« 種なし西瓜と炒めトウモロコシ | トップページ | バラの芽接ぎに再チャレンジ »

2009年8月 9日 (日)

梅雨明けはしたけれど・・・

6日前に東海地方もやっと梅雨も明け暑い陽射しがやっと戻ってきましたが、まだまだ不安定な天候が続きそうな気配で、折角始まった夏の全国高校野球選手権大会も早くも2日目で順延の憂き目に遭ってしまいましたが、今年の夏はこのまま不安定な状態が続くのでしょうか。

090809tomato1そんなこんなで夏野菜も例年よりも比較的短期間で終わりを迎えるものも多く、既に西瓜やきんこ瓜、胡瓜などは10日以上も前に蔓の後始末を終え、6月1日から収穫をはじめた第一弾として育てたトマトも090809tomato2先日根を抜いて枯れるのを待って撤去するだけとなっております。   第2弾のトマトは現在2段房から3段房の収穫が進んでいて、胡瓜も第2弾が収穫中ですがどちらもこれからの暑さでそれほど長期には収穫も期待が出来ないことでしょう。

さて、西洋カボチャの「栗坊」(ミニカボチャ)は既に収穫を終えましたが、1本から21果もの収穫が出来て我家だけでは食べきれずにお分けした皆さんからも大変美味しかったとお褒めを頂きました。
そんな中でいまだにとても元気に育っているのが090809kabocha1日本カボチャ系の三毛門カボチャ鶴首カボチャですが、あまりの樹勢に当初蔓の飛び出し防止のために囲っておいた防風ネットを取り外して、勝手気ままに好きなだけ伸ばしてみることにしました。  写真の手前が鶴首カボチャで奥の方が三毛門カボチャですが、今までこの間にミニカボチャ「栗坊」がありましたが、蔓を撤去した今では鶴首カボチャだけで3.5mx9mものスペースを占有しており、現状では秋作のための準備の邪魔をしております。
090809kabocha5今日までに三毛門カボチャは5果の収穫を終えましたが、畑には6果が収穫待ちですので全部で11果の収穫となります。   そして今日初めて西洋カボチャ系の宿儺(スクナ)カボチャを収穫してきましたが、こちらは浜の畑でほとんど受粉作業の手間をかけていないため結実数も少なく全部で6果くらいの収穫となりそうです。
090809kabocha6一方、鶴首カボチャは全部で10果が確認できていて、早いものから濃い緑色から白い粉が吹きはじめ次第に色が薄くなってきたところで、今度は三毛門カボチャと同様に橙色に変化してきました。
ここまでくればお天気次第ですが後10日もすれば収穫出来るまでになるのではないかと思います。
現在これら3種3本のカボチャは現在元気に蔓が伸びている状況ですが、先月中頃からは雌花が開花しても受粉をさせずに、今月末には現在結実しているもの全ての収穫を終えて秋冬野菜への畑の切り替えを予定しております。

無花果の収穫開始  9月10日 追記

090810itijiku 4年目を迎えたイチジクの木に今年はカミキリムシの被害を避けるため防虫ネットを張り巡らせたため、外からの確認がし難くなってうっかりしていたところ、なんとイチジクが収穫出来るまでになって今朝初物を3個収穫しました。
昨年は8月5日が最初の収穫で、少なくとも昨年より木もしっかりしてきていますので、本来なら昨年と同じかもう少し早く収穫が出来ても良かったように思いますが、これも今年の天候の影響かも知れません。
昨年は僅か1本の木から116個もの収穫が出来ましたので、今年もそれ以上はと密かに目論んでおります。(笑

|

« 種なし西瓜と炒めトウモロコシ | トップページ | バラの芽接ぎに再チャレンジ »

コメント

 さすがは無傷のいいトマトが穫れていますね。うちのトマトは終わり、雨が上がったら片付けに入るつもりです。

 胡瓜も第2弾の収穫中とのこと、いいですね、8月は 穫れるのが少なく、片付け作業が多く 気分的に重い月です。

 カボチャも豊作で素晴らしいですね、鶴首カボチャも熟してくると、なるほどカボチャですね。  味はどんなのでしょうか?

投稿: 菜園ブログ | 2009年8月 9日 (日) 23時48分

菜園ブログさん>
おかげさまで何とか第2弾のトマトも収穫出来ておりますが、やはりこの暑い時期になってきますと最初の時よりも収量は大きく減って期間もかなり短くなりそうですが、今月いっぱいは何とか持ちつづけてくれそうです。

鶴首カボチャも三毛門カボチャ同様に煮付けようには適さず、もっぱらスープとして使用する方が美味しくいただけるようですので、煮付けようには西洋系のカボチャだけを使っております。

投稿: waka3 | 2009年8月10日 (月) 08時13分

イチジクの目論見が当たりそうですね。いつもながら御見事~とても楽しみですね。
カボチャ、特に鶴首の凄いこと!! 太さと色に圧倒されます。
煮つけに向かないということは、ぺチャっとしているのですね。相当甘みが増していそうです
三種合わせての大量収穫、消化しきれるのだろうかなんて心配してしまいます。

