« 今年最後のイチジクと柿の収穫 | トップページ | この時期の庭の花 »

2009年11月16日 (月)

イチゴ栽培に再チャレンジ

昨年の秋に静岡イチゴの代表ともいう章姫(あきひめ)の苗が園芸店の片隅で2株100円の整理品として売られており、駄目元ということでプランターで育てたところ、何故か春になって一度、その後6~7月にかけてもう一度花が咲き実をつけました。
今迄に苺を育てたこともなく後から判ったことですが、091116ichigo1苺は他家受粉で開花より3~4日の晴天の午前中に筆などで花粉を雌しべにつけて授粉を行うと良い実が付くとのことで、それすら知らなかったことから甘さはあったものの大小様々で形が歪(いびつ)であったりと、大半が満足のいくような苺はではありませんでした。
苺の株分けは株元から出たランナーの子株を育てることは知っていましたので7月初めに6株ほどポットに植え付て育ててみることにしました。
091116ichigo2ポットに植え付けたものは10月27日にプランター3個に2本ずつを定植したところ数日前に蕾が見え始めたと思っていたところ、091116ichigo3今日確認した時には全ての株に花が咲いているのを確認しましたので、大急ぎで稲藁を持ってきて小さく刻んで苺の汚れ防止のための敷き藁を施してから、使い古しの筆がありましたので少し細工をしてさっそく人工授粉をしておきましたが、果たしてこれで大きな苺が収穫出来ると嬉しいのですけれどね。

|

« 今年最後のイチジクと柿の収穫 | トップページ | この時期の庭の花 »

コメント

 イチゴも良く育っていますね。
 ずっと このまま プランターで栽培されるのですか? 鳥の害はありませんか?

投稿: 菜園ブログ | 2009年11月24日 (火) 23時12分

菜園ブログさん>
写真は温室の中で写したものですが、この時期では温室の環境が一番良いとのことですので、これから先も狭いながらも温室の中で育てます。

先日、御前崎まで出掛けましたが途中の音質では既にイチゴ狩りが始まっており、定植時期が遅れてしまったことを実感してきました。

投稿: waka3 | 2009年11月25日 (水) 08時59分

wakaさん、皆さんご無沙汰しています。ご無沙汰しすぎて、『福岡のtocchann。』がマイネームだったのか、イマイチ不安に思っています。

ちょうど先日、私も章姫を遅れ馳せながら定植しました。私の地方は厳寒期には度々氷点下になりますが、数年前全くの戸外で育てた章姫は、1月に味わい深い甘味のイチゴを実らせました。wakaさんの所でも十分に戸外で生育するだろうと思いました。

投稿: 福岡のtocchann。 | 2009年11月27日 (金) 02時27分

福岡のtocchannさん>
いや~、大変お久し振りですね。
いまだに着々と菜園の方もなされているかと思いますが、その後お変わりはございませんか。

イチゴの育て方については何の知識もなく、もっぱらネット検索頼りといったところですが、7月初めに株分けしその後定植以降11月12日以降開花が始まりこのところ毎日確実に2~3個ずつくらい増えつづけており、大きなものは既に1cmくらいの大きさになってきました。
当地にはイチゴ狩りの出来る場所が数多くありますが、早いところでは既にイチゴ狩りも始まっておりますが、いずれもビニールハウスで栽培をされていますので、このまま私も温室で育てようと思っております。

投稿: waka3 | 2009年11月27日 (金) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最後のイチジクと柿の収穫 | トップページ | この時期の庭の花 »