« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月26日 (火)

秋の我が家の菜園

10月もそろそろ終わりというのに昨日は温度計が27℃を指す夏日となったり、どうやら予報では明日は一気に冷え込んで朝の気温は今シーズン一番の10℃くらいまで下がるらしく、どうも今年の天候には本当に惑わされてしまいます。
猛暑だったひと頃から比べ、10月になってからは気温も落ち着いてきましたので、野菜も大変順調に生長してきており、家の前の畑では9月初めに播種した大根、人参、キャベツ等が順調に育ち、そろそろ大根は秋刀魚と一緒に食卓にあがっております。

1010226yasai1そして家の西の畑は数日前に植付けを終えた玉ネギが大半を占めておりますが、玉ネギは自家播種して育てた早生種の他に、極早生品種で生食用の白玉ネギ120本ほど1010226yasai210月11日に入手することが出来ましたので植え付けをしておいたところ早いものは鉛筆の太さほどに生長してきており、数日前に植付けを終えた自家播種した玉ネギの苗も全て活着してピンと真っ直ぐに空に向かって伸びてきています。
白玉ネギは半分ほど透明なマルチをしておきましたので早ければ2月に入れば小さいながらも収穫が出来るようになるものと思います。
1010226yasai3白菜はそろそろ結球が始まりだしました。  防虫ネットは被せてはあるというものの、夏の間に地中で蛹となって過ごすヨトウムシが秋になって1010226yasai4徘徊してきますので、これからはひと時も油断が出来ませんので朝の見回りが忙しくなります。
白菜の隣に植えつけておいたニンニクも今年は2品種で何と100片近くもの数になりましたが、驚くことに遅くなって発芽してきたものもありますが100%の発芽を見ております。
この他には、この西の畑にはエシャレット、分葱、長ネギの他に食用菜花等も植え付けをしてありますが、これらについても順調に育っています。

| | コメント (8)

2010年10月21日 (木)

秋の2泊3日のバイクの旅

この時期の秋の空は気まぐれなもので、予めスケジュールを決めているバイクでの宿泊ツーリングには本当にやきもきさせられます。
今回の計画は14日に元の勤務先をリタイアしたメンバーで構成するツーリングクラブの年次総会が栃木のツインリンクもてぎで開催されることから、それを終えてから日光と東京スカイツリーの見物も兼ねて14~16日の2泊3日で出掛けることとしましたが、週間天気予報ではsunまたはcloud/sunの予報で、どうやら合羽のお世話にはならなくてすみそうでしたが準備だけは整えて出掛けてきました。

出発当日は東名高速道路の集中工事ということもあり、101014motegi01事前にネット確認をしたところ浜松~富士がかなりの渋滞予想のため、この区間を避けて浜松から富士には良く利用している国道一号線のバイパスを利用するために朝の7時半に家を出発しましたが、とてもスムーズに進んだことから目的地のツインリンクもてぎには集合時間の2時間も前に到着してしまいました。
101014motegi00今回の予定には年次総会の前にツインリンクもてぎの中にある国際レーシングサーキットを試走することも計画されていましたが、私達の試走は4時30分からということで時間も充分あることから既に到着していた面々と挨拶を交わした後で、ホンダ車を初めとした国内外の名車を展示・動態保存する「ホンダコレクションホール」をのんびり見て回りました。
101014motegi06101014motegi02いよいよ試走できる時間がやって来てパドック前のピットレーンに集合し、101014motegi03係員からの説明でリタイアグループの集まりということもあってコースの週回数は2周、最高速は120Km/h以下でというお達しでスタートし、最初の一周は最初はゆっくりと走りはじめ徐々に加速しながら、先導車もややスピードを上げて最初に釘を刺された速度よりも上回り、僅か2周目だけの試走でしたが参加者全員が楽しんだひと時でした。
101014motegi04この後は付設するホテルに全員が集まりましたが、101014motegi05今回のツーリングの参加者は4輪での参加者も合わせて過去最大の74名となり、参加したバイクの台数も九州からの2名を合わせて54台と大変な賑わいで、この後はゆっくりと風呂を浴びてからは総会と大宴会と久し振りの再会ということもあって楽しいひと時を時間の忘れるほどに楽しみました。

