« バイクdeお城巡り | トップページ | 今年最後のイチジクと柿の収穫 »

2009年11月 6日 (金)

今日の我家の菜園

11月に入ってここ2~3日は朝晩の気温が一桁台と急激に落ちましたが、今日は気温も23℃まで上がって日中車ではエアコンが必要とするほどでした。
この時期としては家内の濃い緑色をした野菜の摂取制限のために、アブラナ科の作物が少なく畑の野菜の種類もそれほどにはありませんが、10月8日の深夜から翌未明にかけた大型台風10号の影響で、まだ苗が小さく塩害に比較的弱かった白菜や人参がやっとここにきて生き延びたものが大きくなってきました。
091106hakusai白菜はところどころに隙間の空いているところが塩害で枯れてしまったもので、それ以外が何とか育ってきてはいますが、091106ninjinかなり生長は遅れてしまいこの先の結球がやや心配なところではあります。
人参は2条植えをしてありますが、矢張り枯れて飛び飛びになったところや消滅しかけて何とか持ち直したものの生長の遅れ等で大変不揃いな状況ながらなんとか元気に持ち直してきました。
091106kyabetu そんな中でもキャベツは白菜よりの僅か4日前に種を蒔いてほぼ同じ時期に定植をしましたが、こちらは全く塩害には関係もなく、葉の傷みも出ずにその後順調に育って狭いトンネルが窮屈になってきており、そろそろ結球も始まりかけてきました。  
白菜もキャベツもどちらもネットは掛けてありましたが、夫々の樹勢の強さには大きな違いのあることが経験できました。
091106shougoin 既に青首大根は秋刀魚のお供で大根おろし等で早くから食べはじめていますが、聖護院大根もここにきて直径が10cmを超すような大きさになってきましたので、そろそろはじめての収穫を試みようと思っております。
091106tamanegi_210月22日に定植した極早生の玉葱の苗の根が活着して、ここにきてとても元気に育ってきております。  この調子で行けば11月下旬あたりで苗の中心部に三角ホーで溝を掘って追肥(化成肥料)をして成長の促進をすることになりそうです。
091106endou絹さや豌豆やツタンカーメンの豌豆等は10月27日に播種したものが順調に芽生えて2~3cmほどの大きさに伸びてきました。
豌豆は越冬させることによって春には元気な蔓を一気に伸ばしはじめてきますが、当地は冬になると空っ風が強く吹きまくり株元がくるくる回って切れますので、もう少ししたら稲藁で風除けを施す予定です。
091106jagaimoこの他にはジャガイモ(出島)の花も終わって土の表面もこんもりと盛り上がり、時々は盗っ人掘りをしながら食べておりますが、今月末から12月の初めの寒さが厳しくなってくる頃には葉も萎れて枯れていきますので、この頃が収穫の時期となります。

この時期は10日もすると数センチも延びてくる長ネギの土寄せを時折する程度で、草の伸びも止まってきましたので大分のんびりすることが出来ますが、7~80cmの深さを掘って取り出す長芋の収穫だけが一つだけ残る厄介な仕事となります。

|

« バイクdeお城巡り | トップページ | 今年最後のイチジクと柿の収穫 »

コメント

 台風の痛手も乗り越えて 大きくなり 逞しくなっていますね。
 特に 聖護院大根は間もなく収穫できそうに見えます。

 タマネギの成長はすばらしいですね、追肥は 今月の下旬とのことですが、肥料は化成肥料ですか?
 
 ニンニク「ホワイト6片」も芽が出揃って、10cm程になっています。
 この追肥は何時頃と何時頃に遣ればよろしいのでしょうか?

投稿: 菜園ブログ | 2009年11月 7日 (土) 21時38分

菜園ブログさん>
白菜は例年作り過ぎということもあり、今年は少し減らしたのがどうやら裏目となってしまったようです。

玉葱の追肥は本来はJAで売られている玉葱専用の化成肥料があるのですが、家庭菜園レベルでは到底使い切れませんので、化成肥料は標準的な8号を使用しています。
JAの指導員の話しではそれほど大きな違いはないと言われておりました。
ニンニクは元肥の段階でたっぷりと堆肥を施し、配合肥料の他に緩効性の化成肥料も僅かですが一緒に施しましたので、玉葱と同じ頃(20日過ぎ)に同様の方法で2条植えの真中に三角ホーで溝を作って化成8号を施す予定です。
ちなみに専業農家さんでは玉の肥大の促成のために年が明けて更に追肥をしますが、肥大化は腐りも早くなりますので自家用としては一度だけとしとしております。

投稿: waka3 | 2009年11月 7日 (土) 22時26分

おはようございます。
有休を取って畑の様子を見に行きたいと考えて休んだのですが、この雨で予定通り行かず憂鬱な状態です。現在、青首ダイコン、白菜、小松菜、ヤーコン、石川小芋等が有りますが根菜関係以外は防虫ネット等の効果もあり家内からの評価も期待出来そうです。ヤーコンに付いてですが今年知り合いから種芋を頂き初挑戦、味の評価は今一と聞いていたので株間も15センチ程度で期待などしていなっかたが先日初堀して訳も分からずキンピラにしました。これがとてもおいしく前評判も一変、食材としては利用頻度がとてもありそうで来年はもっと丁寧に植え付けしないといけないなと。収穫後色が変わりますので霜があたらない程度に土の中に入れておいたほうがいいのでしょうか?
先日Waka3さん、結婚式を横浜でとコメントがありましたが11月8日ですか?もしそうであれば偶然ですが私の娘も昨年ですが同日横浜にて結婚式をやりました。

投稿: 週末菜園人 | 2009年11月11日 (水) 10時06分

週末菜園人さん>
どうやら今週は愚図ついたお天気模様のようですね。
ヤーコンの保存は私も色々やってはみましたが中々難しいですね。
比較的乾燥にも弱いようで掘り上げて冷暗所に保存しておいても水気が抜けていきますし、寒さにも弱いので冷蔵庫での保存も難しく、最終的には私は必要な時に掘り起こして食べるという方法にしております。
但し、先ほども書きましたが寒さ、冷たさにも弱いために、12月以降にはかなり上に土を被せて寒さ除けをしますが、年を明けた頃にはどうしても少しずつ黒ずんできますね。
新聞紙でくるんで冷暗所で保存する方法もあろうかと思いますが、私は実際にはやってみたことがありませんので、どの程度日持ちしてくれるのかは見当もつきませんが、多少は長持ちはするのではないでしょうか。
先日の姪の結婚式は新横浜駅の北口から5分ほどのところにある「コルトーナ横浜」という結婚式場でした。

投稿: waka3 | 2009年11月12日 (木) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイクdeお城巡り | トップページ | 今年最後のイチジクと柿の収穫 »