« トマトの鳥除けとカボチャの吊るし棚 | トップページ | 久し振りのキャンプツーリング »

2010年6月 4日 (金)

月下美人のその後 ~ 花芽が出たぞ♪

5月の後半に入ってから連続して10日以上も好天気が続いており、強い日差しで麦藁帽子をかぶっては出掛けるものの、だいぶ日に焼けて黒くなってきました。(笑
さて、月下美人ですが昨年の10月に挿し木と挿し葉をしましたが100604gekkabijin1ここにきて随分大きくなってきて、この株をお分けて頂いたaiさんより事前におおよその様子は聞いてはおりましたが、約7ヶ月を経過したところで写真のように挿し木としたものはシュートが伸び、100604gekkabijin2 そして新しい葉が付き、これらの葉にも次々と新しい葉が誕生し見違えるような姿になってきました。
更に挿し葉をしておいた2つの鉢に植えたものも、一方の挿し葉をした株元からシュートが伸び始めてきており、もう一方も最初の葉に劣らないような葉が大きくなってきています。
いずれにしてもまだまだ成長過程であろうと思われますので、この先どんな風になっていくのか初心者の私にとっては判らないことばかりです。

そんなことから数日前にaiさんに現在の状況を報告した時に、何やら葉芽ではなさそうな見慣れぬものが見え始め、やや大きくなってきたところで写真を添えて確認をしたところ、どうやら大変ハッピーなご連絡を頂きました。
どうやら挿し木をした初年度に花が咲くことは大変珍しいようですが、100604gekkabijin3一番上の写真に下に向かって100604gekkabijin4 垂れ下がっている葉に出てきているのはどうやら花芽であるらしいとのことで、その見極めとしては花芽の付け根部分から葉の中心に走る葉脈に葉の場合は同様に葉脈が一本走るが、花芽の場合には付け根部分から葉の中心に走る葉脈に向かって血管のような筋が稲妻状に走り、これがはっきりすればするほど花の咲く確率が高くなり、あまり目立たないようならば蕾の段階で枯れ落ちてしまうことが多いようで、これからが勝負の時期のようです。

上手くすれば蕾が見え始めてから約1ヶ月ほどで開花に至るようですので、今月末か来月の初め頃になるらしいのですが、何といってもまったく手探り状態の初心者マークが未だに取れない私ですが、何とか開花まで漕ぎ着けたいものと頑張っています。
この先に目出度い記事の書き込みが出来ると良いのですが・・・。

さ~て、明日からはお天気にも恵まれそうなので志賀高原地近い温泉地に2日間湯巡りツーリングに出かけてきます。

|

« トマトの鳥除けとカボチャの吊るし棚 | トップページ | 久し振りのキャンプツーリング »

コメント

 何とか 珍しく 貴重な花を見せて頂きたいです。
 それにしましても、たいへんな生命力には驚きます。
 お気をつけて、行ってらっしゃい。

投稿: 菜園ブログ | 2010年6月 5日 (土) 21時47分

菜園ブログさん>
果たして期待を裏切らないように開花まで辿りつければよろしいのですが、上でも書きましたが花芽が赤くなってくると正に赤信号ということで、ツーリングから帰り今朝覗いてみたところ、萎んで小さくなっていましたのでどうやら枯れてしまったようです。

どれほど根が生長しているのか判りませんが、一つでも生き長らえてほしいと思っております。

投稿: waka3 | 2010年6月 7日 (月) 10時52分

部分画像ばかりだったので・・今、全体を見たら(@_@;)後から出たシュート君の方が勝ってますね~♪・aiも思いますよ?1個でも咲いてくれたらと(拝) 新葉が沢山出てますね?後1ヶ月もすれば?やかましい程の展開になってきますよ~(笑)バランス等で、小さい葉等(中心側)は取ってもいいですよ?
wakaさんの方は、日差しがかなり有ります?家の孫達は、そちらの孫さんと環境差で・・蕾に動きが停止してます・生きてはいますが0.1進歩位です。。

投稿: ai | 2010年6月 9日 (水) 09時35分

aiさん>
新しいシュートは親の背丈を遥かに越して先端の葉はそろそろ下を向き始めてきましたが、現在草丈は70cmくらいととても元気です。
親の方のシュートの葉から出てきた新しい葉はシュートの先端より低いもの2枚は既に切り落としましたが、もう少し葉の様子が判ってから更に切り落とすことにします。

陽射しはここ2日ほど曇り空ですが、殆ど雨は降っておりません。  明日からは天気も回復するようですからまた太陽が戻ってくると思います。

花蕾は僅かながら大きくなってきたような気がします。

投稿: waka3 | 2010年6月 9日 (水) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマトの鳥除けとカボチャの吊るし棚 | トップページ | 久し振りのキャンプツーリング »