« いよいよ忙しくなってきました | トップページ | 一泊二日の福島への花見紀行 »

2010年4月19日 (月)

おかしな天気が続きます

4月も半ばを過ぎたというのに一昨日は都内では41年振りに降雪があったとかで、各地でも3月から4月に掛けた冷え込みで農作物にも影響が出て、県内でもお茶の新芽が凍霜害によって大きな打撃を受けて深刻な事態にさえなっております。
どうやら地球温暖化現象による影響は年を追う毎に顕著に現れてきているようで、この時期での北から押寄せる寒気や南からの北上してくるエルニーニョと、このような異常現象の発生がこれから先も本当に懸念されます。

100419negiこんな心配をよそに当地ではそれ程深刻な冷え込みもなかったことから、3月4日に畑の苗床に播種をした長ネギ(石倉根深太葱と汐止め晩生葱)も順調に育って草丈も15~6cmほどになってきました。
100419tomato 9日に定植をしたトマトで中玉のスタピストマトはトンネルの中でやっと草丈が天井に届こうとはしていますが、一段花房の花蕾がほとんど開花して早くも2段花房の花蕾も開き始めてきましたが、樹勢がまだ完全に整っている状態でななさそうなので少し心配をしております。  大玉トマトの露地ゆたかも2日ほど前から開花が始まりました。
100418nae夏野菜の苗も順調に育っており、昨日は行きつけの種苗店でスイカと茄子の接木苗(ポットにタグのついているもの)を購入してきましたので、取り合えずは自家種苗と合わせて一通りの苗が揃ったことになります。
とは言うものの、このトレーの中には胡瓜の苗が入っておりません。
実は先日鶴首カボチャの台木に胡瓜の苗の接木をして無事に切り口同士が融着して初期的な成功をしたことを書きましたが、この後の6日後に茎同士が完全に活着して離れる様子もなかったことから胡瓜の茎を切ったところ1日経った翌朝確認したところ萎れていて、その後色々対処してみたのですが、そのまま復活せず失敗をしてしまいました。
大きな要因は台木は問題なかったのですが、胡瓜の苗の茎がこの段階で3mm程とまだ細かったことから、融着部分から養分の吸収が出来る状態にまで達していなかったことにあるのではないかと推察しました。
100417kyuuri1台木はまだしっかりした状態でしたので、予備で作っておいた胡瓜の苗が更に生長していましたので、接木苗をもう一度チャレンジしてみました。
100417kyuuri2今回の胡瓜の苗の茎の太さは4mm強の太さにまでなっていて、融合させる切り口部分も長さと幅が前回に比べると大きく取れましたので、かなり成功の確率は高いのではないかと思っております。
前回の失敗の反省を含めて、次回の茎の切り落としは融合部分がしっかり膨らんで大きくなってきたことを確認してから前回の轍を踏まないようにしようと思います。(笑

100419jagaimo明日からまた愚図ついた天候が続くようですが、ジャガイモの畝がこれまでの雨で崩れて随分高さが低くなってしまい、先日ジャガイモの芽欠きも済ませてあったので土寄せをしておきました。  これだけの大きさになっても雪が降ればひとたまりもなくあっという間に葉が枯れてしまいますので、きっと関東地方では早めに植え付けをされていた方は大きな被害を受けたことでしょうね。

|

« いよいよ忙しくなってきました | トップページ | 一泊二日の福島への花見紀行 »

コメント

おはようございます。

トマトは順調に育っていますね。私の方はスタピスは始めて花が咲きました。
 沢山のトマト植えましたので、熟れ始めると大変です。
 

投稿: tenmanky | 2010年4月20日 (火) 08時04分

tenmankyさん>
あまりの開花の早さとこのところの冷え込みもありましてトマトーンを施しておきましたが、それにしてもまだ草丈がそれ程大きくなっておりませんので、あまりにも早い着果状況であれば少し摘果でもしようと思っております

