« 月下美人のその後 ~ 花芽が枯れてしまった | トップページ | スタピストマトの自家採種 »

2010年7月17日 (土)

今年3回目の人参と万願寺唐辛子

今日も朝からどんよりとした曇り空で昼過ぎからは青空も見えましたが、このところ連日湿度の高い暑い日が続いており本当に鬱陶しい毎日です。

人参はスーパーの野菜売り場でで100円も出せば数本も購入できますが、それでも自家栽培の人参は柔らかくて美味しいことから私は周年栽培をしております。
現在収穫しているものは今年の3月5日に播種したもので、100715ninjin1初期には気温も低かったことからトンネルを施しながら育てたもので残り数本のみとなりましたが、今年2回目として5月10日に播種したものが現在ここまで大きくなってきましたので今月末になればそろそろ収穫も可能ではないかと思います。
100715ninjin2そして今年3回目となる7月2日に播種したものが梅雨の時期ということもあって、気温と良いお湿りにも恵まれて7日に90%以上の発芽状況で出揃いました。
ちなみに3月5日播種したものはトンネル内で発芽までに12日間、収穫までには60日ほどでしたが、5月10日に播種した人参は発芽に10日間、収穫は今月末として約50日ということになりますので、人参は梅雨の時期の天候に合わせた種蒔きは何の手間も要らず発芽にとってもとても効率が良いといえそうです。

100719ninjin週末菜園人さんのコメント欄のご質問にお応えして、私が使っている人参の向陽二号の種がどの様なものか分かるように写真を掲載しました。  種が特殊な材料でコーティングされていているために大変蒔き易く畑には一粒ずつ一定間隔に筋状に蒔きます。

今年の夏野菜は2月9日に種を蒔き大半は3日~1週間ほどで発芽しましたが、何故か自家採種しておいた万願寺唐辛子だけが中々発芽せず21日もかかってやっと発芽しました。  その後発芽育苗器から出して温室の中で育てましたが、ピーマンやシシトウ等は発育が遅いこともあり、例年僅か1本だけしか栽培しないこともあってスイカの苗を購入する際に種苗店で大苗を購入してきました。
その後なんとか自家採種した種から育てた苗も育ち、100715sisitou写真は現在ここまでに育った万願寺唐辛子で、購入苗共々やっと収穫が出来るような状態となりましたが、種苗店で購入してきたものは長さは結構あるのですが一向に太くなっていく気配がなく、色合いも黄緑色でどうも長めな普通のシシトウのような気がします。
自家採種苗で育てたものは長さが13cm、太さも2cmほどにはなっています。
購入した店は大きな種苗専門店で人出や売り出されるワゴンの数も半端ではなく、同じ系統の野菜苗の入った育苗箱がワゴン車に所狭しと積まれていましたので、お店側のミスか私の取り間違いだったのか今になっては判りませんが、矢張り自分で播種から育てるのが一番間違いがありませんね。(笑

|

« 月下美人のその後 ~ 花芽が枯れてしまった | トップページ | スタピストマトの自家採種 »

コメント

人参の周年栽培なんて羨ましすぎです(笑)たくさんは要らないけれど年中欲しい野菜の一つですからね。自家栽培ものは香りが違うと思いますし・・・
花や野菜の苗は購入してしまうことが多い我が家ですが、ラベルと違ったり思っていたのと異なる結果になることが多々あります。やはり播種が一番ですね。

投稿: kimama | 2010年7月16日 (金) 22時40分

kimamaさん>
我が家ではこうして作った人参が多少は息子達にも持っていきますが、殆どは我が家でなくなってしまいます。
人参は向陽2号といって、作り易さや食感などを考慮して作られた交配種ですが、ペレット状になった種子で発芽率も良いことから例年これで作っております。

シシトウについてはその後調べてみたところ、どうやら形状や大きさから見て「伏見唐辛子」ではないかと思っております。
だとしたら、間違いは私ではなく矢張り種苗店の方にあったような気がします。

投稿: waka3 | 2010年7月17日 (土) 12時11分

 ニンジンの周年栽培は羨ましいです。
 waka3さんの写真を拝見すると、うちの栽培法はセコイの一言です。2月に種を蒔いたニンジンを 密植のままで大きくし、5月の終り頃から 大きいものから間引き穫りして、小さい株を穫り残しています。 今の状態は 丁度waka3さんの 5/10蒔きと同じ様になっています。 ぼちぼと トウも立ってきそうなので、残株を全部引き抜くつもりです。

