が・・・ | トップページ | 月下美人の開花日の謎 »

コメント

は、今の所・30日とか言ってますが?速度も上げてるようなので?明日か29日には・来てしまいませんか?勢力も有るので。。地盤も緩んでるし心配です・・先日の大きい地震の2回とも・何故か?風が吹いてましたが?・上下の何か関係が有るのかな?余り被害が無いといいですね~・・

玉葱の種って?長葱と似てますね!初めてジックリ見せて貰いました・種から玉葱作るんですから?精が出ますね!・筑波の教授が石油の原料に成る「藻」を大事に保管してるとか・又、以前に世界中の種の保管してるのも見ましたが?人類が生きて行くのに大切な食料の種ですものね?

投稿: ai | 2011年5月28日 (土) 10時54分

玉葱の受粉の仕方・雨に弱いこと等、お陰さまでよく分かりました。それにしましても、細かな花や掌の花粉にピタリとピントを合わせた写真、恐れ入りました。一粒の種の重みを感じます。特に極早生品種の玉葱は貴重ですね。それに、今年は月下美人とついに御対面できそうで楽しみもひとしおでしょう。

投稿: kimama | 2011年5月28日 (土) 17時25分

waka3ん今のところ、玉葱の種を採る元気がありません、信州の寒さでは無理かも知れません。自分も、初めて玉葱に挑戦しました。苗は農協に予約してネオアースを入れました、3月の肥料が多すぎたせいか、何本かとう立ちし始めました。抜き取って胃袋に収めました。
次回は種からやってみようと考えています。

投稿: くんぱん | 2011年5月28日 (土) 19時41分

aiさん>
なんと早めに梅雨に入ってしまいましたが、今度は合わせて台風と一緒とは本当にありがたくない話ですね。

ネギ(葉ネギなど)と玉ネギのネギ坊主はかなり形は違いますよ。
ネギのネギ坊主は先端の方はとんがり頭をしたような形になりますが、玉ネギはボンボリのように真ん丸でな形をしています。
更に大きな違いは、ネギ坊主には100個以上もの蕾が集まって形成されますが、玉ネギの個体は花が咲く時期に6枚の花弁が開きますが、ネギの場合にはこれがありません。
しかし開花時期にはどちらにも花粉が付きますので開花したことは分かるんですよ。

投稿: waka3 | 2011年5月28日 (土) 19時54分

kimamaさん>
お褒め頂きありがとうございます。
カメラは3年ほど前に型落ち品として29,800円で購入したデジカメですが、結構ピンボケも出たり苦労はしております。(笑

玉葱の種採りは本当にデリケートな作業になりますので、開花時期に手を抜かないことと、雨の対策だけは大変重要な一つです。
極早生品種は最近では種苗店で出回り始めているようですが、この辺の特産品種は市場に種として出回ることはなく、私もJAの口座は持っていますので種の予約申し込みはできますが、最低でも7~8000円単位の購入量となりますので自家採取する以外とても手が出ないんですよ。

投稿: waka3 | 2011年5月28日 (土) 20時09分

くんぱんさん>
玉葱の種の採取は前年の10月に玉ネギを植え付けるところから始まります。
12月後半くらいから大きく生長し始めますので雪の降るような寒い地方では難しいのかもしれませんね。

玉葱の播種には微妙な適期というのがあって、ネギ坊主が出るのは播種の時期が早過ぎると大変出易い傾向にあると言われています。
最近では売るためだけに作られる苗も多いので、早く作ってたくさん売ろうという商売根性で、そのようなことも影響するのではないでしょうか。
私の自家採取している玉葱の播種は余程のことがない限り例年8月3日と定めています。

投稿: waka3 | 2011年5月28日 (土) 20時35分

梅雨入りしたのに今日は農作業日和と成りました。お伺いした時の玉ねぎの種が見事に採取されご努力が報われ喜びもひとしおですね。私は義兄の親戚の方が篠原の玉ねぎ農家に嫁いでいるので苗を入手するよう手をうちました。ずるいけど未熟な私には種からの育成は不可能ですから!ご存知の事と思いますが収穫した玉ねぎを一つずつ新聞紙くるんで冷蔵庫入れて置くと長持ちします。テレビでやっていました。戴いて参りましたのも美味しく戴きました。

投稿: のばちゃん | 2011年5月31日 (火) 11時32分

のばちゃんさん>
何とか受粉作業は完了しましたので、6月下旬にはネギ坊主の切り取り、そして7月中旬には採種が出来そうです。
私も玉葱の苗は知り合いに頂ける方はいるのですが、貧乏性でしょうか興味半分も手伝ってつい何でも手を出してしまいます。
しかし苗の出来が悪い時には、直ぐに人に頼ってしまうのも事実なんですよ。(笑

玉葱の保存は葉の部分を切らずに紐で縛って、日が当たらず風通しの良い場所に吊るしておけば、極早生品種の場合には無理ですが、長期保存用のための早生品種なら正月過ぎまで保存は出来ております。

投稿: waka3 | 2011年5月31日 (火) 23時15分

 づっと変わらずに 種取りを続けておられるのには 感心しています。
 接木と種取りは習得したい技術ですが、なかなか踏み切れないうちに指先の感覚が対応出来なくなりつつあります。

 うちの農園では4月に入ってから タマネギの苗を植えている方がいました。 最近覗いて見ますとだいぶ玉の肥大も見受けられます、こんなに短時間でタマネギが採れるのなら、魅力があります。

投稿: 菜園ブログ | 2011年6月 1日 (水) 15時09分

菜園ブログさん>
接ぎ木は出来れば本当に習得したい技術ですが、昨年何回か種してみましたが結果的には上手くいかず今年は諦めてしまいました。

この時期に玉葱の苗が売られていること自体不思議なことですが、玉葱の苗は葉ネギと違って夏の暑い時期を耐えることが難しく、寒冷地と違って関東地方の夏の暑さで生長しないのではないかと思います。
但し、セット栽培方法で7月頃までに1~2cmの球体を作り、日陰で風通しの良い場所で乾燥させた後に、9月末から10月初めに植えつけて1月頃に収穫するという方法はありますね。

投稿: waka3 | 2011年6月 1日 (水) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月下美人に今年初めての花芽が・・・ | トップページ | 月下美人の開花日の謎 »