投稿: waka3 | 2010年4月20日 (火) 08時58分

昨年、トマトを好きなだけ付けたら・・大変な事になったので今年は、wakaさん見習って摘果します(^^ゞ
ジャガ大分!葉が大きくなってますね~♪ほぼ苗も揃い、天候を待つばかりですね!ハウスだと早植えが出来ていいですね~

aiのジャガは、昨日ですがようやく出て来ました~とゆう感じで、むしろ今回は偶然、遅かったので良かったようです・一部やられてしまった人もいますし・又、他の野菜の陰になり助かった人もで・・この天候には皆さん、振り回され悲喜こもごもですね?ネギは大分蒔いたのに。。多くは溶けて少量しか・・今年又、種を取ってやり直し。。時期遅れてトウが立つので、あのネギは重宝するので大切です(笑♪

投稿: ai | 2010年4月20日 (火) 11時32分

aiさん>
昨日までの良い天気から今日はまた雨模様となりました。
トマトは本来一段花房に沢山の実が着果しないとそれより上の段の着果も良くないとようですが、摘果とは別物のようですから樹勢に応じて一段房は摘果を予定しています。

ジャガイモは今の時期の発芽で良かったですね。  もう少し早ければ雪の影響で芽が全滅になった野ではなかったかと思います。
石倉根深太ネギは3月初めに薹立ちして食べられなくなりましたが、汐止め晩生ネギはやっとここにきて葱坊主が出掛かってきて葉も少し硬くなってきましたのでそろそろ終わりになりますが長く食べられました。
今年もネギの苗は皆さんに充分お分けできそうです。

投稿: waka3 | 2010年4月20日 (火) 12時35分

胡瓜の接ぎ木は茎の太さの確認も大切なのですね。失敗は成功の基といいますが、まさに実践から得るものは大きいと知らされます。おかしな天候で、いったい植物も動物もどうなることかと不安になります。高値の野菜は続くでしょうから、こんな年こそ自家栽培の価値はいっそう高まると分かっていても我が家ではとても間に合いませんので羨むばかりです。

投稿: kimama | 2010年4月23日 (金) 21時10分

kimamaさん>
福島の方に旅行に出かけており、書き込みが大変遅くなってしまい失礼いたしました。

「百聞は一見にしかず」とは言いますが、本やネット情報を見ただけではかなりの注意点は書かれていたように思いますが、実際にやってみてそこで見たことが本当の知識だと今回の野菜作りで良い経験をしました。

福島紀行はおいおい掲載することにいたします。(笑

投稿: waka3 | 2010年4月26日 (月) 10時17分

 ネギの苗はすばらしいですね、異常気象を感じさせない順調さに見えます。

 スタピストマトをじっくりと拝見しますと、葉は普通のトマトに比べて小さいのに、花房は大きくて、1段目から花の数が多いと思います。 理想的なトマトの形です。
 1段目の脇芽が 大きくなっている様に見えますが、故意に置いてあるのでしょうか?

 さすがは ジャガイモの勢いが違います。 うちの農園でも 今回の寒波では被害は無かったようですが、まだまだヒョロヒョロしています。

投稿: 菜園ブログ | 2010年4月27日 (火) 21時11分

菜園ブログさん>
ありがとうございます。
各地で気温の乱高下による被害もかなり出ているようですが、お陰さまで当地は冷え込みはあったとはいえ報道などで聞いている各地の気温に比べそれ程低いということはありませんでしたので、作物への影響はかなり少ないように思っております。

スタピストマトは昨年の失敗で脇芽を正常に欠いたつもりだったのが、実は脇芽ではなく主枝でした。
そんな訳で少し臆病になって残しておきましたが現在では脇芽であることが確認できましたので取り去ってあります。

投稿: waka3 | 2010年4月28日 (水) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ忙しくなってきました | トップページ | 一泊二日の福島への花見紀行 »