« イチジク(無花果)のネット掛け と カボチャ | トップページ | 梅雨明けはしたけれど・・・ »

2009年8月 1日 (土)

種なし西瓜と炒めトウモロコシ

すでに梅雨が明けたと言われている各地でもはっきりしない天気が続いているようですが、ここ東海地方ではいまだに梅雨明けの宣言も出されないまま、相変わらず鬱陶しい天気が続いています。

今年は3種類の西瓜を各1本ずつ栽培してきたことは090725suika今迄のブログでも綴ってきましたが、小玉ラグビーと大玉ラグビースイカ「紅まくら」は既に生り終えてしまいましたが、もう一種類の種なしスイカ「種なしサンバ」は最初の結実が6月10日と大変遅かったことから7月25日になって収穫に漕ぎ着けました。
外観的には濃い緑色のためにスイカ独特の縞模様はハッキリとはしませんが、それでも9.0Kgとずっしりした重さでした。
090731suiak1スイカは追熟をしないとのことですが、今回はあえて5日ほど経過してから食べてみることにしました。  この種なしサンバはシャキシャキ感があって糖度が高いということがタグの裏側に書かれていましたので、早速糖度を測定してみたところ11.2℃と一般的な糖度でしたが、これは日照不足の影響もあったのではないかと思います。
食べてみたところ食感は普通の西瓜と違ってシャキシャキ感は能書きどおりで、歯触りがとても良い感じがしました。  
090731suiak2さて、問題の種ですが上の写真でもお判りのように普通種のある部分が濃い赤色に見えていますが、私が種を取り除いた訳ではなく、この部分には種はまったく見当たりませんでした。
しかし、食べていくうちにとても未熟な種が、ごく僅かではありますが出てきましたが、口に感じるようなものではなく普通に食べてしまいました。

結果的には今回の種なし西瓜からは種を採取することはできませんが、果てさて種なし西瓜はどのようにして作られるのでしょうか。   ちょっと謎ですね!?(笑

炒めトウモロコシ

前回のブログの記事に週末菜園さんからのコメントで、ご自宅で収穫されたトウモロコシの実をほぐしてからフライパンで醤油をからませてから炒めて、最後にバターを入れて味を調えると大変美味しかったと涎の出るようなコメントを頂きました。
5月9日に2回目に播種をしたトウモロコシ「ゆめのコーン」が、ここにきて収穫が出来るようになりましたので、早速今日の昼食にこのレシピの真似をさせて貰いました。

090801corn1最初はトウモロコシを茹でたあとに実をほぐすという作業が大変煩わしいように思いましたが、家内のアドバイスで包丁を使って蔕の部分を持ち実の付け根部分をぐるっと5回ほど削いでみるといとも簡単に実をほぐすことが出来ました。
090801corn2次にフライパンに僅かな油をしいて、熱くなったところでほぐしたトウモロコシの実に醤油を適量かけて炒め、醤油の香りが漂ってきたところでバターを入れて仕上げました。
バターと焦がし醤油風味の舌触りはなんとも美味で、これは言われる通りビールのつまみにはもってこいの一品ですね。
今回は茹でたものも食べるということで生のトウモロコシを茹でるという方法でしたが、週末菜園さんは電子レンジで加熱をされたということですので、次回では手っ取り早いその方法とガーリックマーガリンを使用して作ってみようと思います。

週末菜園さん、美味しいレシピをありがとうございました。

|

« イチジク(無花果)のネット掛け と カボチャ | トップページ | 梅雨明けはしたけれど・・・ »

コメント

 種ナシ西瓜の謎は 如何?
 今年の西瓜は全て、苗からでしょうか?

 トウモロコシの 実の外し方は、いいことを教えて頂きました。 
 そのまま 齧るのも、トウモロコシらしくていいのですが、実を調理するのは 外すのが手間でした。

投稿: 菜園ブログ | 2009年8月 1日 (土) 22時16分

ホント!!種なしスイカの種は如何に??このなぞは永遠なのでしょうか(笑)種なしサンバの重さにビックリしました。うちのポン太より重いです。
トウモロコシの実のほぐし方、さすがは奥様ですね。醤油とバター味は想像しただけでも美味しくなります。

投稿: | 2009年8月 1日 (土) 23時03分

↑名前を又入れそびれました<(_ _)>

投稿: kimama | 2009年8月 1日 (土) 23時05分

菜園ブログさん>
一般的に西瓜はほとんどが交配種だと聞いておりますので自家採種した種で栽培することはせずに、栽培本数も少ないので面白そうなものを購入してきては作っております。

トウモロコシは蔕の部分を持ち、包丁を実の付け根部分にしっかりと押し込んで手前から先端へと削っていくと板状になって削れ、これを5~6回続けてから後で手でほぐすとで簡単に一粒ずつになりました。

投稿: waka3 | 2009年8月 2日 (日) 07時29分

kimamaさん>
種なし西瓜の謎は、どうやら「コルヒチンという薬品で処理したスイカの種と、ふつうのスイカの種を交配させると種なしスイカの種が得られます」ということのようですが、判ってしまったら意外なものでしたが、謎だった方が良かったのかも知れませんね。(笑

フライパンで炒めたトウモロコシは、週末菜園さんのコメントを読んでから直ぐに焼きトウモロコシの美味しそうな香りを連想しましたので早速試してみましたが、バターが加わっただけで更に美味しさが倍化しましたね。
焼きトウモロコシの手間やオーブンを汚して綺麗にする手間を考えると美味しい上に簡単でこれは癖になりそうです。(笑

投稿: waka3 | 2009年8月 2日 (日) 07時46分

こんにちは。
トウモロコシの簡単醤油焼き♪
いいですね~!

夏に、たくさんいただいたトウモロコシを冷凍保存しているので、どうしようかなぁ~~と思っていたのです。
シチューだけじゃなくて、こうやって、モロコシをそのまま味わうのもいいですね。
粒のままできるので、簡単そう~~♪
早速、やってみます。(^^ゞ

投稿: yakko | 2009年8月31日 (月) 14時37分

yakkoさん>
ようこそいらっしゃいました。

まだトウモロコシがあったんですね。  是非是非お試しください。
ちょっとくどくなりますがガーリックマーガリンもとても良かったですよ。
只、こちらはどちらかというと私の大好きなお酒のお供ということなんですが・・・(笑

投稿: waka3 | 2009年8月31日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113257/45800037

この記事へのトラックバック一覧です: 種なし西瓜と炒めトウモロコシ:

« イチジク(無花果)のネット掛け と カボチャ | トップページ | 梅雨明けはしたけれど・・・ »