投稿: kimama | 2009年8月10日 (月) 22時02分

kimamaさん>
矢張り土地によって育てられるものに制約が出てまいりますが、イチジクは当地では大変適しているようですが、反面今年もブルーベリー等は暖地ということからでしょうかあまり良い出来ではありませんでした。

スープ用の三毛門と鶴首カボチャは半分ほどは確保しておいて年明けまでゆっくり片付けていこうと思っておりますが、煮つけ用の西洋カボチャは大半は皆さんのところにおすそ分けです。
こちらでは夏の時期になってくると暑さで玉葱やジャガイモ等が傷み始めてきますので、これらの消費も急がれますので、毎度のことながら作り過ぎては家内から叱られております。(笑

投稿: waka3 | 2009年8月10日 (月) 22時26分

貴地には大きい地震がありましたが大丈夫でしょうか、被害はございませんか?。

投稿: tenmanky | 2009年8月11日 (火) 07時17分

tenmankyさん>
ご心配を頂きありがとうございます。

地震は最近ではまったく体験をしたこともないような規模のもので、流石にビックリして飛び起きました。
震源地付近では震度6弱、マグニチュード6.6と言うことでしたが、当地では幸いにも震度4ということで無事に何の被害もなくすみました。
その後余震もありましたが、こちらは当地では比較的小規模なものでそれほど体感するようなものでもなく、その後の報道では東海沖地震とは直接的に関係はなさそうということで安堵しております。

投稿: waka3 | 2009年8月11日 (火) 08時05分

地震被害が無くて幸いでした。

今年の日本は日照不足だったり、大雨だったりとたいへんみたいですね。南半球のリマも晴天の日はわずかなので、早く南へ移動したいものです。せっかく西海岸に来てるというのに夕陽を見ることもできませんし。

ちなみに南米ではトウモロコシは白いのや黒いのがあります。白いトウモロコシのチョクロはなかなか美味しいので日本でもウケると思うのですが、日本で栽培されてるのは見たことがありません。やはり気候風土が違うと難しいのかもしれませんね。

投稿: cityde | 2009年8月12日 (水) 01時49分

citydeさん>
ご無沙汰をしていました。
地震の方は幸いのも大きな問題もなくすみましたが、その後の被害では死者はありませんでしたが、家屋倒壊や負傷者もかなりでたり、この他にも地盤沈下やここからそれほど遠くない牧之原市では東名高速道路の路肩が決壊して上り線が半分ほどなくなってしまい今日も上下線共に通行止めとなるような被害も出ております。

最近はPCに対するアクティビティも随分落ちてついつい拝見をしづ終いでしたが、また長期の旅行に出掛けておられるようですね。
これから更に南の方に向われるとのことですが、この時期は快適な旅が出来ることでしょうね。
どうぞお気をつけてお過ごしください。

投稿: waka3 | 2009年8月12日 (水) 08時03分

カボチャ、すごい収穫量ですね。今年はカボチャの蔓を伸ばす空間が少なく、ミカンの木の影に苗を植えたら蔓ばかり伸びて1個だけ収穫しただけ、失敗。来年は植える場所を考えます。


投稿: 山椒の実 | 2009年8月13日 (木) 13時54分

山椒の実さん>
カボチャはあまり多くても食べきれませんので毎年1本ずつしか作りませんが、それでも今年は3種類から4種類に1本増やしてしてしまいましたので、途中から交配を中止しましたがそれでも大収穫となりました。

カボチャスープをお作りになられるようでしたら、いつでも種をお分け致しますよ。
三毛門や鶴首カボチャはスープ用には最適で、このカボチャは在来種で交配して改良されたものではありませんので安心して作ることが可能です。

投稿: waka3 | 2009年8月14日 (金) 10時06分

ここ数日真夏日で動けば汗、13日より連休ですが菜園に行くには収穫だけでそれ以外は手抜きです。孫が二日間泊まっていましたが15日に帰り妻と二人の生活に戻りポッカリ穴の開いた状態で我が儘なところもあリますが子供の声はいいですね
とうもろこし料理早速試していただいて有難うございました。以前ポポの木の事がありましたね。あの苗は今、どの様になりどれくらい大きくなったんでしょう?家内の実家のすぐ隣の畑にもその木があり賞味してもいいそうなんです。余りその木の名前を知っている人がいないことと、私もWaka3さんのコメントを読まなければ分からなった一人でした。どんな味なのかとても楽しみです。

投稿: 週末菜園人 | 2009年8月17日 (月) 16時46分

週末菜園人さん>
お孫さんは普段は離れたところにお住まいなのでしょうか。
久し振りに帰ってくると家の中が賑やかくなって明るくなりますが、帰ってしまうと明かりが消えた時のようにひっそりして寂しくなってしまうものですね。

ポポーの木は最終的に3本の苗が育ちました。
最初のブログに掲載したものは幹の太さは随分太くなって、背丈も30cm弱となり葉の枚数もかなり増えて元気に育っております。
ポポーの実は食べ時がありますが、熟してくると良い香りがして、とてもクリーミーな味でしたが、家内はあまり好みではないようでしたので、人によってはどうやら違いがあるようにも思います。

投稿: waka3 | 2009年8月17日 (月) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けはしたけれど・・・:

« 種なし西瓜と炒めトウモロコシ | トップページ | バラの芽接ぎに再チャレンジ »