二日目は朝起きると空は一面の鉛色でどうやら路面が濡れている感じでしたが、TVで8時を回った頃からはcloudからsunになるということで、101015motegi01食事を済ませて駐車場に出た時には青空も見えはじめ、今日は真岡市内にある元の勤務先の栃木製作所(かつてのNSXの生産工場)の工場見学が企画されていたので参加し、昼少し前まで工場見学をしたところでメンバーとは別れ、夜は都内の義兄宅に宿泊を予定していましたので、ここからまだ少し早い日光の紅葉といろは坂のワインディングを楽しむことにしました。
101015motegi02東北自動車道の宇都宮ICから日光宇都宮道を走り終点の清滝ICで降りていろは坂に差し掛かる頃に辺りの景色は黄色ややや赤色に色づいてはきておりましたが、数年前に来た時に比べまだ101015motegi03 紅葉というには少し早異様な感じでしたが、これもこの夏の猛暑の影響だったのでしょうか。
いろは坂を快適に上に向かって行くにつれて、着ているブルゾンが濡れるような心配はありませんが少しずつ霧が出はじめて、中禅寺湖に到着するとすっかり霧で覆われて湖がぼんやり霞んで見えるほどでした。  
101015motegi04101015motegi05駐車場で華厳の滝が見えるかどうか聞いたところ、多分見えるであろうということで遊歩道を歩いて行くと、山の下の方から霧がかなり早い勢いで吹き上がって周りの景色があっという間に変わるほどで心配しましたが、どうやら華厳の滝の撮影をすることが出来ました。
金曜日というにもかかわらずかなりの人出で流石に景勝地「日光」という感じでしたが、今日はここから義兄宅に向かい5時少し前に到着しました。

さて、3日目は既に400mを裕に越したという東京スカイツリーの見物ですが、義兄宅からバイクで僅か10分足らずで行けるところですので、のんびり朝食を済ませてから9時半過ぎにおいとまをして出掛けました。
上野から浅草に回って浅草寺の雷門前を走るとさすがに土曜日ということもあって、101016motegi01この時間帯でも人出は凄く今回は素通りをして先ずはスカイツリーの建設現場近くに行ってみましたがやはりここも予想通りの人出でした。
バイクを道端に駐車して(ここがバイクの良いところ?)早速工事現場に行ったところ現在の塔の高さは488mとのことでしたが、なぜかそれ程の高さに思えませんでした。
現場近くをさらっと見たところで、義兄から事前に面白そうな撮影ポイントなどを教えてもらってありましたので一回りして撮影してきました。  少し残念だったことは快晴ではなく遠めに見る東京スカイツリーがやや霞んで見えたことでした。
101016motegi02101016motegi03101016motegi05101016motegi06101016motegi04



多少道を間違えながらも何とか写真を撮り終えたときには既に11時半を回っておりましたが、ここから家に向かうには時間も早いことから、高速湾岸道路を走り行ったことのない三浦半島をひと回りしてみることにしました。  駒方ICから首都高速に乗って高速湾岸線を横浜方面にかなり行ったところで、東京スカイツリーの直ぐ脇を流れている川の500mほど東に行ったところの十間橋の上から川面に映る姿がとても素晴らしいという撮影ポイントを一ヶ所周り忘れていましたが、これは次回出掛けた時にでも行ってみることにしようと思います。
高速湾岸線から横浜横須賀道路を走っている頃には既に12時半も回っており、昼食休憩のために途中の横須賀PAに立ち寄ったところ、101016motegi07横須賀海軍カレーの文字が飛び込んできましたのでどんなものかと早速注文(700円)をしましたが、横須賀海軍カレーの特徴か小麦粉を炒めて作ったルーを使うことのようで、配膳された食器も軍隊らしいスチール製のものが使用されており、珍しいことに牛乳もついていましたが、これも欠かせない特徴のようで、大変美味しくいただけました。
101016motegi08一服したところで三浦市内を走って半島の先端にある城ヶ島に向かって走ると道路の回り一面にかの有名な三浦大根とおぼしき畑があたり一面に広がっており、菜園大好き人間としてはバイクを止めて緑の絨毯を早速ゲットしましたがどこまでも続く見事なものでした。
ほどなくして城ヶ島に到着しバイクを止めて城ヶ島の先端にある安房(あわ)岬灯台まで歩いていきました。  灯台は独特な形をしたもので波打ち際の直ぐ傍にあるのも大変珍しいものでした。
101016motegi102時半を回ったところで東名高速の厚木ICに向かう途中で鎌倉大仏を拝覧してから帰ることにしましたが、国道134号線から大仏のある境内の僅か500mほどの道路は身動きの取れない程の渋滞で、なんとか脇をすすり抜けながら5~6分で駐車場まで行き短時間で拝覧を済ませ帰路に着きました。
土曜日ということで高速休日特別割引の影響で渋滞の心配もしましたが、既に前日までに集中工事も終了しており道中は全く渋滞もなく、天候にも恵まれこの3日間で走行距離1,143Kmのツーリングを終え夜の7時に無事に帰宅しました。

