« 明けましておめでとうございます | トップページ | 玉葱の初収穫 »

2011年1月 8日 (土)

月下美人が凍傷に!

年明けから1月とは思えないほど穏やかな日が続いていたと思っていたら、日本海沿岸地域では強い冬型の気圧配置の影響による大雪で道路の遮断や送電線の鉄塔の倒壊などの大きな被害も出たようですが、その影響でしょうかこちらでも寒気の南下によってここ2、3日は日中でもだいぶ冷え込んできております。

110108gekkabijin1昨夜はどうやら気温が0℃まで下がったようで、朝起きて氷が張ったところは見かけませんでしたが、温室の中のキャベツの苗を確認に行ったところ月下美人の上部の葉の色がおかしいことに気が付き、良く見るとiいつも見ていた葉の色とは違い、葉の青みが無くとろけたようになっていました。
本来月下美人は5℃以下の環境には置かないことが良いと言われてはおりましたが、特にこの晩秋から大きくなってきたまだ柔らかな葉に集中したことですが、部分的には黒ずんでいる部分もあって、これは昨夜の気温の低下だけではなく、101221gekkabijinここ数日の気温低下が影響しているようで、直接寒気にさらされない温室の中に入れて置いたにもかかわらず凍傷となった原因は、日常の管理を容易にするために植木鉢を架台の上に載せて置いたことにより、上の方の葉が温室の天井近くのガラスに接近していたことにより、冷気がガラスを通じて受け易い状態となっていたことが原因のようで、下の方にある新しい葉についてはまったく影響は受けず元気なままでした。
まあ、これも初めての経験で今回は二度と同じ繰り返しをしないために、自らを戒めるための勉強として良い経験となりました。

一つ嬉しいことは、昨年12月に入ってから親のシュートの途中から110108gekkabijin2新しいシュートが何と3ヶ所から出はじめて、本来であればこのシュートはある意味で邪魔なもので不要だそうでで、このうちの2本は既に昨年切り取ってあり残る一本はこのシュートをもう少し大きくしてから挿し木とするために様子をみることにしましたが、寒さの中で7cmほどの長さまでに成長しました。
現在この他に挿し葉から育てているものがありますが、新しいシュートが出て開花に結びつくまでには3年以上の期間を裕に必要とするようですが、シュートでの挿し木であればかなり期間も短縮できるのではないかと密かに目論んでおります。
果てさて、この目論みは如何なりますことやら・・・。(笑

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 玉葱の初収穫 »

コメント

ありゃりゃ?・きっと日中の温度が上がって夜間、冷え込んだ時に水滴が落ちて。。凍傷状態になったのかな?・室内の暖房の無い日差しが当る所に移動すれば、案外丈夫な方ですから回復して・霜げた所は、切らなくてもカリカリに乾燥して来ますから、そのまま放置して大丈夫でしょ?。。aiも経験済みです(^_^;)

その下の脇芽のシュートは逞しいですね!??本体の上部には、葉の展開がどうなっているのかな?もし、霜げた葉が付いてるなら、母体のシュートを切って、その逞しいシュートを伸ばした方がスッキリ伸びていいかも知れませんよ?♪

投稿: ai | 2011年1月 9日 (日) 14時42分

aiさん>
知らないということは恐ろしいもので、大変貴重な経験をしてしまいました。
部屋の中に入れましたのでこれで問題はなかろうかと思いますが、僅か1日でとろけた様になっていた淡い色の葉が真っ黒になってしまいました。
仰られるように黒くなったところ以外は問題なさそうですので、先端の葉が乾燥したところで汚くなった部分は取り除いてみます。

新しく出たシュートですが、一番最初に出たものを残しておけばきっと今頃15cmは裕に伸びていたものと思いますが、現在のものも元気そうですのでこれを頼りにもう少し様子をみてみます。
「母体のシュートを切って」とはなんて恐ろしいことを!  このシュートは最初にaiさんから頂いて挿し木をしたものから初めて出てきた大切なシュートなんですよ♪ (笑


投稿: waka3 | 2011年1月 9日 (日) 22時14分

aiも、あれから上部3本の以外に。。下部分に何本もシュートが出て(~_~;)・それ全て取ってます「1シュートに、1花」を原則に考えているので・・1シュートに何本ものシュートだと花が、この両方に同時に付くと蕾落下の。。落胆を味わうので(^_^;)
只、wakaさんが述べた・取らずに後で挿し木にして下へ植えるとゆうのが、一番ベターで有効だと思いますよ?♪。。aiはなんとしても?根元から出そう等と・(爆!)(^^ゞ

投稿: ai | 2011年1月10日 (月) 16時06分

aiさん>
シュートは親のシュートの途中から出たものは整枝するにも大変なことだし、矢張り根本から出るに限るのでしょうね。
その点ではシュートの挿し木が一番手っ取り早そうなので、現在伸び始めたシュートを大事に育てたいと思っています。
そのうちに良い報告をさせていただきます。(笑

投稿: waka3 | 2011年1月10日 (月) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます | トップページ | 玉葱の初収穫 »