« カボチャトマト?の収穫と黒落花生と仏掌芋 | トップページ | 月下美人のその後 ~ 花芽が枯れてしまった »

2010年7月 6日 (火)

カボチャの追肥

大気の状態が不安定になった影響とかで、都心では昨日の夜半から百数十ミリものゲリラ豪雨で幹線道路が冠水し車が水没したとかTVで報道されていましたが、、昨日のこちらでの天気は快晴のうだるような暑さで、昨日に引き続き今日も日差しが気温と湿度を押し上げてうんざりするような一日でした。
しかし明日からは、またまた梅雨空に逆戻りということですので、今日は夏野菜全体の追肥とスイカやカボチャについては3回目の追肥をしました。

作付け2年目となる鶴首カボチャは樹勢が強く昨年は最後まで100706turukubi1ウドンコ病に罹ることもなく、僅か1本の株から実際には途中で樹勢確保のため摘果しましたが、それでも17個もの収穫ができましたが、今年はゆったり栽培(現在鶴は南北に9mほど伸びたところでUターンさせています)に変更したこともあっても昨年以上にとても元気に育っています。
スイカやカボチャは蔓の延びていく100706turukubi2先に根も伸びていくといわれていますが、写真は株元から3mほど離れた個所を掘ったものですが地中の10~15cmのところには無数の根が伸びており、更にもう少し掘ったとことには直系3~5mmほどの太い根も見られその凄さには圧倒されます。
100706turukubi3一回目の追肥が株元から1m、2回目が2.5m、回が3.5mほどのところに追肥をしました。  左右の少し土の色が濃いところが今回追肥した個所で、右側が株元から3.5mに位置するところです。
雌花が咲き始めたのは6月20日頃と他のカボチャに比べて2週間ほども遅かったのですが、現在では葉の下にはご覧のように既に15個近くが結実しており、追肥を終えたところで太陽の光を与えるように蔓を外に広げておきました。

100706mikekado三毛門カボチャもほぼ同様の育成状況で、こちらにも同じような個所に追肥を施して置きましたが、こちらは鶴首カボチャよりも10日ほど開花が早かったことから、最初は鶴首カボチャと同じような淡い黄緑色ですが、濃い緑色に変化しており、更に収穫時には橙色に変化していきます。  蔕の部分に紐が結わいてあるのは採種用としての目印です。

100706kuribou 以上の2種類はスープ用としてのカボチャですが、煮付けようとしては少人数の家族用に昨年から栽培し始めた坊ちゃんカボチャの「栗坊」ですが、こちらは3日前に初めての収穫をして既にカボチャのそぼろ煮として美味しくいただきましたが、まだまだ16個もぶら下がっておりますので、こちらもしっかり追肥をしておきました。

後2~3日で初めての小玉スイカの「紅小玉」も収穫できそうです。

|

« カボチャトマト?の収穫と黒落花生と仏掌芋 | トップページ | 月下美人のその後 ~ 花芽が枯れてしまった »

コメント

つる首かぼちゃが沢山、成っています。素晴らしいです。

投稿: tenmanky | 2010年7月 7日 (水) 02時44分

tenmankyさん>
昨年頂いた鶴首カボチャがスープ用には菊座型の三毛門カボチャよりも加工し易く、樹勢もこちらの方が遥かに強く、味も双方それ程の違いがありませんので、今年以降の主力は鶴首カボチャとなりそうです。

投稿: waka3 | 2010年7月 7日 (水) 09時50分

凄いカボチャのオンパレ-ドですね、waka3さんあたりだと目をつぶっていても収穫出来るんですね。また、坊ちゃんかぼちゃも、まるで風鈴を飾っているようで、授粉はどのようにしていますか、蜂任せですか?
信州の方は、モロコシが凄いです、狭い十字路だと車の運転で神経使います。
waka3さんからいただいた、三毛門、(3株)鶴首(2本)の葉っぱが20センチ超えました。花オクラの方も徐々に大きくなっています。
小豆(丹波大納言)は、いろんな虫がきて?昨日は、根元からばっさりやられました、今日、薬をばら撒きました。一度、荒れた地は、虫が多いとかいっております。

投稿: くんぱん | 2010年7月 8日 (木) 19時46分

くんぱんさん>
鶴首カボチャの樹勢は物凄いもので、放っておけば蔓の先端は多分20m以上は裕に伸びていくのではないかと思います。
くんぱんさんのところの畑は結構広いのでそれほど心配はないと思いますが、それでも5本となると大変なことになりそうですので、その点だけはご注意くださいね。

オクラは私もツーリングから帰ってきて植えましたので、やっと30cm位の草丈になってきていますが、どちらが早く開花するか競争ですね。(笑

投稿: waka3 | 2010年7月 9日 (金) 10時27分

今頃は紅小玉のお味をみている頃でょうか。カボチャは鶴の首がたくさん並んで壮観でした。それに栗坊が中に浮いてるのも面白く拝見しました。
スイカやカボチャは蔓の伸びる方に根を張るということ。当然と言えばそうなのでしょうが納得させられました。丁寧な追肥に確かなお返しがあることにも・・・

投稿: kimama | 2010年7月 9日 (金) 15時52分

kimamaさん>
大玉スイカの収穫には40数日を必要とするようですが、小玉スイカの場合には35日程度で収穫出来ますので、昨日で2個目の収穫が出来ました。
糖度も11.8℃と太陽が少ない割にはまずまずの出来でした。

スイカやカボチャは蔓の伸びる方にということではなく、伸びていく長さに従ってその長さに応じて根を張っていくようです。
でも実際には蔓が10m以上になってもまだ延びていくかどうかは定かではありませんが、5m先でも根の確認ができましたよ。

投稿: waka3 | 2010年7月10日 (土) 07時50分

 カボチャの根は、猛烈な勢いで広がるのですね。
 学校の新農園は広いので、カボチャを植えていますが、何メートルも離して追肥をする様には指導していませんでした。 認識不足でした。

投稿: 菜園ブログ | 2010年7月17日 (土) 21時49分

菜園ブログさん>
私も蔓の伸びに合わせて追肥をするということを最近になって知ったことですが、確かに地下にはビックリするほど根が伸びていました。
しかしながら追肥はほぼ3m辺りのところまでで終えているようです。

投稿: waka3 | 2010年7月18日 (日) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カボチャトマト?の収穫と黒落花生と仏掌芋 | トップページ | 月下美人のその後 ~ 花芽が枯れてしまった »