« 梅雨明けはしたけれど・・・ | トップページ | 鶴首カボチャの収穫 »

2009年8月17日 (月)

バラの芽接ぎに再チャレンジ

昨年、島田のばらの丘公園のバラの育て方教室で、教材を使って体験学習をしたバラの芽接ぎは見事に失敗をしてしまいましたが、090817bara1その時の台木のノイバラは何とか発根して育ちましたので、今年の冬の接ぎ木用に使用する予定でしたが、夏の剪定時期に合わせてハイブリッド系大輪四季咲きのピースの芽接ぎ用の枝(穂木)を分けて頂くことが出来ましたので、再度チャレンジしてみることにしました。
穂木は乾燥させることが失敗をする要因の一つということで、090817bara2前回の講習会の時に移動時でも水を切らすことのない道具(名称不詳)を戴いておりましたので、これを使用して持ち帰り夕方にもう一度キャップの中に水を追加して一晩放置しておいたところ、なんとほぼ12時間で3cc弱の水が茎から吸い上げられており危うくアウトとなってしまう寸前でした。

090817bara3さて台木ですが、前回の芽接ぎ失敗作6本のうち3本が根付いて元気に芽が出て育っており、この中の右側2本に今回貰ってきた穂木を使用して芽接ぎをすることにしました。
090817bara4バラの芽接ぎの昨年の様子はここをクリックするとご覧いただけますが、その時の状況を思い出しながら忠実に再現してみました。  芽接ぎが終了した時点で、台木の伸びていた枝は少しだけ葉を残すようにして切り落としあまり葉の方に水を吸い取られないようにしておきました。
何とか上手くいったように思いましたが、後から良く考えてみると穂木から削ぎとった芽接ぎ用の穂の処置が、途中で電話が掛かってきたことから少し慌ててしまったため一つが不完全だったようにも思いますので、この段階で既に成功率50%となってしまったようで、果てさてこんな有様ですのでこれで前回失敗したことのリベンジが果たせることかどうか心配ですが、失敗したら次回の接ぎ木への使い回しとすることにして諦めることにしましょう。(笑

090817sentei芽接ぎの作業を終えたところで、昨年はこの時期にバラの花を咲かせてしまい、秋咲きのバラの花がやや小振りとなる失敗をしましたので、今日はついでに夏の時期の薔薇の剪定として、全ての枝に鋏を入れておきましたので、今年の秋のバラは綺麗な花を見せてくれるものと思います。

|

« 梅雨明けはしたけれど・・・ | トップページ | 鶴首カボチャの収穫 »

コメント

ピース綺麗ですね~。芽接ぎの成功が楽しみです。それにしても水分の吸収の早さにビックリしました。
今の時期に四季咲きを咲かせてしまうと秋の開花が小振りなのですね。我が家は今、また咲いてますが秋が早いので、これで終わるのかなと思っていますが・・・。

花びらを食べる虫が多くて困りますが、そちらでは居ませんか。それとも何か除虫対策をしておられるのですか??

投稿: kimama | 2009年8月18日 (火) 21時02分

kimamaさん>
後日講師の方にお伺いしたところバラの芽接ぎは結構難しいとのことで、昨年の講習会にもたくさんの人が見えられて芽接ぎの実施をしましたが、皆さんのことごとく失敗をされておりました。
今回は何とか1本でも成功が出来て講師の方にお見せできることができれば良いと思っております。

バラについては病虫害のために数種類の殺虫剤と予防薬、治療薬を購入して対処しておりますが、今年は何故かチュウレンジバチやゾウムシを見かけることもなく今のところ殺虫剤は黒星病の薬剤を散布する時に偶に一緒に混ぜて散布する程度です。
とは言ってもこれから新しい芽が出てくる頃からは特に油断は出来ませんが・・・。

投稿: waka3 | 2009年8月19日 (水) 09時59分

やはり黒星病の薬剤散布は必要なんですね。うちは放任なので、時々黒くなっています。
肥料は食うし、結構手入れの必要な花ですよね。でも、バラは気高くて香りを楽しめるのもあるし次々と花が見られると嬉しいです。
芽接ぎは難しくないよぉ~と、うそぶく夫ですが、後の管理をしっかりしてほしいと思う私です。

投稿: kimama | 2009年8月19日 (水) 11時29分

 今年は 100%成功をお祈りしています。

 芽継ぎについて、昨年の記事も拝見しましたが、胡瓜やトマトの継木とは全く違いますね。 やはり樹に繋ぎ込むのは難しそうですね。
 うちの庭に、野椿に大輪の白い花の椿を継いだ木がありますが、継ぎ方が 上手く無かったのか、年が経つと野椿の花が目立つ様になっています。

投稿: 菜園ブログ | 2009年8月19日 (水) 14時46分

kimamaさん>
黒星病には弱い品種と強い品種がありますので、最近はその点も配慮した売り方もされてきていますので、ある程度は避けて通ることもできますね。
以前に掲示板やこのブログでも紹介しましたザ・マッカートニーローズ(花弁がピンク色)は特に黒星病には強い品種で本当に手間いらずなんですよ。

バラの芽接ぎは難しいと聞きましたが、何か良い手立てでもあれば是非是非お聞かせいただきたいと思います。m( _ _ )m

投稿: waka3 | 2009年8月19日 (水) 19時54分

菜園ブログさん>
いやいや、既に50%は失敗したものと諦めておりますが、せめて1本でも成功すればと念じています。(笑
バラの接ぎ木はほとんど成功はするようですが、どうも芽接ぎは難しいようですが、それでも一度成功すればこの辺の感覚がつかめるようですので成功するまでは頑張ってみようと思っております。

投稿: waka3 | 2009年8月19日 (水) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラの芽接ぎに再チャレンジ:

« 梅雨明けはしたけれど・・・ | トップページ | 鶴首カボチャの収穫 »