« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

一泊二日の福島への花見紀行

少し遅い書き込みとなってしまいましたが、24日から一泊二日で福島への遅い春の花見の旅に出掛けてきました。
と言うのも、今年の初めに家内から日本三大桜の一つに数えられる三春の滝桜を是非見たいと催促されていましたが、4月に入っても青空の眺められる日が少なく当初満開の時期は20日頃と予想されていたが、この日が近づくにつれてcloudやらrainのマークが連日並び、ほぼ20日の週は雨の中の花見が予想されることから半ば諦めていました。
しかし今年の異常気象によって各地での冷え込みが厳しかったことから、当初の予想より開花が4~5日遅れて週末の24日から26日に掛けてsunマークが点灯したことは良かったのですが、土曜日の出発となると高速道路の休日特別割引と休日による行楽客の増大なによる混雑も予想されることから深夜の1時に出発し、途中現地までは高速をのんびり走って朝の9時までに到着することで実行することにしました。  

この結果、何の渋滞に巻き込まれることもなく関東圏もすんなり通過して、浦和ICに差し掛かった頃に東の空から朝日が昇り始め、東北道の郡山JCTから磐越道に入り最初の目的地の船引三春ICに着いた時に案の定1Km程の出口渋滞に遭遇しましたが時間も早かったことから短時間で抜けられシャトルバス乗り場まで進み、そこから10分ほどで目的地の三春の滝桜にのは予定通り9時前に到着しました。
100424takizakura1この時間としては結構な混み様で既に多くの見物客が出ていましたが、駐車場から流れに沿って5分ほど歩いていくと、 事前に写真で見ていたものとは想像を上回る素晴らしい滝桜の光景が目に入りました。
100424takizakura2遠目からの景観を楽しんでから、 列に沿って滝桜の直前まで進んでいきましたが、その名の通り枝垂桜のそれはまさしく滝が流れているが如くで感動ものでした。  100424takizakura3この滝桜はその枝ぶりも見事でしたが樹齢1000年を裕に越えるといわれることからでしょうか20数本の柱に支えられておりましたが、その幹の太さは約11mと言われますので大人が7人掛かりで手を回すほどの大きさとなります。
一つ残念だったことは、この時間帯は青空が見えていたとはいえ、太陽がちょうど雲間で見え隠れしていたことから光量が不足して鮮明な写真が写せなかったことでした。

1時間半ほどゆっくり滝桜を堪能してから次の福島市内にある花見山公園に向かいましたが、船引三春ICから駐車場に向かう道中は既に大渋滞で、船引三春IC出口も既に4Km近い渋滞となっていましたのでこれから出かける人は3時間ほどの渋滞に引っ掛かることでしょうからぞっとしました。
船引三春ICから福島西ICで降りて花見山公園のシャトルバス乗り場まではこれまた順調に1時間ほどで到着しました。
100424hanamiyama1 この花見山公園は花見シーズンに入ると道幅が狭いため地区内や周辺は渋滞に悩まされてきたため、地区内の遊歩道や流れる川の護岸工事も行われ、今では4月初旬から4月29日までは一般車両の進入規制が行われており、駐車場とを結ぶシャトルバスのバス停や観光バス駐車場が設置されるとのことで、更に花見山公園前の観光バス駐車場周辺には多くの出店が並んでいて、とても私有地が開放されたものとは思えないほど整備された素晴らしいものでした。
この公園は花卉園芸農家の私有地を所有者が公園として市民に無料で開放されたものだそうで、現在でも切花の出荷用としての作業が行われているということで随所にそのような個所が見受けられたが、あえて収穫時期が異なる複数の樹種を栽培したことにより、結果的に百花繚乱となったことだろうと思いますが、それだけに見応えのあるものだと感心しました。
100424hanamiyama2 100424hanamiyama3 100424hanamiyama4 100424hanamiyama5
今回の花見山公園で目にした数々の花のうち、100424hanamiyama6 100424hanamiyama7 家内の足では回りきれなかったところや見過ごしたり写せなかったものも幾つかありましたが、色鮮やかに目を楽しませてくれた花を幾つかご紹介しておきます。
ハナズオウはいまだ蕾でしたが、これが花開いた時には辺り一面が紅紫色に染まり、また一段と見事な花見山となることでしょう。
花見山公園を2時少し前に後にしてR115経由で宿泊先の100424adatarayama会津若松の東山温泉に向かいましたが思っていたより車の往来も少なく、100424bandaisan途中智恵子抄にも登場する安達太良山を望む北の斜面には雪も見え、更に進んだ磐梯山の麓のゲレンデ(赤埴山)は既に閉鎖されておりましたが今でもスキーで滑り降りることの出来るような斜面の雪が見えていました。
この後、猪苗代湖の湖畔で休息をとってから100424kyabetu予約しておいた東山温泉に向かいましたが、一つ気になっていたことで今年の異常低温と深刻な日照不足の影響で野菜の価格が高騰していることもあり、この地域での野菜の値段がどのようなものか会津若松市内のヨークベニマルに立ち寄って確認してみましたが、神奈川県産の僅か直径15cmほどの小振りな1/2カットのキャベツが何となんと248円もしていたのには驚きました。