 左のシシトウは「伏見甘長」と姿も 葉の形もそっくりですね。

投稿: 菜園ブログ | 2010年7月17日 (土) 22時17分

菜園ブログさん>
人参は通常播種後110~20日くらいでの収穫といわれますが、我が家では80日後位から収穫をし始めて薹立ちする前には殆どなくなっております。
しかし、時々蒔き時を忘れてしまうこともありますが・・・。(笑

シシトウは矢張り菜園ブログさんの目でご覧になっても伏見唐辛子のようですね。

投稿: waka3 | 2010年7月18日 (日) 09時56分

梅雨もあけ今度は暑い夏、お体にはご自愛ください。
ところで人参ですが、間引きをしなくて済むように種蒔きをしているのですか。私は種が小さいので一箇所にまとまってしまう事が多く収穫までに随分間引きをします。余分な作業をしている様で非効率な事ばかり、考えもしないでいるからかも。他にも似た事で無駄な種蒔きをしています。今日は暫く間が空いた畑で栗坊かぼちゃの収穫を済ませ草取りもやり日も暑くなりだして作業を終えました。

投稿: 週末菜園人 | 2010年7月18日 (日) 17時50分

週末菜園人さん>
梅雨が明けたと思ったら一気に暑い夏がやってきました。

人参ですが、私は「向陽二号」という品種を使用していますが、参考までに写真を掲載しておきました。
通常の人参の種と違って、種が特殊な材料でコーティングされて一つの粒が2mm弱の大きさになっています。
人参は発芽までの日数が少し長いために、播種後に土壌を乾燥させないように注意が必要ですが、このために通常では種を筋状に蒔いて発芽してから間引きをするようにしますが、「向陽二号」はペレット状になっているために最初から一定の間隔をあけて私は一粒ずつ蒔いています。
このために梅雨時のように常に土壌が湿っていればほぼ100%に近い状態で発芽しますが、雨の少ない時には毎日の管理が必要で、これを怠りますと発芽率がガタッと落ちてしまいますので、この点が要注意です。

今週末は天気が良ければ沼津港まで出かけようと思っています。
無論、狙いは干物と帰りに温泉です。(笑

投稿: waka3 | 2010年7月19日 (月) 11時00分

今晩は。写真つきの説明でよく解りました。最初はどんな事をするのか、どんなからくりが有るのかとか、別のことを想像しましたが今では便利な種が売られているんですね。納得しました。有難う御座いました。
週末に当地へこられるとの事、機会が有りましたらお逢いできたら良いですね。mailtoをしてみます。

投稿: 週末菜園人 | 2010年7月19日 (月) 20時50分

思いっきり!の暑さ到来ですね?
その人参の種、蒔き易くていいですね~♪・・aiもwakaさんが蒔いてるのを真似て6/21に蒔きました(^^ゞ・日差しの関係上aiの畑は。。秋作が望み薄なので、人参や牛蒡なら冬に向って・・やはり日差しの関係で、wakaさんの所より大分・生長に時間がかかって遅いのではと?見込んでなんですが?・その種のメーカーは?

あ~干物はいいですね~沢山買って来て下さい!・あ?シラスやアサリもいいかも?(^^ゞ今時期、丁度連休の後で、夏の連休前ですから、ゆっくり行って来れますね?♪暑いですから道中、お気を付けて!

投稿: ai | 2010年7月21日 (水) 14時32分

aiさん>
今日は34℃まで上がりました。 明日はされに気温が上がるとか、勘弁してほしいですね。
人参はこれだけ暑いと折角芽が出揃っても、暑さでやられてしまいますので折角出揃ったものが全て育ってくれるかちょっと心配です。

沼津には週末ではなく昨日行ってきちゃいました。
浜松から富士までは国道1号線のバイパス(現在は完全無料)が走っており、昨日は平日でもありスムーズに走れましたので高速道路を使わずに楽に行ってきました。
干物は、燦々と照りつける太陽の下で作られていた超特大のトロアジの干物、サバの干物、サバのみりん干しで、これで当分美味しい干物が食べられます。

投稿: waka3 | 2010年7月21日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月下美人のその後 ~ 花芽が枯れてしまった | トップページ | スタピストマトの自家採種 »