| | コメント (8)

2010年10月13日 (水)

月下美人、ついに咲いたぞ♪

『三度目の正直』と言う諺がありますが、とうとう我が家の月下美人がそれを証明してくれました。  10月8日のブログにも書きましたが、我が家に挿し木苗が届いてから着根して一年にも満たないことから今年は到底無理なことと諦めていましたが、何と一年目にしての快挙と言うことになります。

101011henka2回目の時とは違って花芽も順調に育ってきたようで、6日あたりでは里親さんからも今回はほぼ大丈夫と言うお墨付きも出て、それ以降も昨日まで左に曲がると思っていたら途中で右に曲がるというような紆余曲折はありましたが、それでも順調に生長してきて顎の曲がり状態などから数日前の開花の予想では15日頃ではないかということでした。

今回の開花予想が出た中で一番気に揉めたことは、開花の予想が15日頃ということに対して、実は元の勤務先のメンバーで構成するツーリング計画が14~15日に栃木県のツインリンク茂木で総会を兼ねて予定がされており、このままでは待ちに待った花の開花を見られなくなるということです。

101012gekkabijinしかし、今日の3時過ぎになって花蕾にやや変化が出たことに気がつきました。  というのも花蕾が今までは花弁が硬く閉じて先端が尖っていましたが、花蕾全体がふっくらと膨らんできた感じで、花弁の先端が開きはじめて尖っていた先端もバラけてきたようになってきました。

ひょっとして開花は前倒しで上手くいけばツーリングに出発する前日の夜に開花するのではないかという期待をしながら鉢を家の中に入れておきました。
9時頃になって何か変化は出ていないかと花蕾を覗いてみたところ、先端部分が更に開きはじめてそこから中の方が僅かに覗けるくらいになってきており、早速デジカメで定点撮影をしてみることにしました。
101012animation 花弁が少しずつ開き始めてくるにつれて、花蕾のおちょぼ口が少しずつ大きくなってくるのは最初のうちはかなり早いことから、あたかもスローモーション映像を見ているかのように確認できるほどで、その様子にはすっかり感動さえ覚えました。
右上の写真は最初の画像が9時17分で、最後の画像は11時37分に撮影をしたものをパラパラ写真にしてみました。
101012gekkabijin当初、香りについては芳香ではあるがかなり強烈に部屋に充満すると聞いておりましたが、最初はそれ程強いと感じるほどのものではありませんでしたが、時間を経過するにつれて部屋の中に漂ってきた香りにはそれ程の不満もありませんでしたが、最後には部屋のドアー開けるほどとなりましたが、充分に楽しむことの出来る香りでした。

さあて、これで今度のツーリングはゆっくり出かけてくることが出来そうです。(笑

そして短い花の命を終えました  (10月13日am8:00 追記)