翌日は6時に起床して一番風呂にゆっくり浸かってから7時半に100425turugajo朝食を済ませ、先ずは戊辰戦争での悲劇として有名な「白虎隊」にまつわる鶴ヶ城(会津若松城)と飯盛山に向かってホテルを出発しました。
100425umeホテルのフロントで聞いた話では 鶴ヶ城公園の桜祭りは4月17~18日で今年は桜の花が全くない状態で終わったとのことでしたが、鶴ヶ城公園の中の10数本植えられた梅園が今が盛りで、桜は大半がやっと二分咲き程度で早いものでも五分咲きといったところで満開は月末頃とのことでした。
この鶴ヶ城は1965年(昭和40年)に100425akabeko鉄筋コンクリート造により再建されたもので、2~4階部分は郷土博物館として公開されており、ここに纏わる歴史を短時間ではありましたが呼び起こすことが出来ました。  また、1階にはお城としては大変珍しい地場産品の売店があり私も唯一のみやげ物として赤べこを購入してきました。
100425iimoriyama鶴ヶ城から15分ほど行ったところに飯盛山がありましたが、この場所が鶴ヶ城の炎上を見て白虎隊20名の隊士が自決(内1名は蘇生)したところで、この地に墓が奉られていて今でも多くの参拝者の手向ける線香の煙が絶えることはないそうだ。
鶴ヶ城の炎上は実際には誤認で、私もここから鶴ヶ城を備え付けられていた望遠鏡で覗いてみましたが、裸眼で目視する限りは矢張り誤認するほどかなりの遠距離であったと実感しました。

その後は会津若松を後にして日光街道を南下して大内宿に立ち寄ってから東北道の白河ICから自宅に向かいました。
帰路は首都高速に乗り換えて進んできたところで「この先4Kmの渋滞」ということで急遽一般道に出て途中から少し回り道になりましたが首都高湾岸線で東名高速の横浜町田IC経由で帰路につき無事8時に帰宅しました。

| | コメント (8)

2010年4月19日 (月)

おかしな天気が続きます

4月も半ばを過ぎたというのに一昨日は都内では41年振りに降雪があったとかで、各地でも3月から4月に掛けた冷え込みで農作物にも影響が出て、県内でもお茶の新芽が凍霜害によって大きな打撃を受けて深刻な事態にさえなっております。
どうやら地球温暖化現象による影響は年を追う毎に顕著に現れてきているようで、この時期での北から押寄せる寒気や南からの北上してくるエルニーニョと、このような異常現象の発生がこれから先も本当に懸念されます。

