« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月26日 (土)

雲南百薬とナタ豆

090926unnanhyakuyaku1今年の初めに下田市にお住まいの方に自家採種した四角豆おかのりの種を差し上げたところ、雲南百薬という珍しいムカゴ(大きさはほぼ2cm)をお礼にと送って頂いた。
どうやら亜熱帯性のツルムラサキ科の植物だそうで葉やムカゴを食用にできる他、観賞用としても適しているということから観賞用として栽培してみることにしました。
090926unnanhyakuyaku54月にポットに埋めたところ20日ほどで発芽し、その後順調に育ってきたので、少し大きめな鉢に移して行灯型に仕立てるようにしました。  蔓が伸びるにつれて葉が増えてきましたが、観賞用としてはそれ程見応えのあるようなものとも思えませんでしたが、9月に入ると蔓からでた葉柄の付け根部分から何やら花軸とおぼしきものが伸びはじめて、そこに小さな蕾のようなものが見えてきました。
090926unnanhyakuyaku2花軸がぐんぐん伸び始めて12~3cm程になったところで090926unnanhyakuyaku3最初の蕾に花が咲きました。  花の大きさは僅か3~4mmですが、次々に新しい花軸が増えてたくさんの花が咲いてくると中々見事なもので、観賞用にも適しているということがやっと理解できました。
現在は玄関先に鎮座して目を楽しませてくれております。

雲南百薬(和名:アカザカズラ)の原産地は南アメリカ熱帯地域(ブラジル)のようですが、塊根や茎、葉などを食用や薬用として利用でき、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、ビタミンA、葉酸などを多く含んでいることから、その名が示すように薬効としては尿病、狭心症、便秘、ガン、骨や歯の形成、アレルギー、骨粗そう症、気管支炎、胃潰瘍、高血圧、心筋梗塞、白血球の食菌作用を助ける・・・等々とまだ書ききれないほどの効能があるというようですが、果てさて如何なものでしょうか。
090926unnanhyakuyaku4株元を見るとたくさんのムカゴが出来ていますが、ネットで検索してもムカゴを食べる方法は全く記載されておりませんが、葉については生で食べてもそれほど苦味もなく、どうやら空芯菜のように炒めるとややヌメリがあって美味しいとのことですが、一本だけでは直ぐに葉がなくなって丸坊主になってしまいます。(笑
どうやら花の方は1ヶ月以上は観賞できそうな気配です。

ナタ豆の収穫

今年もナタ豆の収穫の時期がやってきました。
090926natamame2播種:4月14日、開花:7月19日で、090926natamame1播種から考えますと最初の収穫までに5ヶ月半も掛かったことになり、全ての収穫が終えるのは10月末頃で普通の豆類に比べると2ヵ月以上も余分に日数の掛かるとてものんびりとしたジャックの豆の木のようなものです。  
まだ莢が青いものや完全に莢が乾燥していないものが大半で、090926natamame3今日は14莢を収穫してみましたが、中の豆はふっくらとした大粒なもので充分満足できるものでした。
昨年は栽培本数が3本と少なかった上に出来も良くなかったためにナタ豆茶(ここをクリックすると私流のナタ豆茶作りがご覧になれます)の満足できる量を確保できませんでしたので、今年は5本の栽培としましたが、夫々に20個ほどの莢が付きましたので、充分なナタ豆の確保が出来そうです。
花粉の時期まではまだ当分先のことですが、これでひと先ず来年の鼻炎対策の準備は整いました。

参考までにナタ豆茶については最近ネットにアップされたものですが、薬効などが研究されてきておりこの様な記事も掲載されておりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

さて、畑仕事を頑張らねば・・・

今迄に殆ど病気をしたことのない義父が軽度の腎盂炎で7月30日に入院し、その後快復の兆しが見えはじめた矢先に誤嚥性肺炎を併発し、10日ほど前から日に日に体力が落ちはじめ、とうとう快復することもなく帰らぬ人となってしまった。
私など足元にも及ばないほど真面目で誠実な人柄で、私とはとても気が合ってよく酒を飲み交わしたもので、最近では90歳までは何としても生きたいと言い続け、その誕生日を迎えた3日後に亡くなったことが、せめてもの慰めであったように思われます。
入院後は入院先への交通の便ががやや悪いこともあって義母と家内の送迎等で、8月末からは玉葱の種蒔きや長葱の植付けの他、大根や白菜、キャベツ、人参の種蒔きは時を見計らって済ませてありましたが、今月に入ってからは何かと慌ただしくなって本格的に菜園に手をつけることも出来ないほどでしたが、葬儀も終えてやっと平生に戻ることが出来ました。

寝不足などで2日間ほど畑仕事はまったくその気に090923negi090923daikonなれませんでしたが、今日から鍬を持って先ず手はじめに、あっという間に伸びはじめた大根の間引きと畝の土寄せをはじめとして、長葱の最初の追肥(醗酵鶏糞と化成肥料)と土寄せ(高畝ではなく平坦にする程度)をしました。
次に植付け時期が20日過ぎにと言われていた090923ninniku1ニンニクを既に畝作りは済ませてありましたので、植付けのためにニンニクの鱗茎を一つずつに分けたところ平戸ニンニクは67片もありました。  このためジャンボニンニク(無臭ニンニク)は少し控えて8片に止めておきました。
090923ninniku3090923ninniku2植付けは2条植えで株間を12cm程にして三角ホーの柄の先端を利用して簡単な深さを一定にするための細工をしてみましたが、とても良い具合に鱗片を埋める穴を開けることがができ、とても作業がはかどりました。
090923kyabetu1キャベツと白菜の苗も充分定植できる大きさになってきましたのでこれも定植をすることにしました。090923kyabetu2   この時期でもあちらこちらにモンシロチョウが飛びかうのが見え、定植している時にも近くに待ってきていましたので、しっかり防虫ネットをかけてガードをしておきました。
その後出掛ける用事が出来ましたので、白菜の定植は明日に回して今日はこれを最後の仕事としました。

