« 月下美人が着根しました | トップページ | 切干し大根と冬の剪定諸々・・・ »

2010年1月21日 (木)

豌豆の花が咲いた

昨日は大寒、当地では季節的に1月の中頃からが最も寒くなる時期ですが、昨日の日中の気温は18℃まで上がり3月を思わせるような暖かさとなり、まだこれから先は冷え込む日もあるとはいうものの矢張り暖冬気味であることに間違いはなさそうです。
この様なことからでしょうか12月に春の花の花海棠 (ハナカイドウ)の花が咲いたり、いまだに黄花ハイビスカスクレマチスに寒さで弱々しそうな花蕾が見える等と、例年の冬の光景とはどこか違うような気がします。

100120endou112月中旬に蔓なしの絹さや豌豆とツタンカーメンの豌豆が順調に育ってきていることを書きましたが、何となんと早くも絹さや豌豆の花が咲きはじめてしまいました。  草丈が1ヶ月前に20cm足らずだったものが30cm程とかなり大きくはなったとはいえ、100120endou01草丈はこれから先もっと暖かくなってきたところで一気に伸びはじめ、そこから沢山の花蕾がついて開花していくことになりますが、まだ花蕾の数は少ないとは言うものの、この按配では樹勢も整わないうちに開花が始まって老化現象が早めになってしまい、早く収穫出来ることは嬉しいのですが、あまり長期間の収穫が出来ないのではないかと心配になります。
そんなことから配合肥料に更に化成肥料を追加して早速追肥をしておきました。

100120endou02もう一つのツタンカーメンの豌豆については、1ヶ月前に40cm近かったものが現在では50cmを越すものも出てきていますが、こちらはまだ一向に花蕾の見えてくる様子はありませんので、例年と殆ど変わりないといってよいと思いますが、天候や気温の変化によってこのように作物の育ちが大きく変わってくると言うのも本当に困った現象だと思います。

ちなみに豌豆の向こうに見えるのは早生の玉葱ですが、これより先に定植した極早生の玉葱については既に土にひび割れが入ってきておりますが、こちらについてはもう少ししたところで掲載しようと思っております。

|

« 月下美人が着根しました | トップページ | 切干し大根と冬の剪定諸々・・・ »

コメント

こんにちは。今日も暖かで過ごしやすい日になりました。絹さやもこの暖かさで順調に生育している事が伝わってきます。昨年、このことと同じような事が隣の人の菜園でも見かけました。記憶では背丈がすこぶる伸びて花芽が思うように付かず少し心配していたようですが途中から花芽が次々出てきて沢山の収穫が出来たようです。私は一度失敗してから栽培に消極的でもっぱら頂くのみです。極早生の玉葱はもう間もなく収穫になってきますね、其方の玉葱は甘く、柔らかで美味しいと思いますよ。スライスして鰹節をのせお醤油をかけシンプルでもそれが一番だと思います。

投稿: 週末菜園人 | 2010年1月23日 (土) 17時01分

週末菜園人さん>
こんばんは。 
昨日から再び遠州名物の空っ風が吹き始めましたので、快晴の良い天気の一日でしたが大寒温度はかなり低めに感じられました。
お陰ですくすくと育っている豌豆も強い風にあおられて途中で折れたりするのも出る始末で、とうとう今日はネットを張っておきました。
玉葱は先日生食用の白玉葱を少し戴いてきましたので、今年初めてスライスして鰹節を振り掛けて食べましたが、我家の玉葱の初採りは3月の初め頃になろうかと思います。

投稿: waka3 | 2010年1月23日 (土) 21時59分

どの写真も冬を忘れてしまいそうです。浜松は、日本の中でも暖かい地域なんだと、全国の天気予報を見てて改めて思い知らされます。
春本番の頃にはハナカイドウも、チョット疲れてしまわないかと心配になります。露地で絹サヤの花が、もう見られるなんて驚きです。

投稿: kimama | 2010年1月24日 (日) 22時39分

kimamaさん>
今週はやや冷え込むとの予報ですが、今日は風もなく風さえなければ大変過ごしやすいところで、おかげさまで冬でも肌着はノースリーブです。(笑
ハナカイドウは12月に2輪咲いただけで、葉も全て散っており春に向けて新しい芽が着々と育ってはいるようです。
絹サヤはちょっと心配ですね。(笑

投稿: waka3 | 2010年1月25日 (月) 10時41分

 このような写真を拝見すると、やはり暖冬ですね。
 絹サヤは これから 花芽と同時に株も大きくなるでしょう。 2月に絹サヤが採れるなんて、信じられませんね。
 奥に見えるタマネギも、皆そろって立派な姿になっていますね。こちらも 早そうに見えます。 

投稿: 菜園ブログ | 2010年1月27日 (水) 23時24分

菜園ブログさん>
豌豆類は決して種蒔きが早かったわけではありませんが、やはり暖冬の影響かと思います。
早く終わってしまう方が早く食べられるよりも気掛かりです。
こちらの玉葱は早くても4月に入ってからの収穫になろうかと思います。

投稿: waka3 | 2010年1月28日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月下美人が着根しました | トップページ | 切干し大根と冬の剪定諸々・・・ »