« たった一つのネーブル | トップページ | 薔薇の剪定と苺の初採り »

2009年12月17日 (木)

空っ風と豌豆

今週に入って強い寒気の影響もあって、やや冷え込む朝を迎えはじめ朝方は5℃前後まで落ち込むようになり、海岸地方特有の強い空っ風が吹くようになって、今朝も窓から見える雲の流れは西から東に向ってあっという間に過ぎ去っていきました。

この時期になると根菜類の収穫の後に水を使って泥落しをする091217jikasuidou作業は億劫なものですが、我家では今でも屋外の水道は浅井戸用のポンプを使用した掘り抜きの自家水道を使用していることから、今日も日中は気温が11℃までしか上がらず収穫した大根と里芋の水洗いをしたところ、水温も20℃近くもあって外気の寒さよりも水道の水の方が温かく、この時期の根菜類の泥落しには冷たさを感じないことからうってつけとなっております。

091217endou111月初めに播種した豌豆類が、 今年は例年にない暖かさが続いたことからツタンカーメンの豌豆にいたっては草丈が何と40cm程に伸びてしまい、11月中旬に稲藁を使って風除けは施しておいたものの、それすら上回ってしまいこのところの強風で、ややもすると風に振り回されて株元から折れたり千切れたりする心配が出てきましたので、近くの竹林に出掛けて枝を切ってきてぼぼ30cm間隔に脇枝を利用した倒れ防止をしておきました。
091217endou2まったく同じ時期に種蒔きをした蔓なしの絹さや豌豆については、やっと20cmくらいで稲藁の風除けの陰でちょうど良い按配に育っていますので、土寄せをして株元を少し覆っておきましたので、このままの状態で冬を過ごすことが出来そうです。

091217negi1根深ネギは11月中頃に最後の土寄せをした以降、その後は少しずつ掘り起こしては食卓に上っていますが、今日は久し振りに焼き鳥を食べたくなってネギの収穫をしました。
091217negi2白ネギ部分はほぼ40cmほどに伸びており、焼き鳥のネギ間として使うには申し分のない太さにまで生長をしており、これからの鍋の時期にいつでもスタンバイできる迄の状態となりました。
091217negi3早速買ってきた鳥の胸肉を細かく切って、焼き鳥用の串刺しを作りました。
焼き上がった焼き鳥は写真に撮る間もなく腹の中に納まってしまいましたが、何といっても作りたての焼き鳥を焼いて食べるのが最高で、今日も少しお酒の量が増えてしまいました。(笑

|

« たった一つのネーブル | トップページ | 薔薇の剪定と苺の初採り »

コメント

こんにちは。

 私は現在、ドイツにいます。これから1ケ月は菜園仕事はお休みです。
 こちらは、雪が少しですが積んでいます。気温は夜でマイナス3度位です。昼間はプラス3度くらいです。
 ミュンヘン情報をしばらくは書きますのでよろしく。

投稿: tenmanky | 2009年12月17日 (木) 23時14分

おはようございます。

 深夜に目が醒めてしまいました。ニュースによると関東一円、静岡地方にかなり強い地震のようですがしていますか?。ご注意してください。
 まだ、時差ボケは続いています。

投稿: tenmanky | 2009年12月18日 (金) 09時17分

tenmankyさん>
16日頃にドイツに向われると伺っておりましたが、無事にお孫さんともご対面が出来たようですね。
私も随分昔のことですが、ちょうどこの時期にブリュッセルに仕事で滞在していたことがありますが、雪こそ遭遇しませんでしたがかなり寒かったことを記憶しております。

早速の地震お見舞いありがとうございます。
伊豆半島を中心としての群発地震が続いているようで、関東地方を含めて地震が感じられているようですが、幸いにも当地では体感する程の大きさでもなく今のところ安堵しておりますが、いずれにしましても大変心配なことです。

これから益々寒さは厳しくなることかと思いますが、ごゆっくりご家族の皆様とお楽しみください。

投稿: waka3 | 2009年12月18日 (金) 09時31分

 地下水の温度が20℃とは驚きました、深度は何メートルほどでしょうか? 気温11℃でも 地面の温度はかなり高いのでしょうね。
 うちの陽当たりのいい温室の温度計は 35℃になりますから、そうとう高くなっているのでしょう。

