« 久し振りのキャンプツーリング | トップページ | カボチャトマト »

2010年6月14日 (月)

カボチャ4種

昨夜のニュースではどうやら梅雨に入った模様と伝えておりましたが、今日は朝からどんよりとした曇り空でどうやら当分の間は愚図ついた天気が続く模様です。

カボチャには、栗のようにホクホクして甘いことから栗カボチャとも言われ煮付け用に適した西洋カボチャ品種ねっとりして甘みが少なくやや水っぽい感じで欧米などではもっぱらスープとして利用されている日本カボチャ品種がありますが、今年もカボチャは西洋カボチャの宿儺(すくな)、栗坊カボチャと日本カボチャの鶴首、三毛門カボチャの4種類を1本づつ同じ時期に播種(3月15日)をし同じ時期に定植(4月28日)をしました。

ここ数年両方の品種のカボチャを栽培していますが、西洋カボチャ品種は早い時期から雌花が咲きはじめ生り始めますが、7月の中盤には収穫を終えるといった比較的短命でウドンコ病に罹り易いのが難点のように思います。
その点では西洋カボチャ品種はウドンコ病には罹り難くいことから大変作り易い品種で、樹勢が強いことから9月下旬までカボチャが沢山生り続けます。
 
kuribou1先ず、西洋カボチャ品種の栗坊カボチャは直径12~3cmのkuribou2ミニカボチャですが、少人数にはうってつけのカボチャで、 昨年に引き続き2回目の作付けをしましたが、今年はちょっと趣向を変えてアーチ型の吊り棚方式にしてみましたが、上手い具合にネットの上を蔓が這ってナットの間からカボチャがぶら下がっています。  矢張り4つのカボチャの中では一番最初に雌花が咲きはじめ、あっという間に5本の蔓に14個ものカボチャがぶら下がっており、早いものは7月10日頃には収穫できるものと思います。

次にスクナカボチャですが、100614sukuna_2このカボチャは岐阜県の飛騨地方のみで作られていたというもので、7年ほど前に種を頂いて作りはじめましたが、珍しいということもあって以降は種の採取を目的として作り続けていますが、欠点といえばあまりにも大きくなり過ぎることから少い家族ではちょっと食べきれないといったところでしょうか。  スクナカボチャは浜の畑で作っていますのであまり管理も行き届きませんが、それでも4本の親蔓に既に7果が生っております。

100414mikekadoさて日本カボチャ品種の三毛門カボチャは、我が家に来てから今年で3年目を迎えますが、樹勢が強く大変作り易いのですが、写真で見るようにスクナカボチャと比べ同じ時期に定植したにもかかわらず、今の時期ではかなり貧相な状態に見受けられ、雌花も今までにやっと3つが開花したのみで、あまり雌花も今のところ見当たりません。

最後に鶴首カボチャですが、100614turukubiこのカボチャもスープ用には最適なもので作付けは今年で2年目となりますが、菊座型の三毛門カボチャに比べて鶴首カボチャはひょうたんを長くしたような形をしています。  このカボチャも現在の状態はほぼ三毛門カボチャと同様な蔓の状態ですが、大きく違うところは未だもってどこを探しても雌花が見つからないといったところで、本格的には梅雨の空ける頃からではないかと思います。

昨年は栗坊が21果、スクナは自然交配が主だったことから6果、三毛門が9果、鶴首は17果で、実際には三毛門や鶴首カボチャは途中でかなりの摘果をしましたので、樹勢に合わせれば相当数の収穫が出来たものと思います。
尚、宿儺カボチャ、三毛門カボチャ、鶴首カボチャの栽培の記録は、ここをクリックするとご覧いただけます。  

|

« 久し振りのキャンプツーリング | トップページ | カボチャトマト »

コメント

waka3さんは、いろんな種類のかぼちゃ植えているんですね、食べる方も大好きですか?今回、初めて気が付きました、画像の上にマウスを乗せると名前が浮かぶ事を、漢字で鶴首?そのまま読んでいいやら迷っていました。かぼちゃの下に波板?今年は稲藁が手に入らなくて、ヨモギの根っこを乾燥した物を置いています。
トマトの実がなり始めました、可愛いもんで、トマトの雨よけを作り始めました、制作費、17千円超えています。waka3さんから頂いた、かぼちゃ、オクラがポットで芽が出ました。

投稿: くんぱん | 2010年6月16日 (水) 06時14分

くんばんさん>
おはようございます。
カボチャは本当ならスープ用と煮付け用に夫々1本ずつあれば充分なのですが、宿儺カボチャは岐阜県の飛騨地方だけで作られていた珍しい固定種で、三毛門カボチャはどうやら日本に最初に持ち込まれたという九州の三毛門地方で栽培されていたこれも固定種ということもあり、本当はこんなには要らないのですが珍しさで作っております。(笑

訪問時にお渡ししたカボチャは直ぐに種を蒔かれたならば、既に本葉が開いて大きくなってきていることと思います。
早ければ今月末頃には定植が出来ると思いますが、この場合小豆を蒔かれるといった畝を1畝頂いて、この畝の半分ずつで2本のカボチャを作られる程度のスペースを確保して頂いた方が良いと思います。
波板(樹脂製)は余っていたものがありましたので、浜の畑には敷き藁を施してありませんので活用してみました。

