« 3種類のオクラ | トップページ | 猛暑の中の野菜 »

2010年9月 2日 (木)

富士山五合目へ涼を求めての脱出ツーリング

いよいよ9月に入ったというのに中々涼しい秋のやってくる気配もなく、今日も太平洋沖にどっしりと居ずわっている高気圧の影響で太平洋岸は今日も青空の広がる良い天気だが、強い陽射しの影響で大気の状態は不安定とのこと・・・。
昨日(9月1日)は朝起きた時に温度計は早くも30℃を指しており畑造りもひと通り済ませてあることから、前日に天気が良ければツーリングに出掛けると家内に伝え、ナビに目的地の設定も済ませておいたので、朝食を終えてから8時ちょうどに自宅を出発した。

100901fuji01先ずは浜松ICから東名高速で富士川SAに向かい富士山のチェック、富士川楽座の建物の脇に普段なら綺麗な富士山が望めるところですが、矢張り天気予報の通り雲が張り出していて、写真でも何とか判りますが雲の上に山頂だけが僅かながら覗いているという程度でした。
100901fuji03100901fuji02富士川SAのETC専用ゲートとで降り、ここから一般道で富士宮市内にある富士山本宮浅間大社に向かいましたが平日で10時に到着したということもあって殆ど人影もありませんでしたが、拝殿で交通安全と富士山の天候に恵まれるようにと祈願をしてきましたが、ここでもブルゾンを脱いで半袖のTシャツになって歩いていても汗が額から出るほどでした。

浅間大社から目指す富士山宮口五合目の駐車場までは35Kmほどで、100901fuji04 富士宮市内の混雑している通りを抜けだいぶ以前から無料化をされた富士山スカイラインを目指して走ってると上空は真っ青な青空ですが、100901fuji05 目指す富士山には富士川楽座で見た時よりも雲がすっぽりと覆いかぶさっていいて心配をしましたが、富士山スカイラインに入ってから快適に走っているうちにその心配も少しずつなくなり雲の切れ間からこの時期ではまったく雪も見られない山頂も見えてきましたが、これは100円玉のご利益のお陰かな。(笑
目的地に近づくと観光バスのお尻を走らされてややいらいらしましたが、100901fuji06100901fuji07100901fuji08無事に11時20分に標高2,400mの富士山宮口五合目の駐車場に到着すると既に関東、関西方面からも何台かのバイクが来ており、下の方の駐車場にも昨夜から山頂を目指したと思われる車などで一杯で、駐車場から眼下を見下ろすと矢張り途中でも出合った霧の影響でしょうかあまり景色は優れませんでしたが遠くに愛宕山が見てとれました。  近くの案内所に設置された温度計を見ると気温が23℃を指しており思ったよりも低くはありませんでした。
100901fuji10100901fuji09折角ここまで随分久し振りに来たということもあり、20年近く前に山頂を目指したこともありましたが、約20分ほどで到着できる新六合目(2,490m)まで登ってみることにしました。
歩き始めた時の気温が23℃ということもあって、最初はメッシュのブルゾンでも汗は出ませんでしたが、100901fuji11100901fuji12 少し登ると矢張り汗が出はじめ半袖のTシャツになりましたが、それでも強い陽射しの影響で汗が出るほどで、下山してくる人たちと「こんにちは」、「お疲れさん」と言葉を交わしながらバイクブーツで一生懸命に新六合目を目指しました。
ここまで来たところで以前に山頂を目指した時には向かう方向が違うことから行かなかった宝永山が新六合目の山小屋から更に15分ほどかけると宝永山の全貌と火口も見渡せる場所まで行けるということで歩いてみました。  100901fuji13登山口から約35分ほどで到着した標高2,500mまでくると僅か100mほどしか登ったわけではありませんが、気温は2~3℃下がったような感じで、完全に汗も引き吹く風は清々しく、ここから眺める宝永山はとても素晴らしい眺めでした。  100901fuji15
ここまで来るとすっかり足元は火山灰の影響ですっかり真っ白になっていて、ここから宝永山の山頂までは案内板に約55分で到着すると書かれていましたが、12時を既に回っていて腹ペコとなりましたので下山することにし、駐車場に着いた時には12時45分でした。

100901fuji16 先ずは腹ごしらえと言うことで過去にも立ち寄ったことのある忠ちゃん牧場にジンギスカン鍋を食べに行くことにしました。
途中で道を間違え20Km近くも遠回りをして100901fuji17忠ちゃん牧場に到着したのは2時近くになっていて腹ペコもこの上なく、早速ジンギスカン鍋セット(1,580円)を注文し、たっぷりとした野菜を鍋の上に敷きつめてから、その上にラム肉を載せて焼き、久し振りに美味しいジンギスカン鍋を堪能しました。
食事をした後で牧場内には散策できるコースがあり、放牧されている乳牛や今食べたばかりのラム肉じゃあなかった羊の群れを眺めながらしばし腹ごなしのために歩きましたが、流石に富士山の麓まで降りてくるとまたまた下界の暑さで汗にまみれることなり、小一時間ほどの滞在でだいぶ時間も押してきたこともあり、この後で当初予定をしていた沼津行きを中止して帰路に向かいました。
100901fuji18帰りは富士市内に出て、そこからは良く整備された殆どが無信号の国道一号線のバイパスを走り、途中袋井市内で時折出掛ける天然温泉和(やわらぎ)の湯に立ち寄ってツーリングでの汗を長し、自宅には薄暮となってきた6時半に390Kmを走り終えて無事に帰着しました。

|

« 3種類のオクラ | トップページ | 猛暑の中の野菜 »

コメント

WAKA3さん、富士山に行かれたのですね。休みでしたら御一緒したかったなー。私も7月21日夜中の2時に家を出て富士宮口から登りました。5合目まで車で行けると思ったら既に満杯。4キロ下の道路の隅に誘導され、ヘッドライトを付け歩き、運良くタクシーに乗れ5合目に着く。この日はそれほど混んでいなくて5時間ほどで頂上へ、下山には3回程転び2メートルすべる事もあった。まだ暗い中歩き出したから涼しかったせいか疲れが意外と少なかった。今まで見るもので登る事など考えもしませんでしたが登って良かったと思う。今年は登山者35万とか言われていますがうなずけますね。今日も朝1時間ほど畑をやりましたが暑すぎて無理ですね。

投稿: 週末菜園人 | 2010年9月 4日 (土) 15時18分

週末菜園人さん>
何時までたっても暑さが遠のいてくれませんので、とうとう涼しい所にと言うことで、富士山を選択して出かけてきました。
平日でまだ時間も早かったこともあって、下の方の駐車場は空いているところもありましたが、帰りがけには殆ど満車状態でした。
家が麓の近くならば僅かな距離で富士山スカイラインも無料ですし、毎日でも出掛けたいほど快適な気分でしたので、今年の登山者数が多いと言うのも頷けますね。

本当は沼津港に出て追いし海鮮丼でも食べに行きたかったのですが、富士山での時間延長と下山の時に間違えて一時御殿場方面に向かって終い時間をロスしましたので、富士市内経由で帰ってきました。

投稿: waka3 | 2010年9月 5日 (日) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3種類のオクラ | トップページ | 猛暑の中の野菜 »