 豌豆は大きくなっていますね。
 お写真を拝見しますと、こちらの豌豆畑の風景との違いが印象的です。 風の強い所では 風対策が重要なノウハウであることが 分かります。

 自家製のネギマは美味しいでしょう、私も 焼鳥ではネギマファンです。

投稿: 菜園ブログ | 2009年12月18日 (金) 22時44分

菜園ブログさん>
各地では冬型の寒気が強く大分大荒れのようですが、こちらも今朝は3℃まで気温が下がりました。

昔から使用していた井戸は地面と同じ高さにして固定蓋をしてここからの吸水はしておらず、少し離れた場所にパイプを地下に5mほど打ち込んであると聞いておりますが、そこから水を吸い上げポンプで汲み上げております。
水温を測定した頃までは冬とは思えないような暖かさでしたが、気温がこうして下がってくると地温もそれによって下がってくることからでしょうか、先ほど測定したところ19℃と下がっておりましたが、それでも冷たさはまったくなく暖かく感じられました。

今日も風はかなり吹いておりますが、豌豆はこれからの寒さで背丈はあまり伸びる心配もなさそうですから、今回の対策で大きな問題もなくこの冬は越せそうです。

投稿: waka3 | 2009年12月19日 (土) 09時44分

こんにちは。遠州の空っ風はかなり強く作業をするにしても大変でないですか?此方も、昨日今日と風が強くやはり寒いですね。遠州程の風の強さでないからまだ過ごし易いかも(失礼)。白葱は店頭のものと全く変わらない出来栄えで凄いですよ。きっと、美味しかったことでしょう。焼き鳥の下ごしらえも中々上手く出来あがって良い具合に焼きあがったのですね。先日、お礼肥えのコメントありましたが良い言葉ですね。私もお礼がてら見回りに行って一年の終わりになる事でしょう。

投稿: 週末菜園人 | 2009年12月19日 (土) 14時33分

週末菜園人さん>
おはようございます。
温暖化の影響なのでしょうが、やっと冬本来の寒さがやってきたようですね。
同じ静岡県内でもやはりこの地区は浜名湖や遠州灘から吹いてくる風の影響が大きいようで、この空っ風は体感温度まで下げてしまいますので、本当は風さえなければもっともっと過ごし易いと思います。

寒い時期のお礼肥えはじわじわと効いてくるものが良いということで、有機物主体の配合肥料と昨年の秋に仕込んで既に完熟した自前の堆肥を混ぜ合わせたものを花木や果樹の特徴に合わせて実施しております。

投稿: waka3 | 2009年12月20日 (日) 10時27分

我が家は日本海側ほどでは有りませんが、20㎝ほどの積雪に暖冬の景色も一変してしまいました。
冬の葱は甘くて柔らかくて美味しいですよね。うちは、ほとんど汁物に使っていますが、焼き鳥を御自分でお作りになる! ところが凄いです。晩酌もすすむでしょうね。
今朝、テレビで浜松の方がワニを養殖していて、その肉が牛や豚、鶏よりも良質のタンパク質で、場所によっては、コラーゲンも多く美味しいと放映していました。それを食べさせてくれるお店も市内にあるのだとか。養殖は他の動物より楽なので今後の農業経営に期待もかかるとも(@_@)/御存じでしたか~

投稿: kimama | 2009年12月21日 (月) 17時53分

kimamaさん>
そちらはそれほどの豪雪ではないということで安心しました。
この時期の野菜は何を食べても寒さが甘味を増してくれますので大変美味しいですね。  それにしても焼き鳥はやっぱり自家製が一番ですね。

ワニ料理がTVでも放映されたのですね。
ラ・ペッシュというワニ料理を食べさせてくれるレストランは、私の家から6~7分のところにありますが、今ひとつゲテもの食いという感じと結構お値段が高いということで前を素通りするだけでいまだ足を踏み入れたことはありません。
いずれにしろ家内と一緒ですとワニと言っただけで味や値段は兎も角、無理・無理・無理でしょうね。(笑

投稿: waka3 | 2009年12月21日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たった一つのネーブル | トップページ | 薔薇の剪定と苺の初採り »