トマトの雨除けには随分投資をされたようですが、使い回しの出来る規格品で良いものがあったのでしょうか。  美味しいトマトが出来ると良いですね。

投稿: waka3 | 2010年6月16日 (水) 08時59分

今年も様々なカボチャが出揃ったようですね。アーチ型に仕立てた栗坊カボチャも順調な滑り出しでビックリします。このようにしたメリットは、何だったか思い出せずにいます(゚ー゚;それにしましても、料理に合わせたカボチャの栽培に毎度ながら頭が下がります。実に綺麗に手入れされた畑ですね。

投稿: kimama | 2010年6月19日 (土) 14時20分

kimamaさん>
今までにもミニカボチャをネットを使った吊り方式で作ったことがありますが、この方法が30分ほどで一番簡単に出来、収穫数からいっても最適で、来年からはこれでOKのようです。
吊り方式のメリットは、地植えですと蔓が交差しはじめるとどの蔓に幾つ出来たのかも判り難く、カボチャを収穫するまで敷き藁とか枕となるものを施す必要がいらなくなりますので、蔓が比較的伸びない身にカボチャにはうってつけだと思ったからです。
今回は見事にその効果を果たしてくれたようです。

投稿: waka3 | 2010年6月20日 (日) 07時44分

おはようございます。大雨と強風で山行は中止になりました。この強風で20メートル近くの風が吹くところがあるとの事、リーダーの決断で延期になり楽しみが暫く先になりました。午後になって雨がやみ風は相変わらずでしたが、収穫時期を迎えていた玉葱の収穫を妻にも手伝ってもらい、本来でしたら好天の中で乾かしながら収穫したかったのですが今週は天気も期待できない状態で少し無理を押して収穫しました。ナスの木もピーマンも倒れているし強風の後の畑は大変。今年始めて植えたズッキーニも途中から折れているしショックですね。そんな中、栗坊かぼちゃが一つ10センチほどの大きさで実を付けていました。WAKA3さんのアーチ型の栽培なるほど、
今は蔓が延びてしまっているので、来年は計画的に是非参考に(まねる)させた頂きます。

投稿: 週末菜園人 | 2010年6月20日 (日) 08時41分

週末菜園人さん>
梅雨に入ってからおかしな天気続きで、こちらでも一昨日は強い風が吹きましたが、畑の方は事前に手当てをしておきましたので難を逃れましたが、ハイビスカスやブーゲンビリアの大鉢は朝起きたら転んでおりました。
また浜名湖では校外学習ということで来ていた中学生が強風によって船が転覆してそのうちの一人が亡くなるという悲惨な事故が発生してしまいましたが、これも「判断の誤り」からきた事故だといえるかと思います。
その点では登山についても天候は危険が背中合わせかと思いますので良い決断だったのではないかと思います。

カボチャの吊り棚はお近くなら菱チューブの余ったものをお分けできるのですが、強風にも強く管理も容易になりますので、是非一度お試しになってみてください。

投稿: waka3 | 2010年6月20日 (日) 09時38分

 広い場所に整然と植えられていて、手入れがよくゆきわたっているのに感心しています。

 栗坊カボチャの棚方式は、この種にはピッタしの様ですね、いい考えだと思いました。
 これだったら 我々の所の狭い場所でも 栽培可能かも?と思いました。

 それぞれのカボチャの特徴をつかんで、的確な栽培をしておられるので 枯れ枝もなく実に奇麗です。

投稿: 菜園ブログ | 2010年6月20日 (日) 23時23分

菜園ブログさん>
ありがとうございます。
ミニカボチャは狭い場所で数的にも収穫量が多いので是非お薦めだと思います。
カボチャは長期間の保存も利きますので是非お試しください。

投稿: waka3 | 2010年6月21日 (月) 08時31分

初めまして、飛騨かぼちゃの種を探していてたどり着きました。
何年も栽培されているとのこと、素晴しいですね。
私は野菜栽培をはじめて3年目に成りました。
図々しいお願いですが、飛騨かぼちゃの種が残っているようでしたら何個か御分け願えないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿: morioka_1948 | 2012年4月14日 (土) 15時04分

morioka_1948さん>
初めまして。
飛騨カボチャをお探しになっておられるとのこと、既にカボチャは播種を終えていなければいけない時期ですが、僅かですが残っているものがありますので、このブログに私のHPがリンクされていますので、トップページのメールのアイコンをクリックしてお名前、住所をお知らせください。
連絡を頂き次第お送りいたします。

投稿: waka3 | 2012年4月14日 (土) 16時06分

morioka_1948さん>
既に播種の時機を逸しましたので種子をお分けすることは終わりとさせていただきます。
ご連絡いただいてもお送りはいたしません。

投稿: waka3 | 2012年4月18日 (水) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久し振りのキャンプツーリング | トップページ | カボチャトマト »