月下美人の花が全開をしたことを見届けてから写真の整理を全て終え、朝の5時に目覚まし時計をセットして寝ることにしました。
朝5時目目を覚まし早速確認したところ花弁はやや閉じ始めてはきて101013gakka1101013gakka2101013gakka3いましたが、まだ顎はしっかりと硬く花も正面を向いていましたが、時間が経つにつれて顎が柔らかくなりはじめ花蕾も閉じながら重みで下に向きはじめ、7時の段階ではすっかり下に垂れ下がったような状態となりました。
101013gakka4 こうして開花し始めてからおおよそ12時間足らずでしたが月下美人の花は終わってしまいましたので、顎の先端から切り落として鉢は今までのように屋外に出しておきました。
今日は頭が少しぼ~~っとしておりますが、今夜が開花日であったなら明日のツーリングはちょっと心配ものでしたね。(笑

| | コメント (12)

2010年10月 8日 (金)

月下美人、三度目の正直なるか?!

この23日で満1歳を迎える挿し木から育てた月下美人ですが、一年目では花を見ることは難しいであろうと言われていた通り、100928gekkabijin 最初は6月に花芽が2個も付きましたが2mm程の大きさになった時点であっけなく没、そして二回目が9月26日のブログでも書いたようにやっと4cm程の大きさにまで生長したところで果かなくも途中で朽ちてしまいましたが、この時は数日間に渡って花芽の大きくなっていく姿をこと細かく観察していたことから、全く鉢の裏側の葉に小さな花芽が成長していることには気がつきませんでした。

今回は大げさに騒いで前回の時のような二の舞を踏んでも情けない話ということで、101007gekkabijin 今回は密かにその生長を見守っていましたが、この一年間何かとお世話を頂いた里親さん(aiさん)から17cmくらいになったら報告をということで、昨日の段階で16.5cmまで伸びてきたので連絡したところ、今回はどうやらこのまま開花まで行けそうだというお墨付きも頂き、101008gekkabijin 今朝起きて確認したところ昨日からは一気に20cmを越す長さに伸び、午後になって見たときには顎の先端の花蕾の部分が朝とは違って上の方にほぼ45度くらいの角度に持ち上がりはじめていました。
aiさんの想定ではこの花の開花予想は9月15日頃ではなかろうかとのことですが、ここで一つ大きな問題が出てしまいました。
というのも、この14~16日には栃木方面へのバイクツーリングが以前より計画されており、このままでは折角の開花に立ち会えそうもないということになってしまいます。

こんなにも早く芳香で綺麗だという花を見られそうな幸せに心浮き浮きとして開花が大変待ち遠しい毎日ですが、気掛かりなのは開花日が何時になるかということで、 何とか開花を早めさせるためには充分な太陽の光が必要ですが、今夜半からは天気も崩れて雨模様にもなりかねない予報ですので果てさてどうなることやら大変に気がもめます。

| | コメント (4)

2010年10月 4日 (月)

ネギ類諸々

10月に入ってすっかり秋らしい爽やかな感じになってきました。

そして9月17日に同時に植付けをしたネギ科の作物が順調に発芽してきました。
101004wakegi101004eshallot101004settamanegi101004ninniku



分葱エシャレットは昨年初めて栽培した時の球根を日陰で吊るし干しをして保存していたもので、セット栽培の玉葱は昨年の玉葱の余り種を3月に播種し6月初めに2cm程の大きさ(セット球)になったところで収穫して保存しておいたもので、春に収穫した玉葱が底をつき始める晩秋から冬にかけて収穫するためのものです。
ニンニクはやや発芽の状態が不揃いですが、それでも8割方は順調に芽が伸びてきていますので追々と出揃ってくれるものと思います。
玉ネギのセット栽培については、ここをクリックするとご覧いただけます。

101004negi根深ネギについては今年も石倉根深太ネギ、赤ネギ、汐止め晩生ネギの3種類を9月11日に定植をして、その後しっかりと根付きましたので追肥を施してから軽く土寄せをしてありましたが、だいぶ順調に生長してきております。
101004tamanegiまた、9月3日に播種をした早生種の玉葱の苗も順調に育ってきて草丈も25cmほどにまで伸びて株元も随分しっかりとしてきましたので、今年も例年通りに今月の20日頃には定植が出来ることになろうかと思います。

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »