« 瓜、いろいろ・・・ | トップページ | 長葱の仮植えとカボチャの傘 »

2009年6月 1日 (月)

旬な野菜が次々に

早いもので今日からいよいよ6月、このところ良い天気が続いて今日も28℃と夏日ですが、もう少しすれば嫌な入梅がやってきます。
090601bara今日も朝から暑い陽射しが照りこんでいますが、夏野菜や庭の草木は太陽の光を浴びて元気いっぱいに育っており、4月後半から綺麗な花を見せていてくれた薔薇も5月中頃には一旦峠を越しましたが、ここにきて春先に株元から伸びてきたシュートが小指大の太さにまでなって、またまた沢山の花をつけはじめ、摘花後の蔓薔薇カクテルも脇芽が出揃ってきましたので、これから2度目の開花時期を迎えます。

090601shukakuそして今日は中玉のスタピストマトモロッコインゲントウモロコシのヤングコーンの今年初めての収穫ができました。
090601corn2090601corn1トウモロコシは今年も一本一果採りとして大きくなってきた余分な房は取り除いてヤングコーンとして収穫しました。
090531kyabetu 胡瓜は数日前から収穫ができ、ニンジン、ジャガイモの他に我家ではキャベツも現在の旬な野菜となっており、茄子やピーマンもあと僅かもすれば食卓に上がってくることになりますので、これからは色々な新鮮な野菜にこと欠かなくなってきます。
収穫したスタピストマトは、大きなもので80g小さなものは55gとやや小振りで、特にフルーツトマトといったわけでもありませんので、糖度は6℃とそれほど高くありませんでしたが酸味がとても少なくいつもながらの美味しい味でした。

090531tomato3中玉のスタピストマトは6段花房の開花が始まり、1段目はどれも赤くなってきましたので、例年この時期になると鳥が突っつきにやってきますのでネットを張りました。
鳥にも学習能力があるようで、昨年もこの目の粗いネットでは途中から網の目をくぐって被害をこうむりましたので、昨年使用した極細のナイロン糸で編まれた防鳥ネットを施すつもりです。
090531tomato3大玉の露地ゆたかは5段花房の開花が始まってきたところですが、まだ収穫に至るまでにはもう少し時間も掛かることかと思います。
スタピストマト、露地ゆたかの何れのトマトも現在の樹高は1m40cmほどですが、第2段として5月19日に定植したトマトの1段花房が次々と開花してきましたので、これら2つのトマトは5段花房を最上段花房としてその上に2~3枚の葉を残したところで摘芯をしようと思っております。

鶴首カボチャの雌花(成り花)

090601turukubi同じ時期に定植をしながら、三毛門カボチャは最初の結実から半月も経過して、既に7個ものカボチャを確認しておりますが、鶴首カボチャは蔓が伸びていくだけで一向に雌花が見られず、このまま終わってしまうのかとすら思えましたが、2日前に雌花らしきものが見えたと思っておりましたが、あっという間に大きくなって今日確認したところ間違いないであろうことの確認できました。
さて、名前の由来通りに鶴の首ほどに長いカボチャが育ってくれるかどうかですが、どうやら瓢箪の長い形になりそうですね。  これも今年の楽しみの一つです。

|

« 瓜、いろいろ・・・ | トップページ | 長葱の仮植えとカボチャの傘 »

コメント

 バラ園は色鮮やかで奇麗ですね、さすがは花の王者です。

 夏野菜も収穫期になり、お嫁入も忙しくなりそうですね。 新鮮 完熟 ですから、婿8人でしょう。

 スタピストマトは 単重が 80gr もあり、見た目よりも重いですね。 昨日取って来たフルティカは平均 50ge でした。 スタピストマトは 中玉と大玉の間ぐらいの感じですね。

 鶴首カボチャはどれほどの大きさになるのか?楽しみです。 三毛門カボチャに比べますと、雌花の着花率が1/9ですから、それだけカボチャの値うちが高いことになりますね。

投稿: 菜園ブログ | 2009年6月 2日 (火) 15時34分

夏野菜がもう採れるのですね。我が家は植えたばかりですよwobbly
防鳥ネットの必要性を今年初めて認識しました。うちはブルーベリーの花をやられています。
ヒヨドリが食い荒らしているのです。やはり、目の細かい網の方が効果ありそうですね。
鶴首カボチャの形も味にも興味津津です。バラはやはり目立ちますね。ポップアップ写真がうまく拡大しないですがどうしたのかな?? 5/28のはOKでしたが・・・

投稿: kimama | 2009年6月 2日 (火) 16時56分

菜園ブログさん>
我家の庭も多少それらしくはなってまいりましたが、まだまだ種類も少ないので、今年は何とか接ぎ木で新しいものを加えたいものと思っております。

今日収穫したスタピストマトは一番大きいもので105gありました。
2段花房になれば更に大きなものが期待出来そうです。

鶴首カボチャは2.6x1.8mの囲いの中で蔓が行き所がないくらいになってきましたが、雌花はやっと一つだけと寂しい限りで、これで同じ時期に雄花の開花がなければ、ただの無駄花になってしまいます。

投稿: waka3 | 2009年6月 2日 (火) 20時30分

kimamaさん>
我家の周りでは、カラス・鳩・ムクドリ・スズメが毎日のように近くまでやってきますが、最近不思議なことに一番厄介なヒヨドリをあまり見かめませんが、これも一時的なことでそのうち悩まされることにはなりそうです。
これからの時期は防鳥ネットのご厄介になしでは過ごせそうにもありませんね。

画像のポップアップはniftyがまたまた旧仕様にプログラムを変更したようですが、私はタグの編集をして新仕様としたのが何かトラブルを発生させたのかも知れません。
取りあえずはタグの再編集はしておきました。

投稿: waka3 | 2009年6月 2日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瓜、いろいろ・・・ | トップページ | 長葱の仮植えとカボチャの傘 »