« 今年初めての種蒔き | トップページ | 新しいパソコン »

2010年2月17日 (水)

バラの元肥(寒肥)と玉葱

このところ愚図ついた空模様で気温も下がってやや肌寒い日が続きますが、これが本来のこの時期の寒さであろうと思うと、やはり温暖化の影響は顕著に身体の芯にまで馴染んできてしまったように思います。
9日に発芽育苗器に播種をした野菜の種は、シシトウとピーマンを除いて昨年同様ほとんど同じような日程で発芽して順調に育っております。

さて、バラを育てて今年でやっと足掛け4年目に入りましたが、本来なら庭のバラの剪定をした同じ時期に元肥(寒肥)を施すのが当り前の作業手順だったかと思いますが、いつもながらのズボラを決め込んでやっと今日になってその作業をしました。
100217bara1100217bara2先ず最初に元肥を施すための穴掘りですが、土の下のほぼ10cm位の深さのところに横に伸びる元気な根が這っていますが、この根を出来るだけ切らないように根と平行にスコップを入れて15cmほどの深さの穴を1株につき2個づつ掘ります。
掘る穴の位置は木の大きさによって違いが出ますが、葉が繁っていた時期の一番外側に位置する部分のところに穴を掘りました。
100217bara3使用する元肥ですが配合肥料(バケツのなかのもの)、一昨年仕込んでおいた自前の枯葉完熟堆肥(石箕に入ったもの)と有機発酵肥料のオールベストC(桶の中のもの)を準備しました。  夫々の量は1株あたり配合肥料:500g、堆肥:1.5リッター、オールベストC:0.5リッター程度の割合としました。
100217bara4100217bara5夫々の元肥を穴の中に入れ、 廻りの土を加えて一緒に良く攪拌してからその上に残った土を被せ、土をしっかり踏みつければ作業は完了となります。
今日はこの他にハナカイドウ、ハナミズキ等の数本の花木やイチジク、ブルーベリー、柑橘類等にも一緒に寒肥として施しておきました。

玉葱が大きくなってきました

既に当地では超極早生の玉葱は1月の初めから店頭で売られ始め、一部の専業農家では高値で売れる早出しの玉葱の収穫に余念がないといったところです。
100217tamanegi1ところで我家の玉葱ですが、2月に入ってから株元が太くなってくるのが日増しに目立つようになり、100217tamanegi2100217tamanegi3写真は同じ品種の玉葱を同時に定植したものですが、通常ではマルチなしでの栽培としますが、早く食べるためにマルチを施したものとでは今月に入ってから著しく生長の具合に差が目立つようになってきました。
この調子でいけば3月には入れば大きさは満足できないとしてもそろそろ口に入ることも可能であろうかと思います。

|

« 今年初めての種蒔き | トップページ | 新しいパソコン »

コメント

一瞬?モグラの穴かと。。失礼!(__)いい花を見せて貰うには、やはり手が要りますね~あ!そのモグラとネズミの件、ありがとうございましたm(__)m
玉葱も順調ですね・aiも植えてあったんですが?暮れからの騒ぎで追肥も出来なかったから。。おそらく?ボツでしょう?何事も努力しないと・・まるで?五輪の結果みたい

投稿: ai | 2010年2月18日 (木) 12時08分

aiさん>
どうやら穴を見ると全てモグラの穴に見えてくるようですね。(爆

この時期はあまりすることもありませんので、こんなことが良い花をつけてくれるであろうことを思って今年はしっかり寒肥を施して見ました。
玉葱は暖かくなってくるとあっという間に大きくなってきますので、これからが楽しみです。

投稿: waka3 | 2010年2月18日 (木) 20時42分

 丁寧な寒肥遣りを拝見して、植木鉢に植えっ放しにしてある うちのバラはいい花が咲かないのは当然だと思いました。

 タマネギも立派になっていますね、マルチ掛けの効果もよく分かります。

 先日 蒔かれた人参は発芽したでしょうか? このところの寒波には参りました。

投稿: 菜園ブログ | 2010年2月19日 (金) 22時25分

菜園ブログさん>
バラは昨年はそれ程丁寧なことはしませんでしたが、今回は講習会で習ったことを元にしっかりとやってみましたが、講習会でも鉢の追肥が大変難しいといっておりました。

ニンジンは種を撒いてから今日で11日目となりますが、種も購入してから半年以上過ぎており、昨年も同じ時期にトンネル仕立てで播種したところ12日目に発芽しましたので間もなく発芽してくれるのではないかと思っております。

投稿: waka3 | 2010年2月20日 (土) 09時49分

寒肥えに感心いたしました。これで立派な薔薇に育っていくのですね。うちでは、まだ雪に覆われているし時期はうっかりしましたが、夫が根元にドサッと有機堆肥を入れてるようです。まず石が多いので穴を掘ってまではやりません。それこそ大ズボラな性質なのです。
玉葱はやはりマルチで温度を上げる効果は大きいのですね。チョット驚きました。あの白くて柔らかそうな甘い玉葱が待ち遠しいですね。

投稿: kimama | 2010年2月20日 (土) 20時57分

kimamaさん>
庭木は今までは為すがままに放置しておくことが当り前のようにしておりましたが、やはり手入れをすることの必要性を痛感しはじめて、今年は目を楽しませてくれるものには全て寒肥をほど越しておきました。
どのような違いが出てくるのかが楽しみです。

玉葱はこの時期になると3~4日も経つと見て判るほどに違いがでてくるほどですが、あまり早く大きくなって収穫出来ても玉葱は長持ちしませんので、3段階ほどに収穫出来るような作付けにしておりますが、最後のものは梅雨に入る前くらいでの収穫になると思います。

投稿: waka3 | 2010年2月21日 (日) 10時00分

おはようございます。極早生の玉葱の収穫も間もなくで楽しみですね。この時期に年越しの作物が収穫出来るのは春をもたらしてくれる様で気持ちが明るくなりますね。私のところでは普通の種類ですのでまだ20センチぐらいです。ジャガイモはいつ植え付けできるか分からないので今月すでに植え付けを終えました。今年は(きたあかね)にして見ましたがいろんな種類が今出ていますが出来るころはもう初夏になりますね。

投稿: 週末菜園人 | 2010年2月27日 (土) 08時57分

週末菜園人さん>
やはり今年も温暖化の影響が進んでいるようで本当に寒かったという日が少なく、私も例年ですと3月に入ってからジャガイモの植え付けをしておりましたが、多分この状態では遅霜の心配もなかろうということで、なんと今年は19日に植え付けを済ませてしまいました。

投稿: waka3 | 2010年2月27日 (土) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年初めての種蒔き | トップページ | 新しいパソコン »