« 空っ風と豌豆 | トップページ | 福寿草 »

2009年12月25日 (金)

薔薇の剪定と苺の初採り

いよいよ今年も残すところ数日となってしまいましたが、近頃になって何故か年の瀬を迎えてもも慌ただしさを感じなくなってきたのは矢張り歳のせいでしょうか。(笑

091225bara1091225bara2以前より数回にわたって庭のバラが12月になっても元気に咲いていることを書きましたが、2~3日前の寒気の影響で急に冷え込んだこともあって、まだまだ咲き続けているバラもいまだに幾つかの花蕾を持っていていますが、091225bara3この寒さで大分元気がなくなってきました。
上の写真ではまだ元気なように見えますが、近くに寄ってみるとサザンカやツバキのような元気な花弁と違っての先端が寒さで傷んでしまい見るからに痛々しい状態となっております。

既にこの時期には蔓バラは剪定を済ませ、ハイブリット・ティー系やフロリバンダ系の四季咲き性のバラも1月には剪定の時期を迎えることになりますが、091225bara4樹勢を衰えさせないために蔓バラはまだ少しの花が見られましたが全て切り落とし、四季咲き性のバラもそろそろ花の終盤を迎えているものは切り落として順次選定を開始しました。
FT系のチンチンは最後の花が終わり次第全ての剪定を完了しますが、蔓バラのカクテルとFT系のPLサンゴールは早めに花を全て切り落とし剪定を終えておきました。
最初の写真のマイダスタッチやマッカートニーローズ、残りのバラも年が明けたら早々に花を切り落として剪定を予定しております。

11月16日のブログで10月27日に091225ichigo1 プランターに定植をしたイチゴ章姫(あきひめ)の花が咲き始めたことを書きましたが、何となんとほぼ2ヶ月もの長い期間を経て赤くなったイチゴの実が見られるようになり、温室の中に入ると甘い香りがぷ~んと漂ってくるようになりました。
091225ichigo2昨年はあまり手入れもしなかったことから、形や大きさも不揃いであまり良いイチゴを口にすることができませんでしたが、今年は少し手を入れたこともあってか比較的形の良い大粒なものが期待出来そうです。
早速、今日5個ほどを収穫しましたが酸味は殆ど感じられず糖度は13.5℃でした。
3つのプランターに2本ずつで合計6本と僅かばかりですが、夫々の株の数を数えてみたところ20個ほどの房が見られますので、これから先かなり気長に待つことになろうかと思いますが100個以上のイチゴの収穫が期待できそうな気がしますが果たして幾つ収穫ができることでしょう。

|

« 空っ風と豌豆 | トップページ | 福寿草 »

コメント

バラの剪定はかなり思い切りよくやるのですね。イチゴもバラも、管理の良さに感服しました。
痛んだバラは見る影もなくなりますが、我が家では11月の初旬にそんな感じでした。
イチゴは章姫というのですか。大粒ですね。六株で100個も採れたら凄いと思います。

投稿: kimama | 2009年12月26日 (土) 17時26分

kimamaさん>
バラは植え付けた最初の時期でまだ木が若い時にはあまり剪定を強くしない方が良いのですが、ある程度生長してきた段階ではどの位置で花を楽しむかということも考えながら位置を決めてか強剪定をした方が良いとのことです。
私はあまり花の位置を高くしたくないために、ほぼこの位置で選定しますが、マッカートニーローズのように大輪で沢山花を付けるものはもう少し長めに剪定いたします。

イチゴは矢張り手入れをしてあげないと良いものは出来ないようですね。
今回は肥料もしっかり施してありますのでこれからが楽しみです。

投稿: waka3 | 2009年12月26日 (土) 19時37分

 いよいよ押しせまってまいりました。

 バラの株が、鉢植えとは全く違いますね。やはり株がしっかりしていないと、いい花は期待出来ないことが判りました。

 プランターで この時期に素晴らしいイチゴが出来ているのには驚きました。 
 暖かい所で、夜の加温は無いにしても、温室の中で育てることが決め手でしょうね。 いや実に見事なものです。

投稿: 菜園ブログ | 2009年12月28日 (月) 22時56分

菜園ブログさん>
ありがとうございます。
薔薇の鉢植えは今年購入したものを2鉢そのまま地植えにせず育ててみましたが管理が中々面倒で比較的に難しいことが判りましたので昨日庭の花壇に移植しました。
あとは剪定の問題だけでバラ園の先生からも「大胆に」を教えてもらいましたので結構思い切って剪定をしております。
但し、一度切り落としたものは元に戻りませんので、大胆の前に小枝からあくまでも慎重にと進める言うことが前提ですが・・・。

イチゴは最初の土作りが何といっても決め手になったことからかと思いますが大粒なものが取れはじめて私もビックリするほどです。
今朝も朝採りイチゴを僅か4個だけですが家内と2つずつ美味しく頂きました。
次回はこの倍増計画を狙っております。(笑

投稿: waka3 | 2009年12月29日 (火) 09時38分

昨日、近くの公園に散歩に行きました、バラの防寒対策であろうと思われる様子を見ました。

 寒いとこるゆえでしょうが感心しました。剪定した切り口を地面に、そこに木屑のような?、堆肥のようなものをかぶせる、枝には螺旋で写真で見れるように巻いています。積雪、凍結から守るためでしょうか?。
 枝を曲げているのは、アーチング栽培?、先端の凍結、枯れ込み対策でしょうか?。

投稿: tenmanky | 2009年12月29日 (火) 10時51分

tenmankyさん>
こんにちは、ドイツからのコメントありがとうございます。
今ではこうして四六時中何処からでも便りの出来る便利な時代になりました。

バラにはいろんな種類の仕立て方法がありますが、剪定した切り口を地面に埋められていると言うのは初めて聞く珍しい方法のようですが、寒さなどの状況に合わせた色々な対処方法があるのでしょうね。

投稿: waka3 | 2009年12月30日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空っ風と豌豆 | トップページ | 福寿草 »