今日の収穫

090923shukaku朝畑を見回って何種類かの収穫が出来ました。
090922akinasu 2度目に植えたトマトもほぼ終盤を迎え残り僅かになり、茗荷はこれが最後の収穫となりました。
秋茄子のために剪定をしておいた長茄子はこれが初めての収穫で、もう一つの茄子「千両2号」も数日後からの収穫が出来そうです。  胡瓜は最後に残ったピクルス用の1本だけがいまだに元気で、最近はこれを生食としていただくのが結構楽しみとなっています。  ピーマンはいまだに捨てるほどの収穫が出来、万願寺とうがらしも相変わらず元気で、どちらもそこここに花も見られてまだまだ当分は収穫が出来そうです。  人参も今が収穫の最盛期です。
090923itijiku1イチジクは既に70個ほどの収穫をしましたが、090923itijiku2 売られているものと違って完全に熟してから収穫をしていることから、昨日収穫し冷蔵庫で冷やしたものを食べましたが、中もしっかり熟れていて外皮もとても軟らかく残すところなく全て食べることが出来、甘さも糖度計で測定したところ18.1℃と充分なものでした。
この他にはそろそろ晩生の枝豆も収穫が出来る頃合いになってきました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

焼け石に水とは言いませんが・・・

以前から夕方になると畑への散水が日課となっておりましたが、一昨日の天気予報では昨日は昼前から降雨確率60%の雨模様。
既に1ヶ月以上も雨らしい雨を見ることもなく、やっとこれで恵みの雨が降ってくれるものと期待していましたが、朝起きてみると鉛色をした空が見え、昼を過ぎても一向に雨の降る気配はなし・・・。
なんとか夜の9時頃になってひとしきり強い雨音はしたものの、090913tamanegiこの雨も長く続くこともなく、朝起きてみるとまたもやsun快晴で、それでも恵みの雨と言えないことはありませんでしたが、9時過ぎに撮影した時にはまだ雨の降った名残は残っておりましたが、3時過ぎにはすっかり地面も乾燥してしまい、この先は日中の気温も30℃を上回ることはなさそうですが、当面は里芋やヤーコン等の散水は欠かせそうにもなさそうです。

090913naganegiさて、泣き言はこのくらいにして、分結種の長葱の「汐止め晩生」の定植をしました。   先日定植した石倉根深太葱に比べて、太さはやや一回り細いものの、既に分結をしているものもあってほど良い生長具合といってよろしいかと思います。

090913shouga長葱を植え付けたところで今年の4月24日に植え付けをした大生姜「黄金(こがね)の里」が、そろそろ新生姜としての収穫時期を迎えてきましたので収穫をして見ましたが、中々良い具合に育っていました。   新生姜の軟らかなうちに生姜の佃煮が美味しくいただけますので、今年も早速作ってみることにします。

090913nae一番最初の写真では判り難いかもしれませんが、直蒔きをした玉葱や大根、人参等がやっと発芽し始めてきましたが、9月6日にポット蒔きをしておいたキャベツ白菜もやっとここまでの大きさになってきました。
既にホームセンターなどでは秋冬野菜の苗が売り出され年々栽培の時期が前倒しになってきているように思いますが、今年はそれらを横目で眺めながら、定植は20日過ぎを目標に焦せることなくマイペースでやっております。

090913shallot今日はさつま芋を少々とエシャレットの球根頂きました。
これでまた一つ新しい仕事が増えましたが、早速畑作りをして植え付けをしたいと思います。
来年の初夏にはまた一つおいしいものが口に入りそうです。

090913kabocha最後に一昨日のことになりますが、鶴首カボチャを4個収穫しましたが、今迄で一番ジャンボな5.2Kgものの収穫出来ました。
これ一つで二人前のカボチャスープが10回以上分も作ることが出来ます。
この収穫で合わせて10個目になりますが、残り8個は今月末にはすべて収穫が出来、その後にいよいよ蔓の撤収となりそうです。   既にこのうち5個は嫁入りを済ませています。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

玉葱の種蒔きと長葱(根深ネギ)の定植

既に3週間ほど雨が降ることもなく、9月に入っても残暑厳しいこの時期は中々畑に出ることも億劫で、特に土砂質の当地では地熱もかなり高いこともあって、ついつい秋作としての植付けも例年に比べて遅れがちで、ジャガイモの植付けも5日ほど前に終えましたが、土の中で茹って腐ってしまうのではとちょっと心配でもあります。

090905tamanegiとは言っても玉葱の種の蒔き時は大変重要で、早くても遅くても生育に影響が出ることから、今年は早生種の浜育(はまそだち)としましたので、今日5日が播種日となっており10日ほど前に苗床は作っておきましたので15ml程の種蒔きを済ませておきました。

090904naganegi玉葱の播種が終わったところで、3月18日に播種をして6月4日に仮植をしておいた石倉根深太ネギをこちらも早めに畝床の準備をしておいてあり、昨日定植のために枯れた葉を落として準備をしておきましたので植付けをしました。
今年の苗は肥料やけを起こしたようでやや葉の色が黄ばみましたが、株の太さは例年以上に生長しており、これからの生長を抑制するために株間はやや詰め気味にしてあまり太り過ぎないような定植としておきました。
長ネギはこの他にも分結タイプの汐止め晩生ネギ赤ネギを例年通り作ってありますが、こちらの定植はもう少し涼しくなった頃になります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »