« 新タマネギが早くも店頭に! | トップページ | 今年最後の畑仕事 »

2010年12月22日 (水)

庭木の手入れと寒肥お礼肥

12月に入って日増しに寒さも厳しくはなってはきているものの101222bara1今日も暖かな一日で、庭の薔薇もすっかり下の方の葉は落ちて冬支度が始まってきましたが、まだ上の方では僅かながら蕾や花が見られ、この寒さの中で頑張っています。
101222mikan101222itijikuこの他にここ数年で無花果やまだまだ幼木の域を脱しない柑橘類などの果樹の他に、ハナカイドウや緋寒桜を初めとした花木類も増え、休眠期を迎え樹木の手入れの始まる前に少し遅くなってしまいましたが、寒肥お礼肥えを施すことにしました。
作物は何でもそうですが手を掛けてやれば掛けただけ、101222hiryouそれに応えしっかり綺麗な花をつけたり美味しい作物として育ってくれるということで、 果樹類では肥料を定期的にしっかり施すことによって、特に柑橘類では甘さに大きく跳ね返ってくると言うことを以前から聞いており、今回は柿やミカンの栽培が盛んな旧浜北市のJAに出掛けて、果樹類に適しているという有機質を主体としたペレット状の配合肥料(2400円/20Kg)を購入してきた。
101222tuihi2101222tuihi1早速、柿、無花果、レモン、ネーブル、青島44号と数少ない果樹に所要量のペレット堆肥をバラ撒いてから良く混和し、次に13本ほどのバラにも株元から少し離れたところに円状に溝を掘って肥料を施しておきました。
これで春の蕾を持ち始めてくる頃になってから次は今回よりもやや少なめで良いということでしたが追肥を施すことになります。

クリスマスローズ

101222christmasrose 3年目を迎えるクリスマスローズの花が今年もクリスマスイブを前にして如何にも待っていたが如くに一輪の花を咲かせました。
この花言葉はネット検索では、慰め・いたわり・私を忘れないで・私の不安を取り除いてください等とありましたが、冬の寒さに耐えてやがて来る春を待つようにひっそりと俯いて花弁を密やかに開く様子がいかにも花言葉の一つ一つに現されているように思います。
半日陰を好むということから表立った目立つ場所ではありませんが、あちらこちらに花蕾も見られますので、これから先たくさんの花を見せてくれるものと思います。

|

« 新タマネギが早くも店頭に! | トップページ | 今年最後の畑仕事 »

コメント

温暖な地域はいいですね~ミカンもネーブルもこれからですね。やはり甘さは肥料に左右されるのですね。薔薇もまだ綺麗に咲いているのに驚きました。我が家の軒先に植えてあるイチジクは小さい実が木に成ったままドライフルーツ化してます。今のところ暖冬だからですが、そのうち落下するはずです。
クリスマスローズの花言葉に納得です。こちらも開花が楽しみですね。

投稿: kimama | 2010年12月23日 (木) 17時32分

kimamaさん>
今日ネーブルを一つ採ってきて食べてみました。
昨年は2個だけしか生りませんでしたが、結構甘かったので期待していたのですが、今回のものはしっかり色づいて美味しそうな感じがした割に酸っぱくて甘みはあまりありませんでした。
これからの追肥や手入れによって来年の仕上がりに期待したいと思っています。

こちらも明日からは冷え込みが少しずつ厳しくなっていくようです。

投稿: waka3 | 2010年12月23日 (木) 21時24分

 何事も手早くなさるのを拝見していて いい刺激をいただいています。
 バラ園も果樹園も 発展中の様子がよくわかります。 気象が温和なので、おおいに楽しみですね。

 我が家の柿は 今年は大豊作で 梢の先に小鳥の分が残っているだけです。
 今年こそ 早々にお礼肥をしなければと思っていますが、昨夜から急激な気温の低下があり 二の足を踏んでいます。

 クリスマスローズも早いですね、こちらでは まだ蕾がピーナッツほどです。

投稿: 菜園ブログ | 2010年12月25日 (土) 10時34分

菜園ブログさん>
今年の柿は大豊作だったとのこと、それに比べ我家の柿は何故か近年にない不作で寂しいものでした。
どうやら日頃の手入れが一番重要だとのこと、来年こそは期待したいものと思っております。

投稿: waka3 | 2010年12月25日 (土) 16時17分

今晩は。今年最後の畑仕事に行こうと思っていましたが、二日続きの強風であきらめました。Waka3 の辺りでは粉雪が舞いませんでしたか?
青島みかんとネーブル共に美味しそうに実っていますが、昨年より甘みが落ちたそうですが肥料のやり方で甘みも全然変わるんですね。
先日柿のことで変な話を聞いたのですが、剪定をすれば隔年結果にならず安定した量が収穫できるが、今年は所によって、それも狭い地域でも量のばらつきがあったと、隔年の話は聞いたことはあっても地域に違いが出るとは不思議な話でした。これも猛暑の影響かな?

投稿: 週末菜園人 | 2010年12月25日 (土) 20時02分

週末菜園人さん>
このところこちらもすっかり冷え込むようになってきましたが、まだ氷が張るほどでもなく昨日も風花が舞うようなこともありませんでした。

ミカン農家では収穫を終えた時期と春以降も定期的な追肥がされているようで、甘さのためには大きくこれが左右されると聞いております。

旧浜北市内の大平地区と言うところにいきますと一帯が柿の木畑になっていますが、毎年行ってもここでは隔年結果などと言う言葉はないほど安定して柿が生ります。
これはすべからく1月に行う剪定が全てのようで、私も今まであまり裏作だったという記憶はありませんが、今年はどうやら剪定の失敗だったように思います。

投稿: waka3 | 2010年12月26日 (日) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新タマネギが早くも店頭に! | トップページ | 今年最後の畑仕事 »