100419negiこんな心配をよそに当地ではそれ程深刻な冷え込みもなかったことから、3月4日に畑の苗床に播種をした長ネギ(石倉根深太葱と汐止め晩生葱)も順調に育って草丈も15~6cmほどになってきました。
100419tomato 9日に定植をしたトマトで中玉のスタピストマトはトンネルの中でやっと草丈が天井に届こうとはしていますが、一段花房の花蕾がほとんど開花して早くも2段花房の花蕾も開き始めてきましたが、樹勢がまだ完全に整っている状態でななさそうなので少し心配をしております。  大玉トマトの露地ゆたかも2日ほど前から開花が始まりました。
100418nae夏野菜の苗も順調に育っており、昨日は行きつけの種苗店でスイカと茄子の接木苗(ポットにタグのついているもの)を購入してきましたので、取り合えずは自家種苗と合わせて一通りの苗が揃ったことになります。
とは言うものの、このトレーの中には胡瓜の苗が入っておりません。
実は先日鶴首カボチャの台木に胡瓜の苗の接木をして無事に切り口同士が融着して初期的な成功をしたことを書きましたが、この後の6日後に茎同士が完全に活着して離れる様子もなかったことから胡瓜の茎を切ったところ1日経った翌朝確認したところ萎れていて、その後色々対処してみたのですが、そのまま復活せず失敗をしてしまいました。
大きな要因は台木は問題なかったのですが、胡瓜の苗の茎がこの段階で3mm程とまだ細かったことから、融着部分から養分の吸収が出来る状態にまで達していなかったことにあるのではないかと推察しました。
100417kyuuri1台木はまだしっかりした状態でしたので、予備で作っておいた胡瓜の苗が更に生長していましたので、接木苗をもう一度チャレンジしてみました。
100417kyuuri2今回の胡瓜の苗の茎の太さは4mm強の太さにまでなっていて、融合させる切り口部分も長さと幅が前回に比べると大きく取れましたので、かなり成功の確率は高いのではないかと思っております。
前回の失敗の反省を含めて、次回の茎の切り落としは融合部分がしっかり膨らんで大きくなってきたことを確認してから前回の轍を踏まないようにしようと思います。(笑

100419jagaimo明日からまた愚図ついた天候が続くようですが、ジャガイモの畝がこれまでの雨で崩れて随分高さが低くなってしまい、先日ジャガイモの芽欠きも済ませてあったので土寄せをしておきました。  これだけの大きさになっても雪が降ればひとたまりもなくあっという間に葉が枯れてしまいますので、きっと関東地方では早めに植え付けをされていた方は大きな被害を受けたことでしょうね。

| | コメント (8)

2010年4月 9日 (金)

いよいよ忙しくなってきました

100409sakura今年は本当に異常気象なのでしょうか、3月の終わり頃から例年とは違って小寒ったい日が続きましたので、桜の花もかなり長期間に渡って咲き続けて楽しませてくれましたが、とうとうここに来て家の近くの桜並木もすっかり花が散ってしまい少しづつ葉桜に変わりつつあります。

さて、いよいよここに来て僅かばかりの家庭菜園ではありますが忙しくなってきました。
100409tomato1トマトは草丈も30cm近くにまで伸びて花蕾に黄色いものが見え始めたと思っていたところ、あっという間に一段花房の花蕾が開花してしまいました。
100409tomato2畑作りは3月半ばに終えてあり畝作りも一週間ほど前に済ませてありましたので、早速中玉のスタピストマト(8本)と大玉の露地ゆたか(8本)の定植をしました。  まだこの時期はそれ程地温も上がりませんので植え付けを終えてからビニールでトンネル掛けをしておきました。

