« 今年3回目の人参と万願寺唐辛子 | トップページ | 玉葱とカボチャトマトの種の採取 »

2010年7月21日 (水)

スタピストマトの自家採種

17日に梅雨が明けて以来、連日の30℃を越す猛暑で今日は34℃まで上がり、明日は更に上がって35℃超の猛暑日の予報となっております。

ここ数年来作り続けているお気に入りのスタピストマトの種子の採取を本来ならもう少し早く始めるところでしたが、梅雨の関係もあって少し遅くなりましたが今日やっと終わりました。
100721tomato1スタピストマトは中玉ですが、この中でもできるだけ形が良く大きなものを選んで、畑でゆっくり完熟するまで放置しておき収穫してから更に3日ほど放置してから7月16日に種子の採取を開始しました。
ちなみにこのトマトの果重は95gありました。
100721tomato2まずトマトを手でゆっくり割って、中からゼリー質に包まった種子を取り出して容器(今回はビールのジョッキ)の中に入れました。  容器は直射日光に当たらない暖かい場所に2~3日置いておきます。  暫くすると泡が出てきて発酵が始まりますが、これはゼリー質に作用する細菌によるものだそうですが、ここから生まれる抗生物活性は斑点細菌病、斑葉細菌病、カイヨウ病などの病気に対して効果があるそうです。  但し、発酵が長過ぎると発芽してしまう恐れがあるために注意が必要です。
100721tomato3種を取り出してから今回は2日後に充分に発酵したので容器から種子を取り出し、フルイの金網を通して種子の回りに付着しているゼリー質状のものをこすり洗いして綺麗に取り去ります。
100721tomato4ゼリー質が取れると濡れている状態ではハッキリ判りませんが、短い毛に覆われた種子が現れますので、これを金網の上に種子が重ならないように一層に広げ、半日ほど日向干しをした後で2~3日日陰干しをして乾燥したところで種子の採取は完了となります。
100721tomato5今回は7月16日に開始してから発酵のために2日間、乾燥に3日間を要しましたので5日間で種子の採種が完了したことになります。
種子がしっかり乾燥すると短い毛に覆われた種子がカット写真でも良く判ります。
これで来年のスタピストマトは今年同様に7~8株しか栽培しませんがひとまず安泰となりました。

夏野菜収穫まっ盛り

この暑さでは葉菜類にとっては気の毒なものですが、果菜類はや豆類は作物によっては夕方の散水を施すことによって元気に実をつけてくれています。
100721natuyasai1最初に植えた胡瓜と収穫の早かったスタピストマトと栗坊カボチャについては終盤を迎えつつありますが、大玉トマトの露地ゆたかや小玉スイカの他に僅か一本ずつしか植えていない茄子、 ピーマン、シシトウはこれからまだまだ収穫が続きます。   ちなみに今回の大玉トマトの露地ゆたかは一つが340~430gの大きさでした。
100721natuyasai今日になって三毛門カボチャが全体が綺麗なオレンジ色に変わりましたので今年初めての収穫となりましたが、同じスープ用に栽培している鶴首カボチャはやっと部分的にオレンジ色になり始めたところで収穫にはまだ3週間程度は掛かるものと思います。

|

« 今年3回目の人参と万願寺唐辛子 | トップページ | 玉葱とカボチャトマトの種の採取 »

コメント

wakaさん?トマトの種・・こうして採ってたんですか~素晴しいですね!効用も勉強に成りました!・・最終段階の種の姿も初めて見ましたよ?こんな産毛みたいなのが有るんですね~いや~関心しちゃいました♪

「毎日、毎日おいらは鉄板の~上で焼かれて・・」
この心境ですよね?(^^ゞ・・身は焼かれないけど?(笑)・家が焼かれ状態で熱がコモって。。コレが中々抜けず・2Fは朝6字でも29度ですよ?。。今日の夕刻は極めつけでした。。(-_-;)・・共に気を付けましょう!!

投稿: ai | 2010年7月22日 (木) 18時21分

aiさん>
本当に鯛焼き状態ですね。(笑
今日は浜松でも37.6℃まで上がったとこもありましたが、我が家の温度計も35.5℃まで上がりました。

種子の採種で一番面倒なのがトマトで、うっかり忘れてしまうと一からやり直しになりますので、発酵させる時だけは目を離せませんね。

投稿: waka3 | 2010年7月22日 (木) 21時15分

スタピストマトの種は毛深いんですね、初めて見ました。信州も暑いです、このクソ暑い中、小豆の土寄せをしました。一畝やっては日陰に入ります、ムシムシしないからいいです。夜は網戸で何とか扇風機無しで寝られます。三毛門カボチャ、当初、根きり虫にやられましたが、根が少し付いていたので又植えました、今は何とか生き始めました。(三毛門3本、鶴首2本)今日、初めてジャガイモ試し堀しました、大白とアンデスです。

投稿: くんぱん | 2010年7月23日 (金) 19時10分

くんぱんさん>
こちらは海岸に近いことから爽やかな浜風が吹きますので窓を開けておけば家の中を風が通り抜けていきますが、このところ昼は熱風で夜は最近では物騒なので戸締りをしないといけませんので寝る前の時間だけのご利益です。

トマトの種は2mm弱の大きさですが、効して拡大してみると毛のようなものがとてもよく分かりますね。

畑が広いとはいえ三毛門3本に鶴首2本はちょっと多過ぎるように思いますが、植え付けが遅かっただけに上手く収穫できると良いのですが・・・。

投稿: waka3 | 2010年7月24日 (土) 08時40分

トマトの種はゼリー状の中で発酵する・・・それが殺菌の効果をもたらすとは驚きました。自然界の営みは何と素晴らしいのでしょうか。そのことを発見した方も凄いし、それを実践されるwaka3さんにも感服です。
酷暑が続いてますね。この時期、野菜作りに熱中するのは程々にして熱中症に呉々も御用心してください。

投稿: kimama | 2010年7月25日 (日) 13時48分

kimamaさん>
種子の採種はもっぱらハンドブックと首っ引きで、格好の良いことを言っていますが全て請け売りなんですよ。(笑

このところ連日の猛暑でが続いていますので、畑に出るのは朝の収穫時と夕方の散水時のみにしています。
この辺は比較的降雨が少ないことから贅沢なもので今度は雨が欲しくなってきました。

投稿: waka3 | 2010年7月25日 (日) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年3回目の人参と万願寺唐辛子 | トップページ | 玉葱とカボチャトマトの種の採取 »