« 玉葱とカボチャトマトの種の採取 | トップページ | 無花果(イチジク)の季節 »

2010年8月 6日 (金)

夏のバラの剪定

6月の中頃までは朝の花摘みが忙しいほど連日咲き誇ったバラも、100806bara1この時期は猛暑の中で蔓バラはサーベルシュートを勢い良く伸ばし、今年初めに強剪定をした中大輪の四季咲きのバラも残り少ない花が最後の力を振り絞って咲いている程度となりました。
今の時期は気温も高くバラが生長するには厳しい環境ですが、秋に近づくにつれて、やがてバラにとっても過ごしやすい季節になってきますので、この時期に合わせて秋バラを咲かせるために朝の涼しい時間帯を見計らって剪定をしました。

100806bara2花も終わりかけに近い状態で、このまま放っておいても咲かないことはありませんが、秋に綺麗な花を咲かせるために、夏の剪定としては高さはあまり強く切り詰めることはせず、葉の枚数は多く残すようにしながら全ての枝に剪定をかけたので随分すっきりしました。
100806bara3蔓バラは一季咲きということもあって基本的に夏の剪定はしませんが、あまりにも枝の繁茂している個所は切り落とし、勢い良く伸びているサーベルシュートは結束、誘引をしておきましたが、全て剪定をし終えた枝は150リッターの集塵籠にほぼ一杯となりました。
これで秋のバラがまた綺麗な姿を見せてくれることを期待したいと思います。

|

« 玉葱とカボチャトマトの種の採取 | トップページ | 無花果(イチジク)の季節 »

コメント

あら?大分サッパリするものですね?そうですね?秋に咲くバラは、不思議な位、綺麗に見えるのは何ででしょうね~♪・・その容器は折りたたみ?↓へ?場所を取らず便利そう(^_^)v
此処で失礼しますが?↓の玉葱の種の話し・長葱と似てるので?・その網を真似て今、長葱の種をしてるんですが?後は?カラをウチワであおって飛ばすの?。どうするか?手を拱いてます~。。

投稿: ai | 2010年8月 7日 (土) 11時29分

aiさん>
今年の春にかなり強い風が吹いて折角伸びたシュートがなぎ倒されたこともあり、台風シーズンに向けて樹高をあまり高くしたくなかったことから少し強めにしてみましたが、ちょっと切り過ぎたかなと終わってから少し反省をしています。
でも、結果オーライではないかとも思っています。

葱坊主はかなり強めに揉んでも種が潰れたり割れたりすることは殆どありませんので、しっかり揉んで殻を出来るだけ細かくすると、後で仕事がしやすくなります。
細かくなった殻を飛ばすのは、我が家には昔からの竹製の米箕が残っていますので、これを使って上下に反復させがらしながら自然の風を利用して殻を吹き飛ばすようにしていますが、aiさんが言うようにウチワを利用すると言うのも良い方法かもしれませんね。

投稿: waka3 | 2010年8月 7日 (土) 20時21分

今晩は、バラは秋にも花を咲かせますがこの時期に剪定をするんですね。綺麗な花を楽しむには一手間より一作業ですね。庭で楽しむことが出来て大変羨ましい。
春の花より秋に咲く花は少し色が濃くありませんか?
私事ですが、二週間畑仕事をしなかったら、すっかり草だらけに変貌していました。夢中になって草取りをしたら膝を痛めてしまいました

投稿: 週末菜園人 | 2010年8月 8日 (日) 22時22分

週末菜園人さん>
バラを始めてからまだ4年目でやっと育て方が解ってきましたが、それでもまだまだ試行錯誤中です。  夏の花を何時までも咲かせていますと、秋に大輪の綺麗な花が咲かないことは2年目で経験し、昨年はこの時期に剪定をした結果秋に大輪の綺麗な花を見ることが出来ました。
仰られるとおり春咲きのバラはやや淡いような感じで、秋咲きのバラは濃い目な力強い色合いのように思います。

この時期は2週間の放置ですと花が咲き種のこぼれる雑草も多いので後追いにならないように、私はできるだけ毎日僅かな時間(15分程度)朝の除草に心掛けておりますが、お仕事を持たれていると中々大変ですね。  

投稿: waka3 | 2010年8月 9日 (月) 09時14分

剪定すると随分涼しげになりますね。今の時期にも、これだけ手入れをすると秋に良い結果が出るのですね。うちは、もう二回目の花が咲き出しているので、今から剪定するのは間に合わないのかな?暑いし草刈りやその他に追われています。
集塵籠は折り畳み式ですよね。うちでも枯葉集め等に重宝しています。

投稿: kimama | 2010年8月 9日 (月) 16時59分

kimamaさん>
そちらでは夏の時期が少し遅く秋が逆に早いので、夏バラの剪定はどの様なものなんでしょうね。
春咲きは夏にかけてこちらでも大きく2回に渡って開花を見ることが出来ますが、この時期には一度終わりを告げてくれますので、秋咲きをもう一度楽しむことができます。

今朝も早い時間に15分ほど草取りをしてきましたが、取っても取っても次の日に草が目立ちます。
集塵籠はaiさんからも尋ねられていましたが、ご指摘のようにコイルスプリングとネットで作られた折りたたみの優れもので、軽量で持ち運びが出来ますので私も大変重宝しています。

投稿: waka3 | 2010年8月10日 (火) 09時26分

こんばんは。

 薔薇の選定の時期かなと我が家も眺めていましたが、薔薇は2種ありますがよくわかりませんでしたが、早速に選定しましょう。
 毎日、こちらは猛暑です。あすは台風かもと案じています。

投稿: tenmanky | 2010年8月10日 (火) 20時17分

tenmankyさん>
バラの剪定はどれ位の高さの位置で花を楽しむのかで、選定の基準を決定するとバラ園の講習会で教わりました。
バラは冬に剪定をした場合、春の時期に延びるシュートは勢い良く元気に伸びますが、夏の剪定では秋に向けてそれ程大きく伸びることはありません。
そこで私の場合には、家庭ではバラ園と違ってあまり高い位置で開花させるのではなくやや低めにします。
従って冬の剪定は強剪定をかけて春から初夏にかけて楽しむ花の高さを中輪の場合70cm前後、大輪では1m20~30cm前後になるようにしますが、夏の剪定の場合には1/3強の高さを詰める中剪定としています。

台風4号の影響はなかったでしょうか。
こちらはここ3日ほど晴れたり曇ったりですが、かなり過ごしやすい天気で日中でも外からの風も熱風ではなくエアコンなしで平気でした。

投稿: waka3 | 2010年8月10日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉葱とカボチャトマトの種の採取 | トップページ | 無花果(イチジク)の季節 »