« 夏のバラの剪定 | トップページ | スープ用カボチャの収穫と土壌消毒 »

2010年8月13日 (金)

無花果(イチジク)の季節

台風4号は当地には何の被害も残すこともなく無事に通り抜けていき、また再び暑い太陽が照りつけはじめ、この暑さと共にイチジクの収穫ができるようになりました。

イチジクの栽培は宮城、福島、新潟辺りがの北限のようですが、ネット仲間の長野の諏訪地方では夏は気温もかなり上がるようですが、栽培するイチジクの木には甘く美味しいイチジクの実が付かないと嘆いておられましたが、どうやら冬季の低温には弱いことから春先から夏にかけて樹勢をつけていくことが難しいということからかもしれません。

100813itijiku1我が家のイチジク(品種名:舛井ドーフィン)は今年で5年目を迎えますが、栽培条件にも恵まれているということからでしょうか、僅かに1本だけですが毎年80個前後の実をつけてくれて、今年も今日初めての収穫が出来ました。
100813itijiku3100813itijiku22日間ほど天気が悪かったために収穫を見合わせていたことと、気温が一気に上がったことからでしょうか、しっかり完熟したイチジクが3個一度に収穫が出来、大きいのは一つ当たり190gもある大実なイチジクで、昨年よりも今年は更に良さそうなイチジクが期待できそうです。

100813itijiku4ところでイチジクは挿し木で増やすことが出来ますので、昨年収穫を終えてから剪定をした枝の中で、素性の良さそうなものを1本選び挿し木をしておきましたが、5月に新しい芽が出てきて樹高は40cm足らずですが、だいぶそれらしい姿になってきました。
挿し木をしてから実をつけるまでには、樹勢が整うために3年は掛かりますので、近日中にカミキリムシの被害にあわないように簡単なネット掛けをしておきます。

食べてみました  (追記 8月14日)

冷蔵庫に3時間ほど入れて冷やしておいた初物のイチジクを早速食べてみました。
100814itijiku1私の糖度計はデジタル式の高価なものではなく、プリズムを利用した安物の手持ち屈折計なために、データの表示が覗いて目で確認するもので、写真撮影は覗き穴にカメラをセットしなければならないという厄介なもので、測定物が果肉だけで液体分が少ないと鮮明な測定値がで難いという代物で、イチジクの場合もやや不鮮明ではありますが、どうやら糖度は15℃を少しだけ上回った値を示していました。  

|

« 夏のバラの剪定 | トップページ | スープ用カボチャの収穫と土壌消毒 »

コメント

イチジクの季節ですね。おいしいそうですね。品種名も
懐かしいです。
 私は大好きです、家内はいつもそこ産地の道の駅に行くとこの時期、私はすぐにイチジクの陳列の前に行くと笑います。こちらには、いちじく産地がありTVで産地情報でやっていました。
 実は今日、墓参りに行きますがその道程にこの産地あり、道の駅もありますので楽しみです。

参考 品種名 とよつひめ
福岡県で生まれた新しい品種で、糖度が16~17度になる甘みの強いいちじくです。出願者が所有する育成系統を交配したもので2006年(平成18年)に品種登録されました。果皮は赤紫色で果肉は緻密でジューシー。旬は8月中旬頃からです。◆ひとり言

投稿: tenmanky | 2010年8月14日 (土) 06時37分

参考 品種名 とよつひめ
訂正です。品種名 「とよみつひめ」です。

投稿: | 2010年8月14日 (土) 06時40分

tenmankyさん>
こんにちは。
我が家のイチジクは、そこいらに良くある一般的なものです。
しっかり木で熟してから収穫し半日以上放置してから冷蔵庫で冷やして食べますが、皮ごとぺろっと食べられます。
今朝早速食べてみましたが、糖度については追記で掲載してみましたが、まあまあ満足のいくものだと思っています。

"とよみつひめ"を早速検索してみましたが、福岡県の行橋市豊前町が出生地で今注目のブランド果実のようですね。

投稿: waka3 | 2010年8月14日 (土) 14時27分

 ご無沙汰に過ぎ失礼致しました。
 数回分の記事を 一気に読ませて頂きました。
 お元気で、夏野菜も極めて順調なご様子何よりです。

 年々イチジクが良くなり、さすがです。
 完熟のイチジクは柿やリンゴのように保存がきかないので、一度に 大量に穫れると 他事乍ら、消費が追いつかないのでは? など よけいな心配をしています。
 また イチジクの挿し木も上手に 丁寧に育てておられるのに感心しております。
 もう数年も経つと、と大変な量のイチジクが採れ、さながらイチジク園になりますね。

 夏野菜の 採種も順調に進んでおられるようで、お見事だと拝見しています。 
 あつかましいご相談ですが、極早生のスタビストマトの記事を拝見し、来年は うちのトマトも見直しを考えています。(但し、来年は農園の契約が切れ、後年の契約が出来ればのことですが)もし 差し支え無ければ 種を4~5粒頂戴出来ればと願っています。 年内には 来年の農園の当落も分かりますので、改めて お願いしますが その節は宜しくお願い致します。

投稿: 菜園ブログ | 2010年8月14日 (土) 15時36分

菜園ブログさん>
こんばんは。
暑い日が続いていますがお身体の方はお変わりありませんか。

イチジクは日持ちしないのが難点ですが、収穫最盛期でも一日当たり2個程度で完熟具合を見ながら収穫していますので、今がちょうど良い按配で2本にすると持て余すのかもしれませんね。(笑
今年のスタピストマトの採種は発酵も上手くいき、数も充分取れましたので後日お送りしておきますので是非栽培されてみてください。
きっとこのスタピストマトも気に入って頂けるものと思っています。

投稿: waka3 | 2010年8月14日 (土) 20時51分

糖度が15とは驚きました。甘いでしょうね~我が家はベランダに近づけて一本植えて有り毎年たくさんの実が付けます。でも収穫時期を迎える前に、小さいサイズのまま落ちてしまい中々口には入りません

投稿: kimama | 2010年8月20日 (金) 16時47分

kimamaさん>
今日戴き物で「藤稔」という品種のブドウの糖度を測定したところ糖度が同じ15度でしたが、果物の持っている味わいが夫々に異なることから美味しさを比較するということは中々難しいものですね。

作物も少しずつですが栽培の北限が北に進んでいるようで、ひょっとしたら今年あたりは猛暑の影響で収穫が出来るかもしれませんね。

投稿: waka3 | 2010年8月20日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏のバラの剪定 | トップページ | スープ用カボチャの収穫と土壌消毒 »