« イチゴ栽培に再チャレンジ | トップページ | 富士河口湖の紅葉まつりと富士山周遊 »

2009年11月19日 (木)

この時期の庭の花

各地では雪の便りも聞かれる今日この頃、数年前であればここ浜松でも暖地とはいえ冬衣装を引っ張り出してきてそろそろ手を通していたようにも思いますが、温暖化の影響ということでしょうか、いまだにオープンシャツにベストといったところです。

そんなことからでしょうか、091118hana1本来なら春から夏にかけて咲くクレマチス(白雪姫)が夏の終わり頃にすっかり枯れてしまいましたが、どうやらこの暖かさに狂わされたことかどうかは判りませんが、10月後半頃から新しい芽が伸びはじめて、夏の時期よりも花弁がほんの少し小さめなようにも思いますが、ここにきて純白な綺麗な花が咲き始めました。
まだまだ沢山の蕾が見えておりますので当分は咲き続けることでしょうが、この調子ですと来年の樹勢への影響が少し心配になります。

091118hana2次に嬉しいことに以前のブログでも書きましたが、庭の薔薇が先の091118hana3台風10号の塩害の影響で新しく出てきた芽や葉が枯れ、丸裸同然となってしまい今年の秋のバラは諦めておりましたが、ここにきて新しい葉が増え続け新芽も伸びて蕾がどんどん大きくなって花が咲き始めております。
091118hana4_2台風の影響で折角伸びかけていた芽が傷んで枯れたこともあって、その後伸びてきた新しい芽に付いた花蕾の091118hana9数はやや少ないようにも思いますが、それでも現在は写真の花以外にも、蔓バラのカクテルや絵日傘、上の写真の一番手前にみえるバタフライウイングスと花数は少ないながらも数種類が目を楽しませてくてています。

更にもう一つの嬉しい出来事は、昨年の2月に2種類のクリスマスローズを購入し091118hana6、直射日光は当たらないが比較的明るい場所を好むということから、庭の片隅に植えておいきましたが、このうちの一つルーセピンクが今年初めて花が咲きました。  購入した時の鉢に付いていたタグの写真によれば、花弁の色は淡いピンク色をしているようですが、091118hana8初めて咲いたこの花弁はあまりそれらしき色合いを見せておりませんが、以前購入して品種違いだったクレマチス同様にまたまた看板に偽りが・・・。
もう一つのオリエンタリスについては、こちらは今のところ花蕾は見えておりませんが、株も大分大きくなってきましたので楽しみにしていたいと思います。

クレマチス(ビーズ・ジュビリー)も咲きました  11月21日追記

091121hana 白雪姫だけだと思っていたのですが、よく見たらビーズ・ジュビリーにも蕾があって開花しました。  伸びてきた蔓はこれが一本だけで、花蕾も僅かしかありませんのでそれほど長い期間ではありませんが、2色のクレマチスがとても良いコンビネーションです。

|

« イチゴ栽培に再チャレンジ | トップページ | 富士河口湖の紅葉まつりと富士山周遊 »

コメント

純白のクレマチスに季節が戻っているような錯覚を覚えます。とても綺麗ですね~それに、バラも咲きそろいましたねぇ。やはり、どれも見応えがあります。
クリスマスローズと併せて、この季節に彩り豊かなお庭が羨ましいです。でも、販売店でのタグの付け間違いは結構多いですね。うちでも、よく経験してます。

投稿: kimama | 2009年11月20日 (金) 22時11分

kimamaさん>
お帰りなさ~い、お孫さんとのご対面は充分楽しまれてきたことでしょうね。
私も初孫が生れた時には息子より先に病院に出掛けて出産を待ちわびたものでしたが、きっとお嬢さんのとことからお帰りになられる時にはあまりお近い所でもないだけに、さぞかし後ろ髪を引かれる思いだったのではないかと思います。(笑

クレマチスの他にこの時期に白花タンポポも咲いているんですよ。  もっとも、白花タンポポは今迄にも一年に3回は咲いていましたので、最近ではビックリしなくなりました。

バラは春とは違って花数がやや少ないのですが、結構見応えはあります。
但し、時期が時期だけに早めに終わってしまうのではないかと思っております。

投稿: waka3 | 2009年11月20日 (金) 22時43分

WAKA3さん今日は。
純白色のクレマチス見事に花を咲かせていますね。この時期に咲くことは珍しいことと思います。先日、地元にクレマチスの丘と言う何種類かの花を見られる場所があって行って来たのですが咲いていなっかたと思います。そこは某有名シェフの店があり又美術館などもあったりして人がかなり賑わう場所でもあります。昨日、安いよの一声で100本(590円)の玉葱の苗を買い本日、雲の具合を見ながら定植しましが安い高いは分かりませんが種からだと今は大変だから苗を買う作しかなさそうです。葉物野菜は防虫ネットを掛けても虫が付いてしまいます。家に持ち帰るとき丁寧に調べるがやはり駄目、本当に無農薬栽培って出来るのでしょうか?

投稿: 週末菜園人 | 2009年11月22日 (日) 15時32分

週末菜園人さん>
こんばんは。
クレマチスの丘というと花の時期にはかなり色々な種類のクレマチスを見ることが出来るのでしょうね。
浜名湖花博をやった場所が現在浜名湖ガーデンパークとして無料開放されていますが、ここにもかなりのクレマチスが植えられていますが、花博以降はかなり管理が手薄で見応えもかなり落ちてしまいました。

玉葱の苗はこちらでは100本で500円位で手に入りますが、590円ならばかなりリーズナブルではないかと思いますが、それにしても今の時期とはかなり遅めですね。
一本6円ですから玉葱を買うことを思えば美味しさも違うし安いものですよね。

白菜やキャベツ等の葉物野菜はいくら防虫ネットをしたからといって完全防御にはなりませんので、後は目視管理をするしかないですね。
私はそのために防虫ネットは片側は土の中に埋めてしまいますが、もう一方は木の棒で押さえをして何時でも手が入るようにしています。

投稿: waka3 | 2009年11月22日 (日) 21時42分

 いろんな色の花が咲いて素晴らしいですね。

 うちの庭のクレマチスは純和風でテッセンと言うのですが、この秋は一輪しか咲きませんでした。何よりも芽の勢いが写真と全く違って、勢いがありません。

 今頃 クリスマスローズが咲くのも珍しいのでは? それから 葉が食べられそうないい色をしていますね、土の条件がよろしいのでしょう。

 秋バラは、遂に咲かずじまいでした。

投稿: 菜園ブログ | 2009年11月24日 (火) 23時08分

菜園ブログさん>
矢張り当地の方が気候面での暖かさにかなりの違いがあるのでしょうね。

一旦塩害で諦めかけていたバラもここまで復活したのは天候に恵まれたことだろうと思っております。  今日も20個ほどの色々なバラの花が見られます。

クリスマスローズは朝から晩まで生垣の槙の木の影で葉の隙間からの陽射し以外は日の当たる場所ではありませんが、一日中明るい場所であり植付け時に多量の腐葉土とピートモスで土作りをしました。
それにしても少し早いような気はしております・・・。

投稿: waka3 | 2009年11月25日 (水) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチゴ栽培に再チャレンジ | トップページ | 富士河口湖の紅葉まつりと富士山周遊 »