« 豌豆の花が咲いた | トップページ | 石雲寺の節分草 »

2010年1月26日 (火)

切干し大根と冬の剪定諸々・・・

100124daikon2このところ少し冷え込んではいますが良い天気続きでしたので、100124daikon1一昨日切干し大根作りをしました。  大根も暖かくなってくると一気に丸々太って薹立ちがはじまり、芯もスカスカになって食用に向かなくなってしまうので、そうならないうちに今年も3本を用意して切干し大根としましたが、90x160cmの葦簾の上にいっぱいになりました。
乾燥した天気が続いていますので明日には出来上がりとなりそうです。

今日も良い天気が続いていますので10時過ぎから庭木の剪定をしました。
100126bara手始めに薔薇の剪定からで、今年は最初の薔薇は091116bara4年目を迎えますので、昨年代替わりした良い枝が伸びてきたものについては、古い枝は思い切って切り落とし講習会での実習訓練を基に、更に昨年よりも強剪定をしてみました。
ちなみに右写真の左手に見えるのがFT系の大輪マイダスタッチですが、剪定後の写真ではゼフィランサス2株の右手に見えるのが剪定後のマイダスタッチです。

100126itijikuこの他にイチジクの剪定をしておきましたが、 100126kakiイチジクは昨年カミキリムシを防除するためにネットを張ったお陰で全く被害を被ることもありませんでしたので、今年も良い実をつけてくれるものと思います。  柿の木は如何に2年枝(結果母枝)を良い状態で残すかが会得できたようですので、今年も80果以上が収穫出来ると良いのですが・・・。(笑

切干し大根完成   1月27日追記

切干し大根を作ってから今日で4日目、100127kiribosi.jpg今日は全くの無風の快晴ですが連日強い空っ風が吹いており乾燥にはうってつけな日が続きましたので、すっかり葦簾の上に干しておいた大根はとても良い具合に水気も飛んですっかりカラカラな状態になりました。
どうやらこの暖かさによって良い天気が続いたのも今日迄のようで、明日の予報では傘マークも見えるようですのでグッドタイミングな切干し大根作りとなりました。

|

« 豌豆の花が咲いた | トップページ | 石雲寺の節分草 »

コメント

おはようございます。
昨日は残りのじゃがいも収穫しました。食べ切れないダイコン見て、これをどうするかと思案していました。
 ここを拝見して、そうだ、干し大根だと気がつきました。早速、やります。

投稿: tenmanky | 2010年1月27日 (水) 04時23分

tenmankyさん>
例年大根は畑の中で薹立ちして菜の花が見られるまでになることが多く、寒さが厳しく薹立ちしないこの時期に毎年作っております。
出来上がった乾燥したものを口に含んで噛むととても甘く、これで今年一年の保存食としてたっぷりと楽しむことが出来ます。
もっとも家内からは多すぎるとお叱りを受けておりますが・・・。(笑

投稿: waka3 | 2010年1月27日 (水) 09時55分

切り干し大根の話題、わが家も現在制作中、数日後にブログにアップします。
やっぱりそろそろ大根も見切りを付けて、味噌汁分を残してセッセと切って干そうと思います。半割にして吊して干し、煮付けにするっていう手もあります。テレビで凍み大根っていうのをやっていたので真似してみようかと。
里芋も地中から掘り出してけんちんや芋煮で消化します。
ジャガイモの土作りをしました。2月10日ころ植え付けをします。

投稿: 山椒の実 | 2010年1月27日 (水) 20時21分

切干大根たくさん出来ましたね~しかも今年も綺麗に・・・。私もwaka3さんに見習って去年の秋に少しやってみました。大根は貧弱なものだったのですが、それでも甘くて美味しいものになりまたから、お宅のは、もっと良い切干大根だろうと想像してます。試験的に2本やって他は、抜かずに雪の中に眠ったままなので、きっと凍みてダメでしょう。惜しいことをしました。
薔薇やイチジク・柿等の剪定も羨ましく拝見しました。この作業こそが、綺麗な花や沢山の果実を約束してくれるのですよね。

投稿: kimama | 2010年1月27日 (水) 21時40分

山椒の実さん>
大根の料理の中で私は人参、油揚げと切干し大根を使って簡単に作れる煮しめがとても大好きで、この他にも切干し大根を水で戻し三杯酢で和えるといった私でも簡単に出来て冷して食べると酒のつまみになりますので、切干し大根は大変気に入っております。  凍み大根は昨今の暖冬化でこちらでは難しいように思いますが、多少気温もこちらよりは低いと思われますので作ってみられるのもおもしろそうですね。

もう畑作りを始められたようですね。
ジャガイモは2月下旬の植付けを予定していますので、本格的な畑の作業はもう少し先を考えております。

投稿: waka3 | 2010年1月27日 (水) 22時11分

kimamaさん>
天日で干された大根は太陽の光をいっぱい浴びて甘味が増し、そして生の時には考えられなかったほどの栄養価も生み出して、どのような食べ方でも美味しく頂けるようになりますので、これこそ無添加の自然の恵みと考えて毎年生の大根で10Kgほどを切干し大根としております。
夏の時期になると切干し大根が飴色に変わってきますが、甘味が更に増えてきますので益々美味しくなってきますよ。

確かに選定作業は一年の内のとても大切な作業ですが、これも最近になってやっと少しずつ判りはじめてきましたが、まだまだ手探り状態といったところでしょうか。

投稿: waka3 | 2010年1月27日 (水) 22時43分

 手際よく きれいな切り干し大根が出来ていますね、甘みがでて 美味しいでしょう。

 柿の木の剪定を、我が家も見習います。 もう一つは、鳥害対策も考えねば と思っています。

 バラは 思い切った剪定をなさいましたね、今年は更に見事な花が拝見できるでしょう。

投稿: 菜園ブログ | 2010年1月27日 (水) 23時38分

菜園ブログさん>
大根抜き~洗い~皮むき~短冊卸し~乾燥と全部で1時間半ほどの仕事でした。
簡単にこの先のんびりと食べられる切干し大根は本当に先達が残した素晴らしい保存食だと思います。

新しく吹きだすと思われる2つ程の芽を残してバッサリと切りました。
土の中が80%、そして剪定後の土の上の部分を20%として、新し供伸びる芽や株元からのシュートを期待して思い切って剪定しました。
ちなみに昨年は60:40%くらいの比率だったでしょうか。

投稿: waka3 | 2010年1月28日 (木) 09時21分

今晩は、私も昨年11月ごろ切り干し大根に挑戦しました。ところが、余り寒くないときでしたので2日目ぐらいから白いカビが生えて見事に失敗しました。
家内は、切干芋に白いものが付いていますがそれと間違えて成功したと少し喜んでいましたが終いには黒ずんできてしまいあきらめました。今回のコメントで今の時期がいいと知りましたので今朝早速再挑戦しました。いろんな料理方法が出来てほんとに重宝します、そして美味しい。

投稿: 週末菜園人 | 2010年1月30日 (土) 21時02分

週末菜園人さん>
こんばんは。
切干し大根を11月に作ったとはあまりにも早過ぎたようですね。
一番適切な時期は1月に入ってから2月の初め頃かと思いますが、切干し大根は工夫によって色々な食べ方が出来ますので、この時期になるといつも作っております。
明日あたりは天気が崩れるようでちょっと心配ですが、雨に濡れないようにしておけば、その後好天気が続けば3日もあれば出来上がりますので、今回はきっと成功間違いなしでしょう。

投稿: waka3 | 2010年1月30日 (土) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豌豆の花が咲いた | トップページ | 石雲寺の節分草 »