トマトの植え付けを終えてから
長芋里芋ヤーコンの植え付けをしました。
100409nahgaimo長芋は例年収穫したものから先端の部分約15cmほどを切り落とし、土の中に保存しておいたものとムカゴから育てた芋を種芋として使用しておりますが、この時期になると土の中で芽が出始めて来ます。
保存方法は20cmくらいの深さに穴を掘って下に藁を敷いて、その上に種芋を並べてから上に肥料のビニール袋を被せて最後に土で山を作ればほとんど失敗をすることはありません。  写真の白く見える部分が芽です。
問題なのは掘りあげる時期、すなわち植えつける時期があまり遅くなりますと中で芽が伸びてモヤシ状態となりますのでこれだけが要注意です。
100409hamanohatakeヤーコンについては3月初めにポットに株分けしておいたものが発芽済みで、里芋も昨年栽培したものから種芋を保存しておいたもので、すべて自家製で賄っております。  この畑の近くには人家が全くなく、畑に面して道路があるために果菜類は盗難にあうことが多く、ここではもっぱらほとんど手の掛からない根菜類の栽培のみとしております。

100409tugiki 先日鶴首カボチャを台木として胡瓜の苗を接木してみましたが、どうやら合わせておいた切り口同士が融着してくれたようですのでピンチを外しました。
多分これで大丈夫だとは思いますが、心配ですから胡瓜の方の茎の部分についてはもう少し経過してから切り落とそうと思います。
玉葱の収穫が8割方を終えましたので、いよいよ残る夏野菜の畑作りが急がれます。

| | コメント (14)

2010年4月 4日 (日)

春、真っ盛りというのに

3月の終わり(30、31日)になって前線と寒気の影響で、ここ2~30年もの間記憶にもないほどの寒さに見舞われ、この地域でも氷点下にこそなりませんでしたが、作物への障害の出るほどの冷え込みとなりました。
気象予報では氷点下1℃ということでしたので、100404jagaimo 急遽前日の夕方に何か良い方法をと思い、遊んでいた寒冷紗がありましたので、どれほどの効果があるかは分かりませんでしたが、一時的非難のために幾重にも折り重ねて風で舞わないように覆っておいたところ、矢張りまだ小さく葉が柔らかなものは、その一部が寒さにやられて部分的には枯れて黒ずんでいたものもありましたが、概ねは問題なく育っていきそうです。

こちらではソメイヨシノが既に満開を迎えていますが、どうやら今夜からはまたまた天気が崩れ、月曜日には再び雨の予報ですので早くも多くが散り始めてしうことでしょう。
100404hanakaidou1_2我が家のハナカイドウもほぼ満開を迎えつつありますが、100404hanakaidou2 青空が去って雨に打たれてしまいますと葉柄が長いことから、すべてが下向きとなってしまい折角の綺麗な花も華やかさも失って可愛そうな姿に変わってしまいます。
まだまだこれからが見頃ですので天気が早く回復して綺麗な花を楽しみたいものです。

さて、今年のチャレンジとして胡瓜の苗の接木にチャレンジしてみることにしました。
ネット検索をしたところ、キュウリの苗はカボチャの台木に呼び接ぎという方法で実施することが一般的な接木方法で、接木後の管理が比較的簡単であるということも実施する条件の一つとなりました。  台木については昨年福岡のtenmankyさんから頂いて初めて作った鶴首カボチャが、ウドンコ病に強いことと株元の太さが最終的に直径7~8cmにもなって大変樹勢が強かったことからこれを選定しました。  
100404tugiki実際の方法としては台木となる方の葉の片方をカミソリで削ぎ落として、それぞれの茎をカミソリで切込みを入れて切れ目同士を噛み合わせてからピンチという道具を使って固定させるといったものです。
見様見真似で何とか格好だけはつきましたが、根は両方ともに残したままの状態ですから、お互いが樹液で融合さえしてくれれば良いのではと思いますが、果たしてこの後にこのブログで成功したことの紹介が出来ますことやら、ちょっと冷や汗ものですが・・・。(笑

